USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Mar 21, 2019 9:07 AM ET

オートバイ市場推定検索 Fact.MR 2026 年に、3.8% の CAGR で成長


オートバイ市場推定検索 Fact.MR 2026 年に、3.8% の CAGR で成長

iCrowd Newswire - Mar 21, 2019

Fact.MR による最近の調査によると、オートバイ市場は 2019 年にほぼ 4000 万台に達すると推定されるオートバイのグローバル販売台数と 2017-2026 期間中安定した成長を目撃する予定です。購買行動に影響を与える快適さを追加する改良された懸濁液システムと相まって、ドライバーを保護するために強化された安全機構の開発を続けます。さらに、道路交通インフラの整備はオートバイ市場の成長の強化を支援する可能性が高いです。

通信の他の個人的なモードを基準にして高い燃料効率は、スクーターと他の二輪車オートバイの需要の急増に貢献して主な理由です。Fact.MR 監督は要因を保持するために期待されている標準的なオートバイ セグメント augurs 2019 年にオートバイの市場の 60% を共有する以上。

サンプル レポートの要求 https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=S&rep_id=7

交通渋滞や大幅な上昇は、人口の増加は、オートバイを購入することから人々 を落胆です。これに加えて、新世紀、世界人口の最大のシェアを保持するために推定される人がない購入やオートバイに乗ってに対する選好が強まるを見せています。しかし、要因は、ターンでは、オートバイ市場の成長を維持すると予想されるオートバイ レンタル サービス市場の成長に不可欠です。データ分析、Internet of Things (IoT)、機械学習など高度な技術の開発は企業の手頃な価格と一時的なオプションを求めている消費者に小説と革新的な自転車のレンタル サービスを提供するため、します。通勤。

オートバイの製造業者は、有望市場を保持の意識はますます高まっています、業界に重く投資しています。例えば、ヤマハ モーター株式会社は、米国 $ 1 億 5000 万グラブ、ベトナム、タイ、インドネシアなどで運用自転車レンタル サービスを投資しました。契約に従って、ヤマハと掴み、自転車レンタル サービスに参加を希望する者の現実的なオートバイ モデルを利用する作業計画です。似たような路線に沿っては、BMW はドイツ、フランス、オーストリアで独自の自転車レンタル サービスを開始しました。それはヨーロッパの成功であると証明された場合、異なる国全体に渡ってサービスを拡大する計画します。自転車のレンタル サービスも新世紀ますます人気となっているオートバイの販売の低下によってもたらされる課題を克服するために有利な選択肢を提供.

オートバイの市場の完全なレポートを参照目次-https://www.factmr.com/report/7/motorcycle-market

レクリエーションでの需要急増やレジャー活動が市場の成長を強化するには

オートバイの乗り物はますます若返りとリラクゼーションの形態として販売されています。研究リンク バイク乗り物に減少ストレス レベルと強化された濃度レベルさらにレジャーやレクリエーション活動でオートバイの需要の急増に貢献すると推定されています。体験旅行を徐々 に牽引力を獲得し、スポーツ バイク、巡洋艦、および冒険のバイクの需要普及トレンドとして浮上します。さらに、地域の観光を促進するためバイクツアーの使用の増加は世界中のオートバイの需要を作成する予定です。

レクリエーション活動の大幅な増加と相まって軽量の開発とさまざまな地形に適した高性能オートバイも冒険とツーリング バイクの販売を煽っています。

このレポートの方法論を要求 https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=RM&rep_id=7

オートバイの販売を湿らせる電気バイクの進化

電動自転車の漸進的な進化は、オートバイ市場の成長に脅威をもたらすと推定されます。電動自転車の生産のための高度なコンポーネントの可用性に加え、技術の進歩は、メーカーが電動バイクとして同じ加速を提供することができます e-バイクを起動するを許可します。さらに、手頃な価格の電子自転車モデルの可用性は、高価な電動バイクではなく基盤拡張消費者を見つけると推定されます。E-バイクに乗っては、不可欠なライセンスは必要ありませんまた、要因の電動バイクの代わりに消費者を描画します。ABS、優れたサスペンションよりよいグリップとハンドリングのための脂肪質のタイヤなどその他の付加価値機能を含めることは、ターンでは、オートバイ市場の成長を制限する期待されている消費者の間で人気の e-バイクを支援するために推定されます。

Fact.MR レポートは、期間 2017-2026 のオートバイの市場を追跡します。報告によるとオートバイ市場 3.8% で成長すると予測、2026年を通じて CAGR。

オートバイ市場レポート、チェック- https://www.factmr.com/checkout/7/Sを購入するには

Fact.MR について

Fact.MR は、シンジケートおよびカスタマイズされた市場調査報告書の最も包括的なスイートを提供する急成長の市場調査会社です。変革インテリジェンスが教育し、賢明な意思決定をするビジネスを鼓舞と考えています。我々 は、フリーサイズのアプローチの限界を知っています。なぜ我々 はグローバル、地域、複数の業界を公開、国別研究報告します。

お問い合わせ

Fact.MR

11140 のロックビル ・ パイク

スイート 400

ロックビル、MD 20852

米国

メール: sales@factmr.com

Web: https://www.factmr.com/

スイート 9884 27 上部ペンブローク通りダブリン アイルランド 2

Contact Information:

Suite 9884
27 Upper Pembroke Street,
Dublin 2, Ireland



Keywords:    Motorcycle Market, Motorcycle Demand, Motorcycle Sales, Motorcycle Market Forecast
Tags:    Extended Distribution, Japanese, News, Research Newswire