USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Mar 15, 2019 8:03 AM ET

Ortec ファイナンス: テンポの速いエネルギー遷移は今後 10 年間で 6 パーセント ・ ポイントによって世界の株式のリターンを増加すると予想


iCrowd Newswire - Mar 15, 2019

ロッテルダム, オランダ今日 Ortec 金融、大手プロバイダーの技術とソリューションのリスクし、返却管理、ケンブリッジに計量経済学との提携で初全身気候リスク シナリオのソリューションを起動します。新たに開発した全身気候-リスク経済・金融の見通しを示す、低炭素社会への急速なシフト、気候弾力性のある経済は短期的には、ビジネスとして、通常と比較しての投資家に対してより魅力的なリターンを生成する可能性があります注意してください。シナリオします

発生するテンポの速いグローバル エネルギー遷移、見做されます、企業、政府、消費者、炭素排出を減らす整然とした方法で平均地球温暖化が 1.5 ° c. に制限されるようOrtec 金融の新しい全身気候リスク シナリオのソリューションによって提供される定量化された洞察力は、地球規模の炭素排出量の管理が行き届き、急激な削減が投資家のための大きい機会を保持していることを強調表示します。広大な新技術、緑のインフラ整備、エネルギー効率、人材開発-投資排出量を大幅に下げる必要があります経済成長および投資のすべての強力な基本的なドライバーを返します。短い不動返しを実行し、永続的に低い成長の状況にもロックの投資家を可能性がありますを意味する整然とした方法で移行に失敗した、その一方で。これは構造的に地球温暖化の高度の物理的な影響は、人間の経済活動を支援する私たちの惑星の能力を弱体化させるためです。

「このソリューション開発本当に痛感した全身気候変化関連リスクを戦略的な投資の意思決定にメッセージを。我々 は、したがって、すべての他の経済・金融のリスク ドライバーとともに全身の気候変動のリスクを検討してください。伝統的な金融モデリング、ALM/さぁ、例えば今提供できる気候リスクを認識洞察力と”-トン バン welie し、CEO Ortec 金融

Ortec 金融の研究は、全身自然気候変化関連リスクの考慮の機会を投資家のためのキーであることを示しています。気候変動が個々 の水準で企業に影響を与えるだけでなく経済が全体として実行する方法への影響も根本的には。現在、ほとんどの投資家は、魅力や可能性のある個々 の企業や他の保有から売却して気候変動のリスクを管理するのに焦点を当てるようです。在庫ピッキングは GDP、金利とインフレは真剣に気候変動によって影響を受けるので、経済より広範な波及効果を管理するのに十分なものではないでしょう。

Ortec 金融全身気候リスク シナリオのソリューションは、定量化された全身気候リスクと機会の様々 な地球温暖化経路に関連付けられている伝統的なマルチ地平線実世界のシナリオのセットを統合するには、その種の最初のツールです。これらの全身気候リスク対応シナリオ セットを通じて、投資戦略を強化する投資家を有効にします。

Ortec の財政について

Ortec の金融は、テクノロジーとリスク ・ リターン管理ソリューションのリーディングプロバイダーです。Ortec 金融投資決定の複雑さを管理する人々 を有効にする目的です。我々 は、一流の技術と投資意思決定、世界中の金融機関にソリューションを提供し、これを行います。高度なモデル、革新的な技術と市場についての深い知識の効果的な組み合わせで強みです。

Ortec の金融気候と ESG ソリューションの詳細についてはこちらです。

ケンブリッジ計量経済学について

30 年以上、30 以上の経済学者分析・ モデリング分野の広い範囲にわたって熟練したケンブリッジ計量経済学が貴重な洞察クライアントに提供する経済・社会・環境問題の広い範囲で。貴重な洞察力の証拠に基づいて、データ分析と経済モデルの定量的アプローチができます。

ケンブリッジ計量経済学の有名なグローバルなマクロ計量経済モデル (E3ME) は、主要な経済・経済・環境の政策課題に対応する設計されています。そのタイプの最も先進的なモデルの一つ、最後の 20 年にわたって開発です。

ケンブリッジ計量経済学の E3ME モデルの詳細についてはこちらです。

Contact Information:

Ortec Finance B.V.



Tags:    Europe, Japanese, News, Research Newswire, United States, Wire