USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Feb 27, 2019 1:54 AM ET

フラーレン市場細分化、パラメーターおよび 2019 に 2023 の展望市場調査報告書


iCrowd Newswire - Feb 27, 2019

世界のフラーレン産業

賢明な男レポート データベースに追加の「予報 2019-2023 フラーレン市場分析、機会成長需要グローバル重要なプレーヤー」新しい研究

フラーレンには、エレクトロニクス、自動車、航空機、エネルギー ・防衛分野を含む広まったアプリケーションがあります。ますますそれが保有の特性として、世界中で採用されています。フラーレンは、フラーレンの構造の原子の間の結合は金属に比べて非常に強い特別な強さを展示として幅広いアプリケーションを検索します。また、5-6 回鋼など従来の金属よりも強いです。フラーレンのような利点は、市場の成長に貢献します。

@ サンプル レポートをみてください。 https://www.wiseguyreports.com/sample-request/3671991-global-fullerene-market-research-and-forecast-2018-2023

フラーレンは、鋼または様々 な他の金属の代替として使用できます。それは、自動車産業、航空、防衛、電磁波シールドなどのアプリケーションの広い範囲で使用できます。電子、輸送部門は、主要な市場予測期間中にシェアを持つと推定されます。市場の成長を増大させる主要な要因豊富なリソース、高温度範囲より良い導電性、機械的及び炎の他の金属と比較してプロパティ。市場の主要な抑制は現在の技術と比較して技術の技術の高いコストと複雑さです。

フラーレン市場は北アメリカに分割地理に基づいてアジア太平洋地域、ヨーロッパおよび世界の残りの部分。北アメリカは、ヨーロッパとアジア太平洋地域に続いて主要な市場シェアを持っている予想されています。北アメリカの市場は、航空、航空機・防衛、ハイエンド (LED ・液晶テレビ) テレビの増加、市場やその他エレクトロニクス製品の重量の防衛の増加投資削減の必要とするため強化する予定です。また、ヨーロッパでは、予測期間中にかなりのシェアを持っている期待されても。

グローバル フラーレン市場で選手には、アレイ国際グループ株式会社アルケマ S.A、カーボン ソリューション株式会社、MTR 株式会社、株式会社ナノ C、Nanocyl s. a.、東レ産業株式会社 TCI ヨーロッパ n. v. などが含まれます。企業は、最近の期間でそれらによって採用戦略に関する情報を取得するためにさまざまな側面で研究されています。企業フラーレン市場で実装している主な活動は、合併と買収、製品の発売、地理的拡大。

研究の方法

グローバル フラーレン市場の市場調査は、OMR の研究チームが実施した大規模なプライマリとセカンダリの研究によって組み込まれます。セカンダリの研究は、様々 なセグメントで市場を打破、総市場サイズ、市場予測、および成長率の導出に利用できるデータを絞り込むに行われています。別のアプローチは市場価値と市場成長率を導出するに解決されました。私たちのチームは、事実と異なる地理的地域のより良い見通しを提供するから、市場に関連するデータを収集します。レポートでは、国レベルの分析は、様々 な地域の選手、地方税法と政策、消費者行動とマクロ経済要因の分析によって提供されます。二次調査から抽出された数値は、プライマリの適切な研究を行うことにより認証されています。業界からキーパーソンを追跡し、データを検証するそれらにインタビューが含まれています。これにより、実際の数では、主要な差異のない最も近い可能な数値を取得する私たちのアナリスト。当社のアナリストは、多くの役員、マネージャー、リーダー、および業界の専門家に連絡してください。主な研究は、私たちのレポートの信頼性をもたらします。

二次情報源があります。

主要な市場プレーヤーの財務報告
会社のウェブサイトおよびその製品カタログ
地理的な場所の主要な市場プレーヤーと彼らの最近の展開
新技術の開発とフィールドでの技術革新
報告書は、ナノテクノロジー、政府組織または全体的な市場分析や競合分析、投資企業の企業取引を製造、研究者用です。レポートでは、市場規模に関する詳細分析、市場、製品の種類で成長の機会を提供します。レポートは、徹底的に異なるモデルを統合市場の 360 度分析のための源となります。

市場のセグメンテーション

グローバル フラーレン市場調査・分析の種類によって
グローバル フラーレン市場調査と解析アプリケーション
グローバル フラーレン市場調査、地域別分析
レポート カバー:

これは、レポートもグローバルのフラーレンの包括的な研究方法論には、アナリストに聞くと重要な市場動向の詳細と豊富な市場の概要が含まれています。
マクロとミクロ要因主な推奨事項に導かれる市場の網羅的解析。
地域規制とグローバル フラーレンに影響を与える他の政府政策の分析
グローバルのフラーレンを促進する市場の決定要因についての洞察
予想収益の地域分布の詳細と豊富な市場セグメント。
豊富なプロファイルと市場 players.Companies 述べられた最新動向
1. アメリカ色素ソース株式会社
2. アルケマ社
3. アレイ国際集団有限公司
4. 炭素ソリューションズ (株)
5. 安い管 (株)
6. フロンティア カーボン (株)
7. 当社の社
8. ハイペリオン触媒インターナショナル (株)
9. Iolitec イオン液体テクノロジー社
10. 材料技術研究 (株)
11. 材料と電気化学的研究 (株)
12. ナノ C 社
13. Nanocyl SA
14. Nanointegris (株)
15. Plasmachem GmbH
16. Reade インターナショナル (株)
17. 昭和電工 (株)
18. ライヒホールド化学株式会社
19 TCI ヨーロッパ n. v.
20 東レ

の詳細な読書をご覧ください賢明なるレポート @ https://www.wiseguyreports.com/reports/3671991-global-fullerene-market-research-and-forecast-2018-2023

いくつかのメジャーはテーブルからコンテンツのポイント:

チャプター 1。レポートの概要
1.1 研究方法とツール
1.2 市場の内訳
1.2.1。 セグメント別
1.2.2。 地理学によって
1.2.3。 利害関係者
章 2。市場の概要と洞察力
2.1 定義
2.2 アナリストの見解と現在の市場動向
2.2.1 主な調査結果
2.2.2 推薦
2.2.3 結論
2.3. の規則・規制
章 3。市場要因
3.1 動機
3.1.1。 体重 & ことが従来の金属よりサイズの小さい光
3.1.2 自動車業界で普及
3.1.3。 新しい機会電気・電子
3.1.4。 太陽光発電におけるフラーレンの採用
3.2. 拘束
3.2.1。 ハイエンド技術したがって作業することは困難
3.2.2。 高い製造コスト
3.3 機会
3.3.1。 ナノテクノロジーのための資金の増加
章 4。市場のセグメンテーション
4.1. グローバル フラーレン市場型
4.1.1。 バッキー ボール
4.1.2 カーボンナノ
4.1.3 その他
4.2 グローバル フラーレン市場アプリケーション
4.2.1。 エレクトロニクス
4.2.2 自動車
4.2.3。 航空・航空宇宙
4.2.4 その他
章 5。競争力のある風景
5.1. キー企業分析
5.2. キー戦略の分析
章 6。地域分析
6.1. 北アメリカ
6.1.1. アメリカ合衆国
6.1.2。 カナダ
6.2 ヨーロッパ
6.2.1。 英国
6.2.2。 ドイツ
6.2.3。 イタリア
6.2.4。 スペイン
6.2.5。 フランス
6.2.6。 明太子
6.3. アジア太平洋
6.3.1 インド
6.3.2。 中国
6.3.3 日本
6.3.4。 アジア太平洋地域の残りの部分
6.4. 世界の残りの部分

継続的な.

詳細については、任意のクエリのメールでsales@wiseguyreports.com

我々について
賢明な男レポート、賢明な男コンサルタント会社の一部でありプレミアム進歩的な統計調査、市場調査レポート、産業や世界各国の政府の分析・予測データを提供しています。賢明な男のレポートはどのように重要な統計調査を理解する組織や協会の情報です。したがって、我々 はトップの出版社と関連付けられている、最も信頼性の高い、最新の研究データを受け取る確保特定ドメインに特化した調査会社すべて。

お問い合わせ: ノラ トレント 1 646 845 9349 44 208 133 9349 を追い、LinkedIn の上: https://www.linkedin.com/company/wise-guy-research-consultants-pvt-ltd-?trk=biz-companies-cym

Contact Information:

Contact Us:
Norah Trent
+1 646 845 9349 / +44 208 133 9349
Follow on LinkedIn:?https://www.linkedin.com/company/wise-guy-research-consultants-pvt-ltd-?trk=biz-companies-cym



Tags:    Japanese, News, Research Newswire