USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Feb 28, 2019 5:25 AM ET

世界的に注目の赤字多動性障害 (ADHD) 市場展望 2018 成長ドライバー、機会


世界的に注目の赤字多動性障害 (ADHD) 市場展望 2018 成長ドライバー、機会

iCrowd Newswire - Feb 28, 2019

概要:

という新しい市場調査」世界的な注意欠陥多動性障害 (ADHD)市場研究レポート、分析、概要、動向 2018」 WiseGuyReports で紹介されている

導入

DelveInsight の注意欠陥多動性障害 (ADHD) – 市場の洞察力、疫学および市場予測-2027′ レポート提供病気過去 & 予想疫学、市場の深い理解アメリカ合衆国, EU5 の注意欠陥多動性障害 (ADHD) の動向 (ドイツ、スペイン、イタリア、フランス、イギリス) と日本。

レポートは、現在の治療法は、薬を新興市場シェア個々 の治療法の現在および予想の市場サイズ注意欠陥多動性障害 (ADHD) の 2016 年から 2027 7 つの主要な市場に細分化を提供します。レポートは、現在治療の実践/アルゴリズム、市場牽引要因、市場障壁、満たされていない医療ニーズ バーテン最高の機会と市場の基になる可能性を評価するにもカバーしています。

覆われた地理学

研究期間: 2016-2027 年

注意欠陥多動性障害 (ADHD) – 病気の理解と治療のアルゴリズム

米国精神医学会によると注意欠陥多動性障害 (ADHD) は脳/神経/神経障害で、子供に影響を与える最も一般的な精神疾患の一つです。病気では、多くの大人も影響します。注意欠陥多動性障害 (ADHD) の症状 (フォーカスを維持することができるされていない、) 不注意多動性 (設定が収まらない過剰運動)、衝動性 (思考なしの瞬間に発生する性急な行為)。

よると国立衛生研究所の精神的な不注意と多動性・衝動性は、注意欠陥多動性障害 (ADHD) の主要な動作です。注意欠陥多動性障害 (ADHD) の人は、行動のいずれかの問題をだけが、不注意と多動性-衝動性の両方。ほとんどの子供たち注意欠陥多動性障害 (ADHD) の複合型であります。3 つのタイプの 1 つとして ADHD を診断: 不注意なタイプ、多動/衝動的なタイプまたは複合タイプ。

DelveInsight 注意欠陥多動性障害 (ADHD) の市場レポートは、疾患の定義、症状、原因、病態生理と診断などの詳細情報を含めることによって、ADHD の徹底的な理解を提供します。また、治療アルゴリズムと治療ガイドライン米国、ヨーロッパ、日本で注意欠陥多動性障害 (ADHD) のため。

注意欠陥多動性障害 (ADHD) 疫学

注意欠陥多動性障害 (ADHD) 疫学部は、すべての 7 の主要な国の歴史と現在の患者のプール、予想の傾向についての洞察を提供します。それは多数の研究とオピニオン リーダーの見解を探索することで現在および予想の動向の原因を認識するのに役立ちます。DelveInsight レポートのこの部分は、診断された患者プールと実施の前提条件と共に彼らの動向にも提供します。

レポートの対象疾患疫学提供予想疫学 [分割として有病率の注意欠陥多動性障害 (ADHD)、年齢特定流行するケースの注意欠陥多動性障害 (ADHD、歴史)、注意欠陥多動性障害 (ADHD) の診断と治療例] シナリオ 7 MM で注意欠陥多動性障害 (ADHD) の EU5 国 (ドイツ、スペイン、イタリア、フランス、イギリス)、米国をカバーし、日本から2016-2027 年。

よると国立衛生研究所の精神、これまで 2003 (7.8%) の 42% 増の ADHD と診断された子どもの有病率2011 年 (11.0%)。

国立併存疾患調査思春期サプリメント (NCS-A)、に従ってを 8.7% 米国の若者の間で ADHD の有病率高齢 13 から 18 年寿命が見つかりました。

ADHD に関するナショナル リソース センターによると世界アダルト ADHD 有病率の推定値は 3.4% を平均しました。

ADHD 研究所によるとメタ回帰分析は 5.29% および 7.1% 3.4% (範囲 1.2-7.3%)、児童・思春期の間世界中の ADHD の有病率を推定しています。成人。注意欠陥多動性障害 (ADHD) の有病率は男性 (60%) の大きい女性 (40%)。

注意欠陥多動性障害 (ADHD) 薬物章

注意欠陥多動性障害 (ADHD) レポートのこのセグメントは、市販薬と後半ステージ (第 III 相および第 II 相) パイプライン薬の詳細な分析を囲みます。臨床試験の詳細、表現力豊かな薬理作用、契約、コラボレーション、承認を理解するのにも役立ち、特許の詳細、長所と短所それぞれの薬剤と最新のニュースやプレス リリースが含まれています。

現在利用可能な治療は、症状を軽減し、機能を向上させるを助けることができます。治療には、薬、心理療法、教育や訓練、または治療法の組み合わせが含まれます。注意欠陥多動性障害 (ADHD) の最も一般的に処方薬の特定のクラスには、覚醒剤が含まれます。よく忍容性にこれらの興奮剤の薬物と見られるし、彼らは迅速に行動。注意欠陥障害の一般的規定する興奮剤の薬物には、メチルフェニ デート (リタリン、コンサータ、牡丹、における)、特定のアンフェタミン (デキセドリン、アデロールなど) が含まれます。

注意欠陥障害の治療のため承認されたその他の新しい医薬品には、ストラテラ (イーライ ・ リリー) と Vyvanse (シャイア) が含まれます。これらの薬は通常、脳の別の方法で覚醒剤が法に同様のメリットを提供します。抗うつ薬は、いくつかのケースでまた与えられます。すべてのこれらの ADHD 薬ただしに関連づけられる特定の副作用などは低下の食欲不振、不眠症と不安を減少します。覚醒剤は注意欠陥多動性障害 (ADHD) の治療に有効であることも示されているが、アクションの短い持続期間は潜在的な制限を示しています。

サノビオン、東洋製薬、NeuroDerm などいくつかの他多くの選手は、注意欠陥多動性障害の治療法開発に関与しています。Dasotraline (サノビオン) や ND0801 などの新たな治療法の起動 (NeuroDerm) など、ADHD の治療風景を今後数年間で大幅に変更予定します。

注意欠陥多動性障害 (ADHD) 市場の見通し

市場、満たされていないニーズ、ドライバーの現在の治療法の影響を分析することによって市場の歴史的な現在および予測動向の詳細な理解を構築することができますレポートの注意欠陥多動性障害 (ADHD) の市場見通し障壁とより良い技術の需要。

このセグメントは、それぞれの市販薬の市場動向のを介しての詳細を与えるし、その影響を評価することによって後期パイプライン療法に基づいて療法、包含と除外基準の年間コスト遵守率、成長の必要性、作用機序、市場、患者プールの増加が予想される患者のセグメントを覆われて発売年、他の治療法、ブランド価値、市場およびキーオピニオン リーダー観に与える影響との競争。計算される市場データは、関連するテーブルとグラフを一目で市場の明確な見解を与えるに掲載されています。

DelveInsight によると 7 MM で注意欠陥多動性障害 (ADHD) の市場は、2016-2027 年から変更する予定です。

注意欠陥多動性障害 (ADHD) 薬の取り込み

このセクションでは、最近市場で発売する潜在的な薬剤の吸収率に焦点を当てや 2016-2027 年から研究期間中に市場投入を得る。分析対象市場吸収薬;患者吸収療法・各薬品の販売。

これは最も急速な吸収、新しい薬の最大の使用の背後にある理由で薬を理解するのに役立ちます、市場シェアと市場取り込みと重要な要因の調査に有用である再度のサイズに基づいて薬の比較が可能財務や規制上の意思。

@Get サンプル レポートhref =”https://www.wiseguyreports.com/sample-request/3320981-attention-deficit-hyperactivity-disorder-adhd-market-insights-epidemiology”> https://www.wiseguyreports.com/sample-request/3320981-attention-deficit-hyperactivity-disorder-adhd-market-insights-epidemiology

注意欠陥多動性障害 (ADHD) レポート洞察力

注意欠陥多動性障害 (ADHD) レポート強み

注意欠陥多動性障害 (ADHD) レポート評価

主な利点

@Get https://www.wiseguyreports.com/reports/3320981-attention-deficit-hyperactivity-disorder-adhd-market-insights-epidemiologyでのレポートの詳細

目次

  1. レポートの概要
  2. 一目で注意欠損多動性障害 (ADHD) 市場の概要

2.1 注意欠陥多動性障害 (ADHD) 2017 年の 7 主要な市場規模

2.2 注意欠陥多動性障害 (ADHD) 2027 の 7 主要な市場規模

  1. 疾患の背景と概要: 注意欠陥多動性障害 (ADHD)

3.1. はじめに

3.2 原因

3.3 病態

3.4. 症状

3.5 危険因子

3.6 診断

  1. 疫学と患者集団

4.1. 前提条件と注意事項

4.2 7 MM 流行するケースの注意欠陥多動性障害 (ADHD) (2016-2027 年)

4.3 7 MM 年齢特定有病率の注意欠陥多動性障害 (ADHD) (2016-2027 年)

4.4 7 MM 診断と注意欠陥多動性障害 (ADHD) (2016-2027 年) の治療例

4.5. 注意欠陥多動性障害 (ADHD): 国-賢明な疫学

4.6. アメリカ合衆国

4.6.1 仮定および理論的根拠

4.6.2。 流行するケースの注意欠陥多動性障害 (ADHD) アメリカ合衆国 (2016-2027 年)

4.6.3。 年齢特定有病率の注意欠陥多動性障害 (ADHD) アメリカ合衆国 (2016-2027 年)

4.6.4. 診断と治療注意欠陥多動性障害 (ADHD) (2016-2027 年) アメリカ合衆国の事例

4.7. EU 5

4.8 仮定および理論的根拠

4.9。 ドイツ

4.9.1。 流行するケースの注意欠陥多動性障害 (ADHD) (2016-2027 年)

4.9.2。 年齢特定有病率ドイツ (2016-2027 年) 注意欠陥多動性障害 (ADHD)

4.9.3. 診断と治療注意欠陥多動性障害 (ADHD) ドイツ (2016-2027 年) の事例

4.10. フランス

4.10.1。 流行するケースの注意欠陥多動性障害 (ADHD) フランス (2016-2027 年)

4.10.2。 年齢特定有病率フランス (2016-2027 年) 注意欠陥多動性障害 (ADHD)

4.10.3. 診断と治療注意欠陥多動性障害 (ADHD) フランス (2016-2027 年) の事例

4.11. イタリア

4.11.1。 流行するケースの注意欠陥多動性障害 (ADHD) イタリア (2016-2027 年)

4.11.2。 年齢特定有病率の注意欠陥多動性障害 (ADHD) イタリア (2016-2027 年)

4.11.3。 診断と治療注意欠陥多動性障害 (ADHD) イタリア (2016-2027 年) の事例

4.12 スペイン

4.12.1。 流行するケースの注意欠陥多動性障害 (ADHD) スペイン (2016-2027 年)

12.2 4.. 年齢特定有病率の注意欠陥多動性障害 (ADHD) スペイン (2016-2027 年)

4.12.3。 診断と治療注意欠陥多動性障害 (ADHD) スペイン (2016-2027 年) の事例

4.13。 イギリス

4.13.1。 流行するケースの注意欠陥多動性障害 (ADHD) 英国 (2016-2027 年)

13.2 4.. 年齢特定有病率イギリス (2016-2027 年) 注意欠陥多動性障害 (ADHD)

4.13.3。 診断と治療注意欠陥多動性障害 (ADHD) (2016-2027 年) 英国の事例

4.14 日本

4.14.1。 流行するケースの注意欠陥多動性障害 (ADHD) 日本 (2016-2027 年)

4.14.2。 年齢特定有病率の注意欠陥多動性障害 (ADHD) 日本 (2016-2027 年)

4.14.3。 診断と治療注意欠陥多動性障害 (ADHD) 日本 (2016-2027 年) の事例

  1. 治療・医療行為

5.1 治療アルゴリズム

5.2. 治療ガイドライン

  1. 市販されている薬

6.1. ストラテラ: イーライ ・ リリー

6.1.1 製品の説明

6.1.2。 作用機序

6.1.3。 規制マイルス トーン

6.1.4 その他の取り組み

6.1.5。 安全性と有効性

6.1.5.1 長所と短所。

6.1.5.2 製品プロファイル

6.2. Vyvanse: シャイア

6.2.1 製品説明

6.2.2。 作用機序

6.2.3。 規制マイルス トーン

6.2.4 その他の取り組み

6.2.5。 安全性と有効性

6.2.5.1 長所と短所。

6.2.5.2 製品プロファイル

  1. 新たな治療法

7.1. キー間競争

7.2. Dasotraline: サノビオン

7.2.1。 規制マイルス トーン

7.2.2 臨床開発

7.2.3 製品プロファイル

7.2.4 臨床パイプラインのアクティビティ

7.2.4.1。 進行中の試験情報

7.2.4.2。 臨床試験フェーズ

7.3. ND0801: NeuroDerm

7.3.1。 規制マイルス トーン

7.3.2 臨床開発

7.3.3 製品プロファイル

7.3.4 臨床パイプラインアクティビティ

7.3.4.1。 進行中の試験情報

7.3.4.2。 臨床試験フェーズ

続きを.

我々について:

賢明な男レポート、賢明な男研究コンサルタント株式会社の一部でありプレミアム進歩的な統計調査、市場調査レポート、産業や世界各国の政府の分析・予測データを提供しています。

ノラ トレント sales@wiseguyreports.com Ph: 1-646-845-9349 (米国) Ph: 44 208 133 9349 (イギリス)

Contact Information:

NORAH TRENT??????????????????????????????????????????????????????

sales@wiseguyreports.com???????

Ph: +1-646-845-9349 (US)???????????????? ?????????

Ph: +44 208 133 9349 (UK)????????



Keywords:    Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) Market, Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) Market analysis, Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) Market industry trends, Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) Market size, Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) Market share, Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) Market Key players, Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) Market Research report, Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) Market sample report, Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) Overview, Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) Market growth, Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) Market outlook, Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) Market Trends, Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) Market Price, Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) Market future trends,
Tags:    Japanese, News, Research Newswire