USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jan 11, 2019 6:00 PM ET

米国の通信、モバイルおよびブロード バンド市場規模、成長、分析、動向、および機会 2019年-2023


米国の通信、モバイルおよびブロード バンド市場規模、成長、分析、動向、および機会 2019年-2023

iCrowd Newswire - Jan 11, 2019

WiseGuyReports.com「米国の通信モバイル、ブロード バンド – 統計と分析」レポートがその研究データベースを掲載しますしました。

レポートの範囲:

2019 に 5 G のリーダーの間で米国が残っているです。米国の携帯電話加入者数の成長は引き続き強く、約 127% の浸透率。モバイル データの使用、LTE 技術に基づくアップグレードのネットワークでサポートされている自体で高度成長によって補償される音声サービスからの収入が減少しています。スマート フォンの普及も高く、加入者の間でモバイル データの使用を奨励していた。主要な事業者が率いる AT & T、Verizon と T モバイル米国トライアル 5 G テクノロジおよびサービスのベンダーと提携しているし、2019年および 2020年の商用サービスがさらに拡大になります。さらに、演算子が NB IoT、LTE の可能性に取り組んでいる- と 5 G でサポートされる相補的なテクノロジとしていくつかの点での LTE の技術。

主要な動向には、600 MHz のバンドは、以上 $ 190 億を発生のスペクトルの複雑な予備のオークションがあります。ネットワーク オペレーターは、締結されるスペクトル割り当てを待つ必要がありますが可能な追加の 70 MHz は農村地域でモバイル ブロード バンドをサポートし、ネットワーク容量の向上にまで行きます。

後半 2018 年に 28 GHz スペクトルのオークションに加えて FCC は 5 G の利用できるスペクトルの量増やすに 2019 年 (24 GHz、37 GHz、39 GHz および 49 GHz バンドのスペクトル) のために他のオークションを計画します。

米国のブロード バンド市場と需要データのサイズを指定すると、両方の固定およびモバイル ネットワーク上、ファイバ ・ ネットワークに投資して消費者に近い接続をプッシュするオペレーターのための連続的な圧力があります。近年、米国は地域の選手 cablecos、大手通信事業者から活動の増加を見ています。この活動の多くは、Google 繊維次のいくつかの市場への投資によって刺激されました。

(今はアルファベットのアクセス ユニットを介して管理) Google 繊維始めた後半 2016 年にその活動を縮小、従来の会社の深遠なされています。それは可能性があります重複ファイバ ・展開のための効果的な代替には、彼らと同様の価格設定を抑える主要なプロバイダー自治体の指導者の間で関心を刺激しその偶然という事実を強調表示と奨励自治体主導卸売ファイバー インフラストラクチャ プロバイダーにアクセスできます。

サンプル フォームを要求: https://www.wiseguyreports.com/sample-request/3665307-usa-telecoms-mobile-and-broadband-statistics-and-analyses

自治体によってサポートされているローカル ネットワークは、AT の説得運動の努力にもかかわらず生まれている & T と Verizon はローカル競争を防ぐ狙い。しかし、その部分は AT & T とベリゾン FttN ではなく、所内の両方の refocussed の努力を見ている今後数十年のための現在の投資の利点。G.fast はまた展開されてより少ない程度に FttP が cablecos 数が増加しても DOCSIS3.1 を展開している間はほぼ不可能地域では。

ブロード バンド ネットワーク、初期のデジタル経済のメリットを完全に実現するために健康、教育、エネルギー分野を含むトランス セクター別アプローチの重要性の成長する認識があります。2018 年 12 月に発表した FCC の固定ブロード バンド 8 レポートでは、どのくらい米国ブロード バンドを移動するためにされる必要がありますが楽しみにして市場を明らかにしました。

このレポートは、分析だけでなく、主要な統計情報を提供し、米国携帯電話市場の予測します。通信事業者の戦略、規制ポリシーおよび新興技術の展開の動向を評価します。さらに、レポートは、ケーブル、DSL、FttP、Wi-fi、WiMAX のブロード バンド市場、関連する統計情報の範囲と同様、市場分析を提供することをカバーしています。

キーの展開:

スプリントと T モバイル US の合併を受け取る政府の承認;

スプリント標識 MVNO 対処 Altice 米国;

FCC 承認の下の活用 5 GHz 帯での LTE U デバイスの使用

5 G 試験 4 K 超高精細 (UHD) ビデオをサポート

AT & T ナショナル LTE M サービスを起動します。

T-モバイル US $ 13 億; の追加 700 MHz ブロックを固定しています。

Google 試験顔認識 m 決済システム、起動プロジェクト Fi MVNO;

AT & T は終了 2 G インフラストラクチャ、LTE; 再割り当てスペクトル

2022 年までそのフット プリント全体で 10 Gb/s サービスを提供する Altice 米国親会社等から分割

光ファイバー ブロード バンド関連付けカウント繊維; 渡された 4100 万敷地内

AT & T 投資 $ 140 億 LTE および U 詩のネットワーク;

メイン繊維 Co 完了 1,100 マイル オープン ネットワーク ファイバ ・ バックボーン;

チャーター ・ コミュニケーション 1 Gb/秒 DOCSIS3.1 サービスを開始します。

完了した接続アメリカ基金のラウンド 2 オークション

レポートの更新には、2018 年第 3 四半期、市場動向に通信会社の営業及び財務データが含まれています。

企業は、このレポートに記載されています。

AT & T、ベライゾン、スプリント社、T モバイル US TracFone メトロ通信、Leap ワイヤレス最前線テル、米国の携帯電話 Clearwire Google センチュリー リンク、クエスト ・ フロンティア通信、Windstream Fairpoint シンシナティベル、Comcast は、業務を請負う、HughesNet Altice 米国

詳細な読書をご覧ください @ https://www.wiseguyreports.com/reports/3665307-usa-telecoms-mobile-and-broadband-statistics-and-analyses

コンテンツのテーブルの主要キーのポイント:

1. ブロード バンド市場
1.1 概要と統計の概要
1.2 政策と規制のフレームワーク
1.3 ハイブリッド ファイバー同軸ケーブル (HFC) ネットワーク
1.4 デジタル加入者線 (DSL) ネットワーク
1.5 その他固定ブロード バンド サービス
1.6 ファイバ ・-に-は-前提 (FttP)
1.7 政策と規制のフレームワーク
1.8 公衆 (ILEC、CLEC、市立) FttP ネットワーク
1.9 RBOC FttP ロールアウト
2. デジタル経済
2.1 電子エンターテイメント
2.2 E-ヘルス
2.3 電子政府
2.4 E 教育
2.5 E-コマース
3. デジタル メディア
3.1 ビデオストリーミング
3.2 音楽ストリーミング
4. 移動体通信
4.1 市場分析
4.2 モバイル統計
4.3 規制の問題
4.4 モバイル インフラストラクチャ
4.5 主要なモバイル オペレーター
4.6 モバイル コンテンツやアプリケーション

連続.

ノラ トレント パートナー関係・ マーケティング マネージャー sales@wiseguyreports.com www.wiseguyreports.com Ph: 1-646-845-9349 (米国) Ph: 44 208 133 9349 (イギリス)

Contact Information:

NORAH TRENT

Partner Relations & Marketing Manager

sales@wiseguyreports.com

www.wiseguyreports.com

Ph: +1-646-845-9349 (US)

Ph: +44 208 133 9349 (UK)



Keywords:    telecom, broadband, mobile, telecom Market, broadband market, mobile market, USA telecom, USA broadband, USA mobile, USA, USA market, mobile USA, telecom USA, broadband USA, USA telecom outlook, USA market research, USA telecom research,
Tags:    Japanese, News, Research Newswire