• USA
  • Spain
  • Brazil
  • Russia
  • France
  • Germany
  • China
  • South Korea
 
x

RSS Newsfeeds

See all RSS Newsfeeds

Dec 7, 2018 11:49 AM ET

プリント回路板業グローバル市場の需要、成長機会、キーのトップ選手、2025 年までの予測

iCrowdNewswire - Dec 7, 2018

WiseGuyRerports.com プレゼント「グローバル プリント回路板業市場調査レポート 2018」新しい文書研究データベース

このレポートはグローバルのプリント回路板業市場の現状と展望を研究、メーカー、タイプ、アプリケーション、および地域によってグローバル プリント回路板業市場規模 (値 & ボリューム) を分類します。このレポートは、米国、ヨーロッパ、中国、日本、韓国、台湾、その他の地域のトップ メーカーに焦点を当てください。

本報告では大手メーカーのカバー
Mektec(Japan)
IBIDEN(Japan)
サムスン Electro-Mechanics(Korea)
AT & S(Austria)
TTM(US)
Unimicron (中国・台湾)
鎮鼎技術 (中国・台湾)
住友電工 Industries(Japan)
MFS(Singapore)
YoungPoong(Korea)
CMK(Japan)
Founder(China)
SCC(China)
CCTC(China)
日本 Mektron(Japan)
Foxconn (中国・台湾)
三脚 (中国・台湾)
住友 Denko(Japan)
Daeduck Group(Korea)
HannStar ボード (GBM) (中国・台湾)
Viasystems(US)
南谷 PCB(Taiwan, China)
キングボード PCB Group(China Hong Kong)
神鋼電機 Ind(Japan)
Mflex(US)
Compeq Mfg(Taiwan, China)
名港 Electronics(Japan)

サンプル レポートの要求https://www.wiseguyreports.com/sample-request/3065641-global-printed-circuit-board-pcb-market-research-report-2018 @

地理的に、調査上の生産者と消費者、生産能力、生産、値、消費に焦点を当てて市場のこれらの主要地域で共有し、成長の機会をカバー
北アメリカ
ヨーロッパ
中国
日本
東南アジア
インド

生産、収益、価格、市場シェアと成長速度主に分割、各種類の製品に基づいてこのレポートが表示されます。
片面基板
両面板
多層基板
エンドユーザー/アプリケーションに基づいて、このレポートは状態および主要なアプリケーション/エンドユーザー、消費 (販売)、各アプリケーションの市場シェアと成長率の見通しに焦点を当て含む
電子産業
インテリジェント制御装置

このレポートでの学習目標は次のとおりです。
分析・研究、グローバル プリント回路板業容量、生産、値、消費、状態 (2013-2017 年) および予測 (2018-2025);
キー プリント回路板業メーカー、容量、生産値を勉強するに焦点を当てては、将来的に共有し、開発計画を販売します。
定義するための世界的な主要メーカーに焦点を当てて記述し、市場競争風景、SWOT 分析を分析します。
定義、説明、および種類、アプリケーションおよび地域別市場の予測します。
分析するには、世界および主要地域の市場可能性と利点、機会と挑戦、拘束とリスク。
重要な傾向と運転または市場の成長を阻害する要因を識別します。
高度成長セグメントを識別することによって利害関係者のための市場機会を分析。
個々 の成長動向と市場への貢献に関して各サブマーケットを戦略的に分析するには
展開、契約、新製品の発売、および市場での買収など競争力の動向分析に
戦略的にキープレーヤーをプロファイル化し、成長戦略を総合的に分析します。

@ 完全なレポートの詳細https://www.wiseguyreports.com/reports/3065641-global-printed-circuit-board-pcb-market-research-report-2018

目次:

1 プリント配線板業市場の概要
1.1 製品概要とプリント回路板業の範囲
1.2 プリント回路板業セグメント タイプ (製品カテゴリ) で
1.2.1 グローバル プリント板業生産と年平均成長率 (%)(製品 Category)(2013-2025) の種類による比較
1.2.2 地球のプリント回路板業生産シェア 2017年の種類 (製品カテゴリ) によって
1.2.3 片面基板
1.2.3 両面ボード
多層基板
1.3 グローバル プリント回路板業セグメントのアプリケーションによって
1.3.1 プリント回路板業 (販売) の消費比較アプリケーション (2013-2025)
1.3.2 電子工業
1.3.3 インテリジェント制御機器
1.4 グローバル プリント回路板業市場地域別 (2013-2025)
1.4.1 グローバル プリント回路板業市場規模 (値) と年平均成長率 (%)地域 (2013-2025) による比較
1.4.2 北アメリカの状況と展望 (2013-2025)
1.4.3 ヨーロッパの状況と展望 (2013-2025)
1.4.4 中国の現状と展望 (2013-2025)
1.4.5 日本状況と展望 (2013-2025)
1.4.6 東南アジアの現状と展望 (2013-2025)
1.4.7 インドの現状と展望 (2013-2025)
1.5 世界市場規模 (値) のプリント回路板業 (2013-2025)
1.5.1 グローバル プリント回路板業収益の現状と展望 (2013-2025)
1.5.2 グローバル プリント回路板業能力、生産の現状と展望 (2013-2025)

2 グローバル プリント回路板業市場競争の製造業者によって
2.1 グローバル プリント回路板業能力、生産、シェア メーカー (2013-2018 年)
2.1.1 地球のプリント回路板業容量とメーカー (2013-2018) が共有
2.1.2 グローバル プリント板業生産と (2013-2018 年) のメーカー別シェア
2.2 地球のプリント回路板業売上とシェア メーカー (2013-2018 年)
2.3 グローバル プリント回路板業平均価格メーカー (2013-2018 年)
2.4 メーカー プリント回路板業製品の種類、販売エリア基本配布物を製造
2.5 プリント回路板業市場の競争状況と動向
2.5.1 プリント回路板業市場集中率
2.5.2 プリント回路板業市場シェアのトップ 3 と 5 のトップ メーカー
2.5.3 合併と買収、拡張

.

7 グローバル プリント回路板業メーカーのプロファイル/解析
7.1 Mektec(Japan)
7.1.1 会社基本情報、製造拠点、販売エリア、ライバル
7.1.2 プリント回路板業製品カテゴリ、アプリケーションおよび仕様
7.1.2.1 製品 A
7.1.2.2 製品 B
7.1.3 Mektec(Japan) プリント回路板業能力、生産、収益、価格、粗利 (2013-2018 年)
7.1.4 主な事業/事業概要
7.2 IBIDEN(Japan)
7.2.1 会社基本情報、製造拠点、販売エリア、ライバル
7.2.2 プリント回路板業製品カテゴリ、アプリケーションおよび仕様
7.2.2.1 製品 A
7.2.2.2 製品 B
7.2.3 IBIDEN(Japan) プリント回路板業能力、生産、収益、価格、粗利 (2013-2018 年)
7.2.4 主な事業/事業概要
7.3 サムスン Electro-Mechanics(Korea)
7.3.1 会社基本情報、製造拠点、販売エリア、ライバル
7.3.2 プリント回路板業製品カテゴリアプリケーションと仕様
7.3.2.1 製品 A
7.3.2.2 製品 B
7.3.3 サムスン Electro-Mechanics(Korea) プリント回路板業能力、生産、収益、価格、粗利 (2013-2018 年)
7.3.4 主な事業/事業概要
7.4 AT & S(Austria)
7.4.1 会社基本情報、製造拠点、販売エリア、ライバル
7.4.2 プリント回路板業製品カテゴリ、アプリケーションおよび仕様
7.4.2.1 製品 A
7.4.2.2 製品 B
7.4.3 AT & S(Austria) プリント回路板業能力、生産、収益、価格、粗利 (2013-2018 年)
7.4.4 主要事業/事業概要
7.5 TTM(US)
7.5.1 会社基本情報、製造拠点、販売エリア、ライバル
7.5.2 プリント回路板業製品カテゴリ、アプリケーションおよび仕様
7.5.2.1 製品 A
7.5.2.2 製品 B
7.5.3 TTM(US) プリント回路板業能力、生産、収益、価格、粗利 (2015-2018 年)
7.5.4 主な事業/事業概要

… 続き

お問い合わせ: ノラ トレント パートナー関係・ マーケティング マネージャー sales@wiseguyreports.com www.wiseguyreports.com Ph: 1-646-845-9349 (米国) Ph: 44 208 133 9349 (イギリス)

View Related News >