USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jan 31, 2019 4:56 AM ET

世界の量子ドット表示市場 2019: によるタイプ、アプリケーション、動向、成長戦略、最新動向、投資、トップ企業と 2025年まで地理学


世界の量子ドット表示市場 2019: によるタイプ、アプリケーション、動向、成長戦略、最新動向、投資、トップ企業と 2025年まで地理学

iCrowd Newswire - Jan 31, 2019

世界の量子ドット表示市場 2019年-2025

量子ドット表示は、量子ドット (QD) を使用して、ディスプレイ デバイス、半導体ナノ結晶純粋な単色の赤、緑、および青の光を作り出すことができます。

北米地域では、アジア太平洋地域、ヨーロッパ地域で続いてグローバル量子ドットのディスプレイ市場の最大の市場シェアを保持しています。成長は北アメリカ地域は米国およびカナダによって主に支配され、エネルギー効率の良いデバイスと注目家電カドミウム フリー量子ドットにおける地域の需要の増加に起因します。高度な技術の簡単な実装を可能にする確立されたインフラでもあります。

@ PDF サンプルのコピーを要求する https://www.orbisresearch.com/contacts/request-sample/2481135

量子ドットのディスプレイ市場は、2018 年に xx 万ドルと評価されました、2025 年予測期間中に xx % の CAGR で xx 百万米ドルに到達すると予測されています。本研究では 2018 とされてきました基準年と 2019 に 2025 年予測期間として量子ドット表示の市場規模を推定します。

このレポートは世界的な量子ドットのディスプレイ市場規模 (値、生産および消費)、メーカー、地域、タイプ、アプリケーションによって内訳 (データ ステータス 2014 ~ 2019 年と 2025 年までの予報) に分割します。

本研究は、市場状況、市場シェア、成長率、今後の動向、市場牽引要因、機会と課題、リスクと参入障壁、販売チャネル、販売代理店およびポーターの 5 つの力分析も分析します。

次の製造業者は、このレポートに含まれます。

サムスン電子株式会社 (韓国)

Lg 電子ディスプレイ株式会社 (韓国)

ソニー (株) (日本)

3 M 社 (アメリカ)

シャープ株式会社 (日本)

Microvision 社 (米国)

アルタイル ナノテクノロジー株式会社 (米国)

明らかテクノロジー社 (米国)

量子材料株式会社 (米国)

QD ビジョン株式会社 (米国)

Nanosys 社 (米国)

量子ドットの種類別内訳データを表示

カドミウム ・ ベース

カドミウム フリー

その他

アプリケーションによる量子ドット表示内訳データ

スマート フォン

PC モニター

タブレット PC

テレビ

その他

量子ドット表示地域別生産量

米国

ヨーロッパ

中国

日本

韓国

その他の地域

詳細については、ここでお問い合わせhttps://www.orbisresearch.com/contacts/enquiry-before-buying/2481135

このレポートには、値 (単位: 百万ドル) と体積 (単位 K) の市場規模の推定が含まれています。トップダウンとボトムアップの両方の方法は、推定および全体的な市場のさまざまな他依存なサブマーケットのサイズを推定する量子ドットのディスプレイ市場の市場規模を検証する使用されています。市場のキー ・ プレイヤーが、二次的研究を介して識別されているし、市場シェアは、プライマリとセカンダリの研究により決定されています。割合の株式、分割、故障れ二次情報源を使用する断固とした、主要な情報源を検証します。

いくつかの主な目次のポイント:

世界の量子ドット表示市場レポート 2019

第 1 章: 研究カバレッジ
第 2 章エグゼクティブ ・ サマリー
第 3 章: 市場規模のメーカーを
第 4 章: 量子ドット表示地域別生産
第 5 章: 量子ドット表示地域別消費
種類別の第 6 章: 市場規模
第 7 章: アプリケーション市場規模
第 8 章: 製造業者のプロファイル
第 9 章: 生産予測
第 10 章: 消費予測
第 11 章: バリュー チェーンと販売チャネルの分析
12 章: 市場機会・課題、リスクおよび影響要因分析
第 13 章: 世界的な量子ドット表示における主な調査結果

我々について:

オルビス研究 (orbisresearch.com)、あなたの市場調査要件の一点です。世界有数の出版社や著者からのレポートの広大なデータベースがあります。弊社は、お客様の要件に従ってカスタマイズされたレポートを提供します。私達の出版業者について完全な情報を持っているし、それ故に産業の精度とその専門分野の業種についてよろしい。これにより、お客様のニーズをマップする、我々 の我々 のクライアントの完全な必要な市場調査研究生成します。

お問い合わせ: ヘクター コステロ シニア マネージャー クライアント契約 4144N 中央高速道路、スイート 600、ダラス、テキサス – 75204、米国
電話番号: 1 (214) 884-6817; 912064101019 詳細については、sales@orbisresearch.com にお問い合わせください。

Contact Information:

Contact Us:
Hector Costello
Senior Manager ? Client Engagements
4144N Central Expressway,
Suite 600, Dallas,
Texas - 75204, U.S.A.
Phone No.: +1 (214) 884-6817; +912064101019
For more information contact sales@orbisresearch.com



Keywords:    Quantum Dot Display Market, Quantum Dot Display Market, Quantum Dot Display Market Report, Quantum Dot Display Market Research Report, Quantum Dot Display Market Analysis, Quantum Dot Display Market Forecast, Quantum Dot Display Market Business Development, Quantum Dot Display Market Research Analysis, Quantum Dot Display Market Trends
Tags:    Extended Distribution, Japanese, News, Research Newswire, Wire