USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Sep 25, 2018 2:45 AM ET

インド E コマース物流市場 2018-業界分析、サイズ、共有、戦略と 2023 年に予測


iCrowd Newswire - Sep 25, 2018

インドの電子商取引物流業界

新しい考察「2018-2023年 E-コマース物流市場、インド キー選手、需要や成長、機会分析予測”ワイズガイ レポート データベースに追加

インド e コマース物流市場は控えめ (2018-2023) の予測の期間の間に成長してきました。インド e コマース物流市場成長している地域と世界の選手を含む広大な鉄道接続、e コマース市場、安価な労働力の成長をやる気にさせる、多くの極めて重要な要因があります。インドの物流市場にグローバル巨人とインドの未開発地域が模索している地域の選手によって支配されています。1 年間、インドのインフラは改善されました。インスタンス、インド最大の鉄道接続で 5 番目の略し、インドを渡るすべての主要地域をカバーする巨大な区域を接続する偉大な鉄道ネットワークを持っています。インドの電子商取引市場は、成長しているインターネットの普及とスマート フォン ユーザーの増加によって後押しされています。安価な労働力と粘着性がある政府の方針お越しの物流企業競争力を維持する、インド e コマース市場を開拓することをも可能にします。商品およびサービス税 (GST)、国の導入は、すべての間接税を 1 つにまとめましたのでにも積極的に、e コマース物流市場の影響を与えています。国内での商品の動きを滑らかにする物流会社をことができます。

@ サンプル レポートをみてください。 https://www.wiseguyreports.com/sample-request/3271392-indian-e-commerce-logistics-market-research-and-forecast-2018-2023

ただし、国の開発インフラストラクチャの下で、物流企業、地域の主要な部分をカバーする国の農村部に到達するを制限します。また、物流会社のリーチと接続を減らします。また、原油価格の高騰とその安定性はまた市場のプレーヤーの利益率に影響を与える物流会社の懸念です。インドの道路を介しての商品の平均移動速度は世界平均よりはるかに遅いあります。その結果、配信時間を高め、会社の運営も低下します。E-コマース物流は、半都市部から最大のシェアを持っています。人口の増加の準都市地域および上昇の分野におけるインターネットの普及は、市場の成長に貢献しています。

また、インドの e-コマース物流市場インド郵便サービス フェデックス、DHL エクスプレス、E com などのプレーヤー エクスプレス、Ekart 物流、gojavas、青ダーツ、Delhivery、ガチっと限定、アマゾン輸送サービス、Aramex 貢献しています大幅に市場の成長。インドのポストのポストからその焦点をシフトしているし、e コマースの小包を提供する上でより多くの利益が発見します。インドのポストは、農村エリアで広大な範囲と優れた接続性をいます。E コマース企業は、インドの農村地域を探索するのにインドのポストを使用します。インドの電子商取引物流企業は現在田園インドでのアクセスを拡大し、配信の時間の改善に注力しています。インドの電子商取引物流市場と売上および出荷に基づいて分割されます。
レポート カバー:
• インド e コマース物流市場の包括的な研究方法論
• またこのレポートには、主要アナリストの洞察力の詳細と豊富な市場の概要が含まれています。
• マクロとミクロ要因主な推奨事項に導かれる市場の網羅的解析。
• 地域規制とインド e コマース物流市場に影響を与える他の政府政策の分析
• 洞察力インド e コマース物流市場を促進する市場の決定要因について
• 詳細な予想収益の地域分布と広範な市場セグメントします。
• 広範なプロファイルと市場の最近の動向。
記載されている会社

  1. アマゾン輸送サービス
    2. 頂点エクスプレス
    3. ARAMEX
    4. 青い投げ矢
    5. DELHIVERY
    6.「DHL エクスプレス
    7. E COM エクスプレス
    8. EKART 物流
    9. 宅配サービス
    10. フェデックス エクスプレス
    11. ファーストフライト
    12. ガチっと限定
    13. GOJAVAS
    14 インドの郵便業務
    15 のドット宅配便と貨物の限定
    16. OVERNITE 特急
    17. SHIPROCKET
    18. 専門宅配便・ プライベート ・ リミテッド
    19 TNT エクスプレス
    20. TRACKON 宅配便・ プライベート ・ リミテッド

詳細な読書をご覧ください @ WiseGuy レポート https://www.wiseguyreports.com/reports/3271392-indian-e-commerce-logistics-market-research-and-forecast-2018-2023

いくつかのメジャーはテーブルからコンテンツのポイント:

チャプター 1。レポートの概要
1.1 研究方法とツール
1.2 市場の内訳
1.2.1。 セグメント別
1.2.2。 地理学によって
1.2.3。 利害関係者
章 2。市場の概要と洞察力
2.1 定義
2.2 アナリスト洞察と市場動向
2.2.1 主な調査結果
2.2.2 推薦
2.2.3 結論
2.3 規制
章 3。市場の決定要因
3.1 動機
3.1.1。 インターネットの侵入の増加やスマート フォンのユーザーが上昇
3.1.2。 凝集政府の政策
3.1.3。 E コマース市場の成長
3.1.4 も参入障壁の新しいプレーヤーのため
3.1.5。 成長経済、経済労働
3.2. 拘束
3.2.1。 リバース物流のコスト
3.2.2 輸送のスピードは世界平均よりも遅い
3.2.3。 田園インドの貧しいインフラと道路の接続
3.3 機会
3.3.1 対象以上 4 億の市場
3.3.2。 デジタル化とオンライン取引の方の傾斜
3.3.3。 垂直統合の広い範囲
3.3.4。 未開発の田園地帯を探索するには、機会
章 4。市場のセグメンテーション
4.1 インド E コマース物流市場、売り上げ高
4.1.1 サービス
4.1.1.1 交通サービスします。
4.1.1.2。 倉庫サービス
4.1.1.3 その他の E コマース物流サービス
4.1.2 製品
4.1.2.1。 ベビー用品
4.1.2.2。 個人的な心配プロダクト
4.1.2.3。 本
4.1.2.4。 ホームファニッシング製品
4.1.2.5 します。 ファッション関連商品
4.1.2.6。 家電製品
4.1.2.7。 自動車用製品
4.1.2.8 その他
4.1.3。 場所
4.1.3.1 都市
4.1.3.2。 半都市
4.1.3.3 地方
4.2 インド E コマース物流市場、単位出荷
4.2.1。 サービス
4.2.1.1 交通サービスします。
4.2.1.2。 倉庫サービス
4.2.1.3 その他 E コマース物流サービス
4.2.2 製品
4.2.2.1。 ベビー用品
4.2.2.2。 個人的な心配プロダクト
4.2.2.3。 本
4.2.2.4。 ホームファニッシング製品
4.2.2.5。 ファッション関連商品
4.2.2.6。 家電製品
4.2.2.7。 自動車用製品
4.2.2.8 その他
4.2.3。 場所
4.2.3.1 都市
4.2.3.2。 半都市
4.2.3.3 農
章 5。競争力のある風景
5.1 重要な市場戦略
5.2. キー企業分析
章 6。地域分析
6.1. インド
6.1.1 都市エリア
6.1.2。 半市街地
6.1.3。 農村地域

継続的な.

詳細については、任意のクエリのメールでsales@wiseguyreports.com

我々について
賢明な男レポート、賢明な男コンサルタント会社の一部でありプレミアム進歩的な統計調査、市場調査レポート、産業や世界各国の政府の分析・予測データを提供しています。賢明な男のレポートはどのように重要な統計調査を理解する組織や協会の情報です。したがって、我々 はトップの出版社と関連付けられている、最も信頼性の高い、最新の研究データを受け取る確保特定ドメインに特化した調査会社すべて。

Contact Information:

Norah Trent
+1 646 845 9349 / +44 208 133 9349
Follow on LinkedIn: https://www.linkedin.com/company/wise-guy-research-consultants-pvt-ltd-?trk=biz-companies-cym



Tags:    Asia, Europe, Japanese, News, Research Newswire, United Kingdom, United States, Wire