USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Dec 6, 2018 8:35 AM ET

グローバル肢帯筋ジストロフィー (LGMD) 市場調査報告書 2018 分析と予測 2027


グローバル肢帯筋ジストロフィー (LGMD) 市場調査報告書 2018 分析と予測 2027

iCrowd Newswire - Dec 6, 2018

肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) 市場:

WiseGuyReports.com 追加「肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) 市場 2018 グローバル分析、成長動向と機会研究レポート予測 2027“レポートおっぱいデータベース。

エグゼクティブ ・ サマリー

DelveInsight の肢帯筋ジストロフィー (LGMD) – 市場の洞察力、疫学と市場予測 – 2027′ レポート提供肢帯の市場動向と同様、病気、歴史と予測の疫学の深い理解筋ジストロフィー (LGMD) EU5 アメリカ州 (ドイツ、スペイン、イタリア、フランス、イギリス) と日本。

レポートは、現在の治療法は、薬を新興市場シェア個々 の療法の現在および予想の市場サイズの肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) 2016 年から 2027 7 つの主要な市場に細分化を提供します。レポートは、現在治療の実践/アルゴリズム、市場牽引要因、市場障壁、満たされていない医療ニーズ バーテン最高の機会と市場の基になる可能性を評価するにもカバーしています。

覆われた地理学

研究期間: 2016-2027 年

肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) – 病気の理解と治療のアルゴリズム

肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) を包含する; 稀、遺伝的、退化的な筋肉無秩序の異質グループ幼年期および成人発症ジストロフィー。主に骨格筋の筋線維の喪失によるプレゼンテーションの進歩的な主に近位筋力低下につながる影響を与える遺伝子継承された状態です。それは一般に肩と骨盤帯の筋肉の弱さが特徴です。遺伝子の突然変異は、筋肉の維持や修復に関与している種々 の蛋白質の損失に します。30 以上のサブタイプがあります。各肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) 内サブタイプ、重症度、年齢, 発症と機能の高度な一貫性を示しています。

2017 年、ENMC コンセンサス分類肢帯筋ジストロフィー (LGMD) が 2 つの種類の継承パターンと臨床的特徴に基づく: (LGMD タイプ 1) 染色体優性、常染色体劣性 (LGMD タイプ 2)。肢の支配的な形態は、劣性型は、早期発症と高速進行を持つことができますが、成人発症 LGMD2 患者数残る人生の後半まで外来通常低速コースを持ってください。支配的なフォームは、心臓合併症と筋萎縮とともに呼吸困難に関連付けられてほとんど。

DelveInsight 肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) 市場レポートは、疾患の定義、症状、分類、原因、病態生理、診断の動向などの詳細情報を含めることにより、肢の徹底的な理解を提供します。また、治療アルゴリズムと治療ガイドライン米国、ヨーロッパ、日本での下肢帯筋ジストロフィー (LGMD)。

@ サンプル レポートを要求 https://www.wiseguyreports.com/sample-request/3579575-limb-girdle-muscular-dystrophy-lgmd-market-insights-epidemiology

肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) 疫学

肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) 疫学部は、すべての 7 の主要な国の歴史と現在の患者のプール、予想の傾向についての洞察を提供します。それは多数の研究とオピニオン リーダーの見解を探索することで現在および予想の動向の原因を認識するのに役立ちます。DelveInsight レポートのこの部分は、診断された患者プールと実施の前提条件と共に彼らの動向にも提供します。

レポートの対象疾患疫学提供 [分割、合計有病率の肢帯型筋ジストロフィー、特定の型の場合、重症度特定ケース、肢帯型の診断人口予測の疫学および歴史7 MM カバー EU5 国 (ドイツ、スペイン、イタリア、フランス、イギリス)、アメリカ合衆国の肢の筋ジストロフィー] シナリオと 2016-2027 年から日本。

コラード Angelini に従って et。らすべての肢帯型筋ジストロフィー (LGMDs) 型の有病率によって地理的な民族の起源、10万人あたり 4-7 からの範囲します。大規模な研究があることすなわち南ヨーロッパ特定の領域で calpainopathy 最も流行する形態、北欧の calpainopathy ことができますがない頻繁がある;LGMD 2I が共通。劣性肢症例の大部分は、dysferlinopathy、sarcoglycanopathies によるものです。

全国組織希少疾患によると LGMD 等しい数の男女に影響を与えます。肢の有病率は不明ですが、123,000 の 1 つに 1 つで 14,500 から範囲の見積もり。発症年齢は、同じ家族の個人差も大きくあります。肢のさまざまな種類の相対度数は人口に人口から異なります。

肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) 薬物章

肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) レポートのこのセグメントは、市販薬と後半ステージ (第 III 相および第 II 相) パイプライン薬の詳細な分析を囲みます。臨床試験の詳細、表現力豊かな薬理作用、契約、コラボレーション、承認を理解するのにも役立ち、特許の詳細、長所と短所それぞれの薬剤と最新のニュースやプレス リリースが含まれています。

現時点では、治療法や治療肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) のない FDA セラピーがある、現在の研究は根本的な遺伝の変更を扱うために遺伝子療法の使用の焦点に主です。

製薬会社の主要な Myonexus 治療 (墓 101、102 の墓) など aTyr 製薬 (ATYR1940)、等は肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) の治療のための新規治療法の開発に関与しています。

肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) 市場の見通し

市場、満たされていないニーズ、ドライバーおよび障壁の現在の治療法の影響を分析することによって市場の歴史的な現在および予測動向の詳細な理解を構築することができますレポートの肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) 市場の見通しやより良い技術の需要。

このセグメントは、それぞれの市販薬の市場動向のを介しての詳細を与えるし、その影響を評価することによって後期パイプライン療法に基づいて療法、包含と除外基準の年間コスト遵守率、成長の必要性、作用機序、市場、患者プールの増加が予想される患者のセグメントを覆われて発売年、他の治療法、ブランド価値、市場およびキーオピニオン リーダー観に与える影響との競争。計算される市場データは、関連するテーブルとグラフを一目で市場の明確な見解を与えるに掲載されています。

DelveInsight によると、市場の 7 MM の肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) 研究期間 2016-2027 年から変更されます。

肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) 薬吸収

このセクションでは、最近市場で発売する潜在的な薬剤の吸収率に焦点を当てや 2016-2027 年から研究期間中に市場投入を得る。分析対象市場吸収薬;患者吸収療法・各薬品の販売。

これは最も急速な吸収、新しい薬の最大の使用の背後にある理由で薬を理解するのに役立ちます、市場シェアと市場取り込みと重要な要因の調査に有用である再度のサイズに基づいて薬の比較が可能財務や規制上の意思。

肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) レポート洞察力

肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) レポート強み

肢帯型筋ジストロフィー (LGMD) レポート評価

主な利点

連続.

これの詳細報告、参照してください- https://www.wiseguyreports.com/enquiry/3579575-limb-girdle-muscular-dystrophy-lgmd-market-insights-epidemiology

お問い合わせ: ノラ トレント sales@wiseguyreports.com Ph: 1-646-845-9349 (米国); 44 208 133 9349 (イギリス)





Keywords:    Limb Girdle Muscular Dystrophy (LGMD), Limb Girdle Muscular Dystrophy (LGMD) Market, Limb Girdle Muscular Dystrophy (LGMD) Industry, Limb Girdle Muscular Dystrophy (LGMD) Trends, Limb Girdle Muscular Dystrophy (LGMD) Share, Limb Girdle Muscular Dystrophy (LGMD) Analysis, Limb Girdle Muscular Dystrophy (LGMD) Growth, Limb Girdle Muscular Dystrophy (LGMD) Segmentation, Limb Girdle Muscular Dystrophy (LGMD) Analysis, Limb Girdle Muscular Dystrophy (LGMD) Application
Tags:    Japanese, News, Research Newswire