USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Feb 25, 2019 6:01 AM ET

アプリケーション、エンドユーザー、サイズ、共有、傾向およびセグメントによる強誘電体の RAM 市場レポート予測 2019 に 2024


アプリケーション、エンドユーザー、サイズ、共有、傾向およびセグメントによる強誘電体の RAM 市場レポート予測 2019 に 2024

iCrowd Newswire - Feb 25, 2019

グローバル強誘電体メモリ市場

WiseGuyRerports.com プレゼント」グローバル強誘電体メモリ市場メーカー、地域、タイプ、アプリケーションによって 2019 2024年ことが予想「その研究データベースに新しいドキュメント。レポートには、詳細な分析と 124 ページが含まれています。

説明

強誘電体メモリ (FeRAM、F RAM またはフラム) ランダム アクセス メモリは、DRAM が誘電体層の代わりに強誘電体層を用いた非揮発性を達成するために建設に似ています。FeRAM はフラッシュ メモリとして同じ機能を提供することができます代替の非揮発性ランダム アクセス メモリ技術の成長数は 1 つです。

レポートの範囲:
強誘電体メモリは MIT の大学院生ダドリー ・ アレンの木びき台彼の修士論文、デジタル情報ストレージの強誘電体によって提案され、切り替え、1952 年に公開されました。FeRAM の開発は、1980 年代後半に始まった。うち、紫外線のパルスを用いた非破壊読み出しの新規メソッドを含む読み取りの方法の改善に NASA のジェット推進研究所で 1991 年に行われました。現在 FeRAM の技術の多くは、ラムトロン、ファブレス半導体会社によって開発されました。1 つの主要なライセンシーは FeRAM 機能を備えた最大半導体ファウンドリ生産ラインではおそらく何かを運営する富士通です。1999 年以来にわたり、彼らは Feram、スタンドアロンと埋め込み Feram で特殊なチップ (例: スマート カードのチップ) を生産するのににこの行を使用しています。

取得サンプル レポート @ https://www.wiseguyreports.com/sample-request/3741521-global-ferroelectric-ram-market-2019-by-manufacturers-regions

強誘電体メモリ グローバル市場、特に北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東、アフリカを中心に報告します。このレポートは、市場に基づいて、メーカー、地域、タイプ、アプリケーションを分類します。

市場セグメント各社では、このレポートをカバー
サイプレスセミ コンダクター
富士通
テキサス ・ インスツル メンツ
IBM
インフィニオン

市場セグメント別に地域、地域分析カバー
北アメリカ (アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ)
ヨーロッパ (ドイツ、フランス、イギリス、ロシア、イタリア)
アジア太平洋 (中国、日本、韓国、インド、東南アジア)
南アメリカ (ブラジル、アルゼンチン、コロンビアなど)
中東・ アフリカ (サウジアラビア、アラブ首長国連邦、エジプト、ナイジェリア、南アフリカ共和国)

カバーの種類別市場セグメント
シリアル メモリ
並列メモリ
その他

市場セグメントのアプリケーションで、分けることができます。
スマート メーター
自動車エレクトロニクス
医療機器
ウェアラブル デバイス

完全なレポートの詳細@ https://www.wiseguyreports.com/reports/3741521-global-ferroelectric-ram-market-2019-by-manufacturers-regions

目次の主なポイント

1 市場の概要
1.1 強誘電体メモリの導入
1.2 市場分析の種類によって
1.2.1 シリアル メモリ
1.2.2 並列メモリ
1.2.3 その他
1.3 市場分析アプリケーション
1.3.1 スマート メーター
1.3.2 自動車エレクトロニクス
1.3.3 医療機器
1.3.4 ウェアラブル デバイス
1.4 市場地域別分析
1.4.1 北米 (アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ)
1.4.1.1 アメリカ合衆国市場と展望 (2014-2024)
1.4.1.2 カナダ国における市場と展望 (2014-2024)
1.4.1.3 メキシコ国における市場と展望 (2014-2024)
1.4.2 ヨーロッパ (ドイツ、フランス、イギリス、ロシア、イタリア)
1.4.2.1 ドイツ国における市場と展望 (2014-2024)
1.4.2.2 フランス国における市場と展望 (2014-2024)
1.4.2.3 英国市場状態と展望 (2014-2024)
1.4.2.4 ロシア国における市場と展望 (2014-2024)
1.4.2.5 イタリア市場状態と展望 (2014-2024)
1.4.3 アジア太平洋地域 (中国、日本、韓国、インド、東南アジア)
1.4.3.1 中国市場状態と展望 (2014-2024)
1.4.3.2 日本国における市場と展望 (2014-2024)
1.4.3.3 韓国市場状態と展望 (2014-2024)
1.4.3.4 インド国における市場と展望 (2014-2024)
1.4.3.5 東南アジア市場状態と展望 (2014-2024)
1.4.4 南アメリカ、中東、アフリカ
1.4.4.1 ブラジル国における市場と展望 (2014-2024)
1.4.4.2 エジプト国における市場と展望 (2014-2024)
1.4.4.3 サウジ アラビア国における市場と展望 (2014-2024)
1.4.4.4 南アフリカ市場状態と展望 (2014-2024)
1.4.4.5 トルコ市場アメリカと展望 (2014-2024)
1.5 市場のダイナミクス
1.5.1 市場機会
1.5.2 市場リスク
1.5.3 市場推進力

2 メーカーのプロファイル
2.1 サイプレスセミ コンダクター
2.1.1 事業概要
2.1.2 強誘電体メモリの種類と応用
2.1.2.1 製品 A
2.1.2.2 製品 B
2.1.3 サイプレス半導体強誘電体メモリ販売、価格、収益、粗利益と市場シェア (2017-2018 年)
2.2 富士通
2.2.1 事業概要
2.2.2 強誘電体メモリの種類と応用
2.2.2.1 製品 A
2.2.2.2 製品 B
2.2.3 富士通強誘電体メモリ販売、価格、収益、売上総利益率、市場シェア (2017-2018 年)
2.3 テキサス ・ インスツル メンツ
2.3.1 事業概要
2.3.2 強誘電体メモリの種類と応用
2.3.2.1 製品 A
2.3.2.2 製品 B
2.3.3 テキサス楽器強誘電体メモリ売上、価格、売り上げ高、売上総利益率と市場シェア (2017-2018 年)
2.4 IBM
2.4.1 事業概要
2.4.2 強誘電体メモリの種類と応用
2.4.2.1 製品 A
2.4.2.2 製品 B
2.4.3 IBM 強誘電体メモリ販売、価格、収益、売上総利益率、市場シェア (2017-2018 年)
2.5 インフィニオン
2.5.1 事業概要
2.5.2 強誘電体メモリの種類と応用
2.5.2.1 製品 A
2.5.2.2 製品 B
2.5.3 インフィニオン強誘電体メモリ販売、価格、収益、売上総利益率、市場シェア (2017-2018 年)

.続けた

ノラ トレント パートナー関係・ マーケティング マネージャー sales@wiseguyreports.com www.wiseguyreports.com Ph: 1-646-845-9349 (米国) Ph: 44 208 133 9349 (イギリス)

Contact Information:

NORAH TRENT

Partner Relations & Marketing Manager

sales@wiseguyreports.com

www.wiseguyreports.com

Ph: +1-646-845-9349 (US)

Ph: +44 208 133 9349 (UK)?????????????



Keywords:    Ferroelectric RAM , Ferroelectric RAM Market, Ferroelectric RAM Market Trend, Ferroelectric RAM Market Segmentation, Ferroelectric RAM Market Forecast to 2019
Tags:    Japanese, News, Research Newswire