USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Nov 29, 2018 7:29 AM ET

狭いバンド IoT 市場プロジェクト華為技術 (中国)、ボーダフォン グループ (イギリス)、首長国連邦通信株式会社 (アラブ首長国連邦)、テレコム イタリア (イタリア)、クアルコム (米国) として業界の競合他社と予測の期間の世界的な販売で着実に成長


狭いバンド IoT 市場プロジェクト華為技術 (中国)、ボーダフォン グループ (イギリス)、首長国連邦通信株式会社 (アラブ首長国連邦)、テレコム イタリア (イタリア)、クアルコム (米国) として業界の競合他社と予測の期間の世界的な販売で着実に成長

iCrowd Newswire - Nov 29, 2018

本研究は、市場状況、市場シェア、成長率、今後の動向、市場牽引要因、機会と課題、リスクと参入障壁、販売チャネル、販売代理店およびポーターの 5 つの力分析も分析します。

NB IoT の携帯電話ネットワークの出現は、IoT 風景根本的に変わった。NB IoT 技術は、広い範囲にわたって少量のデータを送信する必要があるとコスト効率の高いアプリケーションに最も適しています。これらの技術は、こうしてにメートルからウェアラブル ユーティリティにすべてを接続する国民全体をカバーできます。

@ このレポートのサンプルのコピーを得るhttps://bit.ly/2RhP5B3

狭いバンド IoT 市場レポートでは、市場の包括的な評価を提供しています。を介して詳細な包含、プログレッシブと可能性が高いエリアに基づいて市場の成長動向、過去を追求し、現状と将来の見通しを勉強して感謝しているそうです。各研究レポートを含むがこれに限定されない分析と業界の各側でのデータの保管としてサポート: 地域市場、タイプ、アプリケーション、テクノロジーの発展と競争力のある風景。

このレポートは世界の狭いバンド IoT 市場の現状と展望を研究、グローバル狭いバンド IoT 市場サイズ (値 & ボリューム)、収益 (100万ドル)、メーカー、タイプ、アプリケーション、および地域によって製品価格を分類します。狭いバンド IoT 市場レポートで材料、アプリケーション、2023 年に地理学グローバル予測は専門家および広範囲に及ぶ研究は世界の主要な地方の経済状況について、原則として地区 (北に集中しての詳細を提供アメリカ、ヨーロッパ、およびアジア太平洋) と基本的な国 (米国、ドイツ、イギリス、日本、韓国、および中国)。

の狭いバンド IoT 市場レポート プロファイル以下の企業が含まれています: 華為技術 (中国)、ボーダフォン グループ (イギリス)、首長国連邦通信株式会社 (UAE)、テレコム イタリア (イタリア)、クアルコム (米国)、チャイナ ・ ユニコム (中国)、インテル コーポレーション (米国)、エリクソン (スウェーデン)、ノキア (フィンランド) ネットワーク、Verizon コミュニケーション (米国)

タイプ:-バンド、ガード バンド、スタンドアロン

アプリケーション:-農業、自動車・交通、エネルギー、ヘルスケア、製造、小売、安全・ セキュリティ、インフラストラクチャ、ビルディング オートメーション

地理的に、北アメリカはヨーロッパ、アジア太平洋、および行に続いて、狭いバンド IoT 市場の最大の市場であります。アジア太平洋地域は、予測期間の最も高い成長を目撃する予定です。この成長の主な要因は、顕微鏡、増加のナノテクノロジー研究、低い材料コストと専門知識が増大、アジア太平洋地域でも、中国やインドなど新興国で学術の卓越性の開発のため上昇の R & D 資金市場。

今 @ 割引を取得 https://bit.ly/2Rksa8j

目次-

グローバルの狭帯域 IoT 市場規模、状態および予測 2023

個々 の狭帯域 IoT 市場の 1 業界概要

選手によって 2 グローバル個々 の狭帯域 IoT 市場競争の分析

3 の会社 (トッププレイヤー) プロファイル

4 グローバル個々 狭帯域 IoT 市場規模の種類およびアプリケーションを

5 アメリカ合衆国個々 の狭帯域 IoT 市場開発の現状と展望

6 ヨーロッパの個々 の狭帯域 IoT 市場開発の現状と展望

7 中国の個々 の狭帯域 IoT 市場開発の現状と展望

8 日本の個々 の狭帯域 IoT 市場開発の現状と展望

9 東南アジア個々 の狭帯域 IoT 市場開発の現状と展望

10 インド個々 の狭帯域 IoT 市場開発の現状と展望

11 地域、タイプ、アプリケーション (2018-2023) 別市場展望

12 個々 の狭帯域 IoT 市場ダイナミクス

13 の市場影響要因分析

14 研究所見/結論

15 付録、方法論、アナリスト紹介、データ ソース

購入する理由

-現在および将来開発され、新興市場の狭いバンド IoT 市場見通しの

-ハイライトは、自社のビジネス戦略を再編成する企業を支援するために業務の優先順位をキーします。

-狭いバンド IoT 市場を支配すると予想されるセグメント

予測期間中に最速の成長を目撃すると予想される地域

-最新の開発、狭いバンド IoT 市場シェアと主要な市場プレーヤーで採用されている戦略を識別します。

-保存し、時間を短縮成長を識別する、エントリー ・ レベルの研究を実施して、サイズ、世界の狭いバンド IoT 市場における主要企業及びセグメント

-開発/事業拡大計画を使用して変更実質的な成長を提供する開発や新興国

我々について:

レポート知性は市場調査と市場情報に関連するすべてのワン ストップ ソリューションです。私たちは、マーケット インテリジェンスと今日の競争の激しい世界でその必要性の重要性を理解します。

私たちの専門家チームは最も本格的な研究報告を毎回優秀な成績を保証する非の打ちどころのないデータ数字でバックアップを取得するは難しい作品。

だから研究者やカスタム要求の最新レポートがあるかどうか私達のチームはこちらです最良の方法のお手伝いを

お問い合わせ。

sales@reportsintellect.com

PH – 1-888-259-6883

米国の住所:

225 ピーチツリーストリート NE、

スイート 400

アトランタ、ジョージア 30303

1-888-259-6883

Contact Information:

+1-888-259-6883



Keywords:    Narrow Band IoT Market
Tags:    Africa, Asia, Europe, Japanese, Latin America, Middle East, News, North America, Press Release, Research Newswire, South America, United Kingdom, United States