• USA
  • Spain
  • Brazil
  • Russia
  • France
  • Germany
  • China
  • South Korea
 
x

RSS Newsfeeds

See all RSS Newsfeeds

Dec 6, 2018 10:06 AM ET

メタノール市場とグローバル業界サイズ、シェア、動向、主なドライバー、主要企業、ビジネス洞察力と予測 2023

iCrowdNewswire - Dec 6, 2018

メタノール市場

メタノール市場導入:

メタノール市場は、2023 年までに約 7.5% の CAGR で 61 十億ドルより多くに触れる予定です。

メタノールは多くの工業用途とワニス、不凍液、フロント ガラス洗浄、模型飛行機のための燃料を含む家庭用品の数でもあります。メタノールのおよそ 2 億 2500 万リットルでグローバルに使用される毎日。メタノールを使用して、毎日の暮らしに触れる製品の数千を生成するため使用されますその他の化学的誘導体を生産します。

メタノール市場は急速なペースで成長しています。主因に拡大して自動車業界。 市場研究の未来によって公開された最近の研究報告によるとメタノールの世界市場は繁栄、予測期間中の卓越性を得るために期待されます。市場は、2022 年 (2018-2023) 推定期間印象的な CAGR と価値の面でその前の成長記録を上回るまで見事な成長を実証する予想します。

Https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/1764 @ サンプルの完全なレポートを取得します。

メタノール市場キープレーヤー:

イーストマン ・ ケミカル ・ カンパニー (米国)、セラニーズ社 (米国)、rima さんグループ (ブラジル)、BASF SE (ドイツ)、大西洋メタノール生産会社 LLC (米国)、メタネックス株式会社 (チリ)、デュポン (米国)、三菱ガス化学株式会社 (日本)、三井・株式会社 (日本)、ザグロス石油化学・ シオニスト権力会社 (構造) (イラン)、メタノール ・ ホールディングス (トリニダード) と限定 (トリニダード ・ トバゴ) MRFR 分析でプロファイリングの有名な選手のいくつかおよびメタノールのグローバル市場での競争の最前線にいます。

メタノール市場細分化:

メタノール市場原料、誘導体、エンドユース産業や地域によって分割しました。

原料をもとに、天然ガス、石油、石炭、再生可能な資源などに市場を分割しました。

誘導体を用いた、ホルムアルデヒド、酢酸、ジメチル エーテル、ガソリン、溶剤、オレフィン、タルト ブチル エーテル、メタクリル酸メチル、メタノールに市場を分割しました。

最終用途産業に基づいて、市場は、輸送、建物と建設、電気および電子、包装、塗料とコーティング、医薬品、水処理などに分離されています。

地域に基づいて、市場は北アメリカ、ヨーロッパに区分されてアジア太平洋地域、ラテン アメリカ、中東およびアフリカ。

業界/技術革新/関連ニュース。

2015 年 10 月 15 日-Celanese 株式会社 (米国)、主要専門化学薬品会社では、会社がその明確な湖、テキサス メタノール ユニットの建設が完了し、動作している効率的よりも前にことを発表しました。この生産ユニットはセラニーズと三井物産株式会社、東京都 130 万トンの容量を持つの間の合弁会社です。さらに、このトランザクションにアセチル チェーンは米国市場で低コストの天然ガス資源の多くのための経済的な利益を得た。

2016 年 6 月 7 日-Celanese 株式会社 (米国)、主要な特殊化学品カンパニー宣言会社が米国で新しいメタノール プロジェクトを開始する三井物産と契約を締結予備プロセスは、2016 年には既に完了です。これは、会社の資本コストを削減する意図とセラニーズ社の 2 番目のメタノールの生産です。また、会社は、プロジェクト 3 つ半年以内に完了する必要のあるを宣言されています。したがって、これらの要因は、評価期間中に市場をドライブに投影されます。

メタノール市場アプリケーション:

メタノール市場は、その応用産業からの需要増加で大幅な成長を見ています。予測期間の終わりに高い成長率にこの結果します。市場分析ごとのさまざまな要因を作成されている、グローバル メタノール市場のブームが上昇しているアプリケーション セグメント、石油化学製品の需要の増加、建設、自動車産業の成長、新興国します。

メタノールは、コスト効果の高い自然性製品によって提供される高効率の内燃機関の燃料として広く使用されます。また、塗料、プラスチック、爆発物、その臨時の描画プロパティとオクタン価の高い評価のための合板のホルムアルデヒド、メタノールの誘導体を用います。エンドユース産業の需要急増求めるメーカー、天然ガスからメタノール メタノール製品用途での成長の消費製品に重点をシフトする投資家の背後にある主要な要因の市場の成長。

メタノールは、パフォーマンスと効率性が高くなるのでエンジンや他のシステムの輸送用燃料として使用されます。その中間体、ホルムアルデヒド ・ メタノール混合ガソリンはコスト効果の高い自然と製品への適用のしやすさを提供する最終用途産業で使用されるようです。メタノールで使用される自動車、電気・電子、航空宇宙、建設、医薬品、およびオペレーティング システムの最適なパフォーマンスを提供するために医療。

Https://www.marketresearchfuture.com/check-discount/1764 @ 購入前に、お問い合わせ

メタノール市場地域分析:

地理的に、アジア太平洋地域は世界のメタノール市場の主要な部分を保持します。中国はメタノール プラントのオレフィンの生産の成長により市場で主要な国です。建設、自動車のプロダクトの増加する消費の塗料・接着剤、医薬品、エレクトロニクスは、中国、インド、日本、マレーシアのメタノール市場の需要を押し上げています。北アメリカは天然ガス埋蔵量の十分な可用性のための重要な成長を目撃しています。また、欧州地域は、不十分な原料市場で利用可能なため成長の停滞を目撃しています。したがって、製造単位は、低労働コストのおかげで発展途上国にヨーロッパから移動されます。

メタノール市場競争力分析:

メタノール市場では、グローバル市場で動作いくつかの大きく、小さい選手の存在と競争力のあるようです。これらの主要なプレーヤーは、価格、種類、品質、技術、技術革新に基づく市場で競っています。メタノール市場が高い成長で成長する拡張と健全な競争が、今後の市場で多くの参加者を誘致する可能性が高い。メタノール市場でのメーカーは、自動車製品の需要の高まり、建設、航空、他への対応に努めています。彼らは誘導体、効率、パフォーマンスと市場のトレンドの要因に基づいて最高の品質の製品を生成するを確認します。

メタノール産業は、過去 15 年間で劇的な変化を遂げています。 これらの変更は、地域需要の優位性の変化、新しい最終用途の開発、新生産センターの出現に含まれています。 これらの要因は新しい貿易の流れ、価格で起因した経済的な原動力に近いリンクを追加する他の化学製品分野で業界では存在しない以前さらに市場の方向性を決定する上での複雑さ。

メタノール市場テーブルのコンテンツを続行になります…、

Https://www.marketresearchfuture.com/reports/methanol-market-1764 @ このレポートの完全な要約

市場研究の将来について

市場研究の未来 (MRFR) で我々 は我々 調理研究レポート (CRR)、半調理研究レポート (HCRR)、生研究レポート (3 r)、連続供給研究 (CFR)、市場を通して、各業界の複雑さを解明するお客様を有効にします。研究及びコンサルティング サービス。

MRFR チームでは、お客様に最適な品質の市場調査および情報サービスを提供するために最高の目的を持っています。私たちの製品、サービス、技術、アプリケーション、エンド ・ ユーザー、グローバル、地域、市場による市場調査研究、国レベルの市場セグメントは、彼らのほとんどに答えるを助けるよりを参照してください、詳細を知っているとより、お客様を有効にします。重要な質問。

宿泊業界の技術と作業プロセスの更新、ために MRFR はしばしば計画・研究アナリスト会員業界の専門家や産業訪問と大会を行っています。

Contact Information:

Market Research Future

Office No. 528, Amanora Chambers

Magarpatta Road, Hadapsar,

Pune - 411028

Maharashtra, India

+1 646 845 9312

Email: sales@marketresearchfuture.com

View Related News >