USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Nov 28, 2018 12:06 PM ET

農薬市場地域の見通し、競争戦略の予測年 2018 年から 2023 年に


農薬市場地域の見通し、競争戦略の予測年 2018 年から 2023 年に

iCrowd Newswire - Nov 28, 2018

農薬市場

農薬市場の概要:

農薬は重要な農業サポート業界ですし、防止、削減し、食品の出力と安全性を高めるための災害の影響を除去しながら農業を向上させます。農薬は、除草剤、殺虫剤、殺菌剤、植物成長調節物質で構成されています。農薬の重要性は、人口栄養強化食品安心 majorly です。また、世界平均に比べてヘクタールの収穫あたり低、さらに増加の害虫の攻撃強化農薬の使用を介して作物保護のための必要性。

農薬市場の主要プレーヤー:

農薬市場: モザイク会社 (米国)、バイエル クロップ サイエンス株式会社 (ドイツ)、ダウ ・ ケミカル (米国)、BASF SE (ドイツ)、モンサント ・ カンパニー (米国)、シンジェンタ AG (スイス)、アダマ農業ソリューション株式会社 (イスラエル)、ニューファーム限定 (オーストラリア)、アリスタ ライフ サイエンス株式会社 (日本) と結晶作物保護株式会社 (インド) 他の中で。

今を得るサンプル コピーのレポート @ https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/749

農薬市場は、最後の数年間で印象的な成長を目撃しています。市場調査の未来、マーケット レポートの専門会社他最近の報告書 ‘世界の農薬市場調査レポート-予報 2023 年に’ の予想の中で食品・飲料・栄養部門に関連する市場予測期間は急激な成長を実現しながら優れた CAGR % を示してください。

農薬市場細分化:

農薬市場は、種類、製品の種類、および地域に基づいて分類されます。型に基づいて市場は、肥料や農薬に分岐です。肥料製品タイプの市場は、分割に基づく気泡, 窒素, リン酸塩。農薬製品の種類に基づいて市場は殺菌剤、殺虫剤、除草剤、生物農薬に分割されます。作物の種類に基づいて市場は、穀物、作物、プランテーション作物、園芸作物に分割されます。地域に基づいて市場は、アジア太平洋、ヨーロッパ、ラテン アメリカ、北アメリカ、中東およびアフリカに分類されます。

農薬市場の地域分析:

農薬市場は、5 つの地域で構成されています: アジア太平洋、ヨーロッパ、ラテン アメリカ、北アメリカ、中東およびアフリカ。これらのうち、アジア太平洋地域は世界の農薬市場で高いシェアを保持しています。この地域は、インド、中国を含む新興国の経済が受ける主に農業、農業関連産業。食品穀物市場は、この地域の主要セグメントです。また、インドと中国は、最大の輸入・輸出業者です。世界の人口の大半はアジア太平洋地域で、この市場の成長率の主な要因は、食事を変更します。この地域の穀物のための要求が予測期間で成長する農業化学産業市場のための主要なドライバーであることが予想されます。

中東・ アフリカ北アメリカおよびヨーロッパに続いて農薬の大手市場領域として浮上しています。北米農薬市場は、高消費生物農薬、食料需要の増加、および環境に優しい農薬意識のための途方もない成長を目撃と予測されます。北米地域における米国の農薬市場の地域の成長に大きく貢献をすると予測し、2018 に 2023、予測期間中に生物農薬の大きな需要が見込まれます。

2016 年現在米国は最大の市場シェアを占めてと値 & ボリューム面でメキシコとカナダが続いてし、成長に中程度の CAGR で成長が見込まれています。ヨーロッパでは、イタリア、ドイツ、スペイン、英国、フランス、および革新の支出を増加させると消費者の購買力を成長ロシアなど様々 な国に成長する農薬の需要を予測します。アルゼンチン、コロンビア、ブラジルなどのラテン アメリカ諸国は人口だけでなく、新しい技術の関与を拡大する食糧供給のための需要の増加のための相当な成長を目撃すると予測されても、化学無料作物を使用生物農薬農薬市場の意識。

Https://www.marketresearchfuture.com/check-discount/749 @ 問い合わせクエリがある場合

農薬市場のアプリケーション:

農薬市場では、農薬製品の主要な製造業者のための有利な機会を提供しています。しかし、世界の農薬市場は小規模・地域選手開発と発展途上国の下の存在のおかげで断片化されます。主要なプレーヤーは、ボリューム販売を強化する小規模・地域の選手が取得されます。また、メーカーは、顧客ベースを拡大する販売代理店と連携しています。メーカーは、新製品の開発のためのドルの何百万を投資しています。戦略的な製品開発は、予測期間中に世界の農薬市場でのトラクションを得ている最近の傾向の 1 つです。メーカーは、競合他社の製品の付加価値を持つ新製品を立ち上げています。政府の認定は、予測期間中に世界の農薬市場の上昇の成長の重要な要因であることも考慮します。

農薬は、化学合成の肥料、除草剤、殺菌剤、ホルモン、その他育毛剤を含む化学専門のグループに属しています。農薬の基本的な機能は、作物を保護し、土壌と作物の品質を向上することです。農薬はまた植物成長剤として行為を使用します。加工食品と高度なパッケージング技術のニーズが高まって穀物・油糧種子・野菜の需要の増大により、食品および飲料部門の改善は。これは順番農薬市場の成長をドライブします。

農薬市場の競争分析。

農薬市場は層 1 および層 2 のプレーヤーと高い断片化された市場です。市場参加者に市場の小さい選手を獲得、世界的な需要を満たすために販売代理店とのコラボレーションします。買収は、市場シェアを維持するために重要なプレーヤーが採用キー戦略です。農産物の効率的かつ簡単な栽培を開発する R & D の活動の増加は市場のキー ・ プレイヤーによって主要な焦点です。例えば、2017 年に R & D 活動BASF は USD 2 Bllion を投資していた。企業のリソース、有利な気候条件とバランス インポート エクスポート ポリシーの容易な供給のためのビジネスの移転が。

農薬市場目次:

1 概要

レポートの範囲は 2

2.1 市場の定義

2.2 研究のスコープ

2.2.1 研究の目的

2.2.2 前提条件と制限

2.3 市場の構造

3 市場調査方法

3.1 研究プロセス

3.2 二次的研究

3.3 主な研究

3.4 予測モデル

4 市場の風景

4.1 ポーターの 5 つの力分析

4.1.1 新規参入者の脅威

4.1.2 バイヤーの交渉力

4.1.3 代替品の脅威

4.1.4 セグメントのライバル

4.2 世界の農薬市場の値チェーン/サプライ チェーン

世界の農薬市場の 5 業界概要

5.1 導入

5.2 成長ドライバー

5.3 影響分析

5.4 市場の課題

農薬市場のテーブルのコンテンツを続行になります…、

Https://www.marketresearchfuture.com/reports/agrochemical-market-749 @ レポート パンフレットのご請求します。

市場研究の将来について

市場研究の未来 (MRFR) で我々 は我々 調理研究レポート (CRR)、半調理研究レポート (HCRR)、生研究レポート (3 r)、連続供給研究 (CFR)、市場を通して、各業界の複雑さを解明するお客様を有効にします。研究及びコンサルティング サービス。

MRFR チームでは、お客様に最適な品質の市場調査および情報サービスを提供するために最高の目的を持っています。私たちの製品、サービス、技術、アプリケーション、エンド ・ ユーザー、グローバル、地域、市場による市場調査研究、国レベルの市場セグメントは、彼らのほとんどに答えるを助けるよりを参照してください、詳細を知っているとより、お客様を有効にします。重要な質問。

宿泊業界の技術と作業プロセスの更新、ために MRFR はしばしば計画・研究アナリスト会員業界の専門家や産業訪問と大会を行っています。

Contact Information:

Market Research Future

Office No. 528, Amanora Chambers

Magarpatta Road, Hadapsar,

Pune - 411028

Maharashtra, India

+1 646 845 9312

Email: sales@marketresearchfuture.com



Tags:    Europe, Japanese, News, North America, Research Newswire, South America, United Kingdom, United States, Wire