USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jan 29, 2019 4:52 PM ET

仮想網膜 Display(VRD) 市場 2019年グローバル分析、機会と 2025 年までの予測


仮想網膜 Display(VRD) 市場 2019年グローバル分析、機会と 2025 年までの予測

iCrowd Newswire - Jan 29, 2019

仮想網膜 Display(VRD) 市場 2019

VRD、また網膜スキャン表示 (RSD) と呼ばれる、ユーザーの網膜に投影される光源として出力レーザを使用するディスプレイ技術です。VRD は、リアルタイムで画像を表示するユーザーの網膜にイメージをスキャンします。

VRDs の市場の成長は、ユーザーを必要とするリアルタイムのデータを提供するウェアラブル機器の消費電力の軽量、ポータブル、需要によって駆動でしょう。これらのデバイスの商業成長は、業種、拡張現実と仮想現実ベースのアプリケーションの成長によって駆動されるでしょう。

2018 年にグローバル仮想網膜 Display(VRD) 市場規模は xx 万ドルと 2019 2025 中 xx % の CAGR で 2025 年の終わりによって xx 百万米ドルに達する見込み。

このレポートに焦点を当ててグローバル仮想網膜 Display(VRD) 状態、将来予測、成長機会、主要市場の主要なプレーヤー。研究目的は、アメリカ合衆国、ヨーロッパと中国で仮想網膜 Display(VRD) 開発を提示します。

本研究では覆われているキー ・ プレイヤー
Avegant
Mircovision
Google
テキサス ・ インスツル メンツ
ヒット研究所

@ サンプル レポートを要求https://www.wiseguyreports.com/sample-request/3710766-global-virtual-retinal-display-vrd-market-size-status-and-forecast-2019-2025

製品タイプ別の市場セグメントに分割します。
ハードウェア
ソフトウェア

市場セグメント別に分割アプリケーション
航空 & 戦術
エンジニア リング
医療
ゲーム及び催し物
スポーツ
トレーニング ・ シミュレーション
その他

市場セグメントこのレポートをカバーする地域/国別
アメリカ合衆国
ヨーロッパ
中国
日本
東南アジア
インド
中央・南アメリカ

このレポートでの学習目標は次のとおりです。
グローバル仮想網膜 Display(VRD) 状態、将来予測、成長の機会を分析、主な市場および主要企業。
アメリカ合衆国、ヨーロッパと中国で仮想網膜 Display(VRD) 開発を提示。
戦略的にキープレーヤーをプロファイル化し、開発計画と戦略を総合的に分析します。
定義するには、説明し、製品の種類、市場およびキーの地域別市場の予測します。

@ 完全なレポートの詳細https://www.wiseguyreports.com/reports/3710766-global-virtual-retinal-display-vrd-market-size-status-and-forecast-2019-2025

目次-ポイントの分析

1 レポートの概要
1.1 調査範囲
1.2 重要な市場セグメント
1.3 プレーヤー カバー
種類によって1.4 市場分析
1.4.1 グローバル仮想網膜 Display(VRD) 市場サイズ成長率型 (2014-2025)
1.4.2 ハードウェア
1.4.3 ソフトウェア
1.5 市場のアプリケーションで
1.5.1 グローバル仮想網膜 Display(VRD) 市場シェア アプリケーション (2014-2025)
1.5.2 航空 & 戦術
1.5.3 工学
1.5.4 医療
1.5.5 ゲーム及び催し物
1.5.6 スポーツ
1.5.7 訓練・ シミュレーション
1.5.8 その他
1.6 研究の目的
1.7 年と見なされます

2 世界的な成長動向
2.1 仮想網膜 Display(VRD) 市場規模
2.2 仮想網膜 Display(VRD) 地域成長動向
2.2.1 仮想網膜 Display(VRD) 市場規模地域 (2014-2025)
2.2.2 仮想網膜 Display(VRD) 市場シェア (2014 ~ 2019 年) の地域
2.3 業界の動向
2.3.1 市場トレンド
2.3.2 市場ドライバー
2.3.3 市場機会

キープレーヤー 3 市場シェア
メーカー 3.1 の仮想網膜 Display(VRD) 市場規模
3.1.1 グローバル仮想網膜 Display(VRD) 収益メーカー (2014-2018 年)
3.1.2 グローバル仮想網膜 Display(VRD) 収益シェア メーカー (2014-2018 年)
3.1.3 グローバル仮想網膜 Display(VRD) 市場濃度比 (CR5 と HHI)
3.2 仮想網膜 Display(VRD) キー選手本社・ エリアを提供しています
3.3 主要なプレーヤー仮想網膜 Display(VRD) 製品/ソリューション/サービス
3.4 日仮想網膜 Display(VRD) 市場に参入
3.5 合併と買収、拡張計画

.

12 国際的な選手プロフィール
12.1 Avegant
12.1.1 Avegant 会社概要
12.1.2 会社概要と事業概要
12.1.3 仮想網膜 Display(VRD) 導入
12.1.4 Avegant 仮想網膜 Display(VRD) ビジネス (2014-2019) 売り上げ高
12.1.5 Avegant の最近の発展
12.2 Mircovision
12.2.1 Mircovision 会社概要
12.2.2 会社概要と事業概要
12.2.3 仮想網膜 Display(VRD) 導入
12.2.4 Mircovision 仮想網膜 Display(VRD) ビジネス (2014-2019) 売り上げ高
12.2.5 Mircovision の最近の発展
12.3 Google
12.3.1 Google の会社詳細
12.3.2 会社概要と事業概要
12.3.3 仮想網膜 Display(VRD) 導入
12.3.4 Google が減収仮想網膜 Display(VRD) ビジネス (2014-2019)
12.3.5 Google の最近の発展
12.4 テキサス ・ インスツル メンツ
12.4.1 テキサス楽器会社概要
12.4.2 会社概要と事業概要
12.4.3 仮想網膜 Display(VRD) 導入
12.4.4 テキサス楽器収益仮想網膜 Display(VRD) 事業 (2014-2019)
12.4.5 テキサスインスツル メンツの最近の発展
12.5 ヒット研究所
12.5.1 ヒット研究所会社概要
12.5.2 会社概要と事業概要
12. 5.3. 仮想網膜 Display(VRD) 導入
12.5.4 ヒット研究所収益ビジネス仮想網膜 Display(VRD) (2014-2019)
12.5.5 ヒット研究所の最近の発展

継続的な.

お問い合わせ。
ノラ トレント
パートナー リレーションシップ ・ マーケティング マネージャー
sales@wiseguyreports.com
www.WiseGuyReports.com
Ph: 1-646-845-9349 (米国)
Ph: 44 208 133 9349 (イギリス)

オフィス No.528,Amanora 室、Magarpatta ロード、Hadapsar、プネー 411028。

Contact Information:

Office No.528,Amanora Chambers,Magarpatta Road,Hadapsar,Pune-411028.



Keywords:    Virtual Retinal Display(VRD), Virtual Retinal Display(VRD) Market 2019, Virtual Retinal Display(VRD) Market Share, Virtual Retinal Display(VRD) Market Trends, Virtual Retinal Display(VRD) Segmentation, Virtual Retinal Display(VRD) Market Size, Virtual Retinal Display(VRD) Growth, Virtual Retinal Display(VRD) Analysis, Virtual Retinal Display(VRD) Opportunities, Virtual Retinal Display(VRD) Demand, Virtual Retinal Display(VRD) Key Players, Virtual Retinal Display(VRD) Sales, Virtual Retinal Display(VRD) Technology, Virtual Retinal Display(VRD) Application, Virtual Retinal Display(VRD) Future Drivers
Tags:    Japanese, News, Research Newswire