USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Mar 25, 2019 7:44 AM ET

米国サービス開始する Exchange クラス A 普通株式のあらゆる顕著な公共保証を提供しても


iCrowd Newswire - Mar 25, 2019

ヒューストン、-米国まあサービス株式会社 (ナスダック: USWS、USWSW) (「当社」「当社」または「当社」) は今日 exchange (“Exchange へ提供”) に提供を開始したこと発表した 0.13 株式会社のクラス A 普通株式 (「クラス A 普通株式」) 各の顕著な公共の保証のためのもともと登録されている提供し、さらに下記の発行。この交換比率は、すべて 7.69 公共入札保証の約 1 つの共有のクラス A 普通株式に相当します。

交換の申し出は、今日を開始し、有効期限が 2019 年 4 月 11 日の17:30、東部時間で、延長がない限り。入札公開新株予約権のオファーの有効期限前に交換を行う必要があり、交換の申し出の有効期限前にいつでも撤回することがあります。

交換の申し出を発行された新株予約権に関連している会社に関連して目論見書により 1933 年の証券法の下で登録されている最初の公募付2017 年 3 月 9 日、「預託信託を通じて取引会社 (「パブリック ワラント」)。提供は、新規公募 (「プライベート配置ワラント」) と同時期に発生した民間のプレースメントの関連会社に発行された本ワラントに関連していません。あらゆる顕著な公共ワラントは、申し出により応募資格があります。

交換に提供の目的のクラス A 普通株式公開新株予約権の行使により発行済になるの数を減らすことです。交換の申し出は、独立取締役の特別委員会による勧告を次取締役会によって承認されました。当社の取締役会により、0.13 のクラス A 普通株式、会社のクラス A 普通株式になるの相当な数を減らすことができます潜在的の 1 つ公共保証を交換する公開新株予約権の保有者と考えていますこうして会社の資本構造に関して大きい確信を持って投資家や潜在的投資家を提供するパブリックなワラントの行使により発行可能。たとえば、顕著な公共の保証のすべては正当な交換の申し出に応募された場合、そのような入札公開新株予約権と引き換えにクラス A 普通株式の 2,812,630 株を発行します。ただし、公共の保証規約に基づきクラス A 普通株式の株式すべての顕著な公共の保証されなかった場合このような運動クラス A 普通株式の 10,817,805 株を発行します。

交換の申し出はない公的保証の任意の最小数の入札に調節されます。 会社の下で正しく応募があり米国証券取引委員会 (SEC) に提出されている Exchange 手紙の申し出に従って正しく Exchange、オファーの有効期限前に撤回すべてパブリック保証交換スケジュールに、公共の保証者に分散されてのカバー。交換の申し出は、ただし、特定の慣習的条件に従う手紙交換の申し出に記載されています。

2019 年 3 月 14 日、現在は、会社は、50,667,132 発行済株式クラス A 普通株式のクラス B 普通株式、21,635,609 顕著な公共を保証と 15,500,000 の顕著なプライベート配置新株予約権の発行済株式総数 13,937,332 を持っていた。

会社のいずれも、その取締役、役員、従業員、また寄託者または情報エージェントの会任意の提言を行う公共の保証者に入札または彼らの申し出に基づきを保証する公共入札ご遠慮するかどうか交換。公共の令状のホールダーは、あれば、入札するが、どのように多く公的保証を決める必要があります。

以前に承認済み交換、1 つまたは複数のプライベート交換取引、その卓越した公的保証の特定ののクラス A 普通株式の株式を提供する会社を会社の取締役会、独立委員会等を含みます。3 月 12日 2019 年 3 月 13 日同社が非公開令状交流協定を締結する会社 10,864,391 公共の保証のクラス A 普通株式 1,412,372 株の集計を交換することで合意に入ったこれらのトランザクションは、無手数料またはその他の報酬が支払われるまたは直接的または間接的を与えられたそのような取引の勧誘を証券法のセクション 3(a)(9) の下で登録から除外されました。

交換に提供するため情報エージェントは、モローの Sodali です。交換に提供するため受託者はコンチネンタル株式移転・信託会社です。Exchange、手紙の送付および関連ドキュメントに提供レコードの所有者を公的保証に郵送されているし、公共の保証の有益な所有者に配布に使用可能になります。

追加情報。本プレス リリースは、情報提供目的のみと購入の申し出または公共の保証を販売または販売の申し出の勧誘または株式会社のクラス A 普通株式の購入を勧誘するものではありません。上記交換に提供する、は、スケジュールして Exchange 手紙、手紙の送付、秒公開令状のホールダーに提出されたその他の関連ドキュメントへの提供を含む関連の展示に入札を提供するステートメントのみ規定します。Exchange への提供についての重要な情報を含んでいる、Exchange の手紙、手紙の送付、関連展示に提供スケジュールへの入札を提供して文を読む慎重にしなければなりません。公共保証ホルダーは SEC のウェブサイト www.sec.gov で、Exchange、モローの Sodali、フリー ダイヤル (800) 662-5200 を提供するため情報エージェントに要求をリダイレクトしてから無料でこれらのドキュメントを取得できます (銀行や証券会社、してください(203) 658-9400 と呼ぶ)。

米国についてまあサービス株式会社

米国まあサービス株式会社は油圧破砕サービスのリーディングプロバイダーと電気破壊刺激のマーケット リーダーです。同社の特許取得済みの電気フラクショナル技術は、坑口から直接供給ガスを含むローカル供給天然ガスによって供給最初完全に電気、モバイル坑井刺激システムのいずれかを提供します。劇的に、電気フラクショナル技術で従来のディーゼル艦隊対コスト優れた運用効率の向上、顧客の重要な燃料などを生成しながら排出量と騒音公害が減少します。詳細については”を参照してください: www.uswellservices.com。当社のウェブサイト上の情報は、このリリースの一部ではありません。

将来の見通し

歴史的な情報に加えてこのリリースは修正として、1933 年の証券法セクション 27 a と改正後の 1934 年の証券取引法のセクション 21 e の意味で「将来の見通し」数を含めることができます。将来予想に関する記述は、制限なく、両替、用語、交換の申し出のタイミングと交換に提供の完了の影響に提供の完了に関する情報を含めます。当社では、条件や必要な注意と交換に提供のタイミングを変更できます。これらのステートメントは、会社の経営陣の現在の予想、信念、多くの将来の出来事に関する仮定に基づいています。このプレス リリースでは、単語「日」、「期待」、「推定」、「プロジェクト」、「目的」、「計画」、「信じる」、「意図する」「先取り」、「は、」「継続」「潜在的」、「必要」、「可能性」と類似の用語やフレーズを識別するものでは将来の見通し。会社は、これらの将来見通しに関する記述に反映された予測が合理的なことと考えている、彼らは、特定の前提条件、リスクや不確実性を伴うか。これらの将来予想に関する記述は、当社の現在の期待または将来の出来事に関する信念を表し、このリリースに記載されている結果は達成できないことが可能です。これらの将来予想に関する記述は、一定のリスク、不確実性および仮定は、このリリースで識別されるまたは証券取引委員会 (「SEC」) 会社の提出書類で明らかに時間から時間に含めが適用されます。企業の要望と異なる実際の結果の原因と要因は市場 c の変化を含める

商品価格、石油の需要と供給の変化とガス、私たちのサービス、資金調達や資本の可用性のための需要の変化、企業の流動、会社で onditions、公共の新株予約権及びその他の投資家の所有者によってアクション変更します。そのクレジット契約と会社の開示と「項目 1 a の下で記述されているそれらを含む SEC に提出した書類に記載されているその他の要因の下で契約の遵守.リスク要因」年次報告書フォーム 10-K に2019 年 3 月 14 日に SEC に提出します。これらの要因の結果として実績は示されるまたは将来見通しに関する記述で示唆大きく異なる場合があります。

いかなる前向きの声明にそれを作ったが、日付だけ話すしを除いて法律によって必要に応じて会社が責務は負いません更新または任意の転送-探しているステートメントを改訂する新たな情報、将来の出来事の結果としてかどうかまたはそれ以外の場合。

Contact Information:

U.S. Well Services
Kyle O'Neill – CFO
(832) 562-3730
IR@uswellservices.com

Dennard Lascar Investor Relations
Ken Dennard / Lisa Elliott
(713) 529-6600
USWS@dennardlascar.com



Tags:    Japanese, News, Research Newswire, United States, Wire