USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Sep 27, 2018 5:56 AM ET

2025 年までに達する 1945000 百万米ドルに急成長の市場セット オフ グローバルの 2 G および 3 G


2025 年までに達する 1945000 百万米ドルに急成長の市場セット オフ グローバルの 2 G および 3 G

iCrowd Newswire - Sep 27, 2018

このレポートに焦点を当ててグローバル 2 G および 3 G スイッチ オフ状態、将来予測、成長機会、主要市場の主要なプレーヤー。研究目標は、2 G と 3 G スイッチを開発アメリカ合衆国、ヨーロッパと中国で提示します。

第 2 世代 (2 G) 技術はフィンランドで 1991 年に開始されました。モバイル通信用グローバル システムとして知られている技術に基づいて、または要するに我々 は GSM を言うことができます。この技術には、テキスト メッセージ、画像メッセージと MMS のようなサービスを提供するために様々 なネットワークが有効になります。この技術にすべてのテキスト メッセージは暗号化デジタルをためだけで、受信者はメッセージを受信します。これらのデジタル信号は、それは携帯電話のバッテリを節約に役立ちますので以下のバッテリーの電力を消費します。

3 G 技術は一般にアクセシビリティの標準およびモバイル デバイスの速度を指します。最初に 2001 年に日本で使用されました。テクノロジーの標準化は、国際電気通信連合 (ITU) によって設定されました。この技術は、GPS (全地球測位システム) 移動式テレビおよびビデオ会議のような様々 なサービスの使用をできます。それだけでなく、世界中で使用することができます、またよりよい帯域幅と速度の向上を提供します。

4 G システムは声および他の 3 G サービスを提供だけでなく、モバイル デバイスに超広帯域ネットワーク アクセスも提供します。アプリケーションは、IP テレフォニー、モバイル ハイビジョン ビデオ会議からゲーム サービスに変わるし、クラウド ・ コンピューティングします。4 G ネットワークにアクセスする最初のデバイスの 1 つは、USB ワイヤレス モデム WiMax と LTE 技術と携帯電話が続いた後でした。

ヨーロッパ、アジア太平洋地域は予測期間中に 2 G および 3 G スイッチ Off サービスの急成長市場である 2 G および 3 G スイッチ オフ市場最大のグローバル売り上げ高のシェアを取った。錠剤など世界中の企業および住宅のセクターのスマート フォン スマート ポータブル デバイスの高速増加の採用は、2 G および 3 G スイッチ Off サービス市場の成長を運転する主な要因です。

IP への移行に積極的に影響を与える雲、トランキングとマネージド ・ サービスあらゆるビジネス分野、企業向け音声サービス、2 G および 3 G スイッチ Off サービス市場内の原動力です。大企業は特に社内ベースの展開の SIP トランキングにも移行しつつクラウドのユニファイド コミュニケーションを積極的に評価し続けます。

住宅側の加入者は、成長し続けるが、2 G および 3 G スイッチ Off サービスは世界の多くの部分でほぼ無償でトリプル プレイ パッケージに含まれている売上が落ちた。

2017 年には、グローバルの 2 G および 3 G オフの市場規模は 1374000 百万米ドル、それが 2018-2025 中 4.4% の CAGR で 2025 年の終わりに達する 1945000 百万米ドルすると予想します。

Https://www.qyresearch.com/sample-form/form/718494/global-2g-and-3g-switch-off-market @ このレポートのサンプル PDF のコピーの要求します。

本研究では覆われているキー ・ プレイヤー

製品タイプ別の市場セグメントに分割します。

市場セグメント別に分割アプリケーション

市場セグメントこのレポートをカバーする地域/国別

QY 研究レポートの購入の利点

完全、2 G および 3 G オフ市場レポートを今すぐに購入、 https://www.qyresearch.com/settlement/pre/1475cef4ec8234dd7010b0f22b41ed75、0, 1、グローバル、2 G および 3 G スイッチ オフ市場サイズ %2 C 現状と展望 2018-2025 @ 24 時間以内納期を報告

我々について:

カスタム研究、経営コンサルティング、IPO コンサルティング、産業チェーン研究、データのベースやセミナーのサービスに焦点を当てる QY 研究が 2007 年に設立されました。保有している専門家 (統計データベース、税関輸入とエクスポート データベース、業界協会データベース等の国民局) など大規模な基本的なデータ ベースのリソース (含まれているエネルギー自動車化学医療 ICT 消費財等。

Contact Information:

QY Research, INC.
17890 Castleton, Suite 218,
Los Angeles, CA – 91748
USA: +1 6262 952 442
China: +86 1082 945 717
Japan: +81 9038 009 273
India: +91 9766 478 224
Emails – enquiry@qyresearch.com
Web – www.qyresearch.com
Expert News: www.qyresearch.com/expert/list



Tags:    Asia, Europe, Japanese, News, Research Newswire, South America, United States, Wire