USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Mar 26, 2019 2:50 AM ET

世界的な免疫療法市場 2019: サイズ、シェア、需要、動向、成長、2023 予測


iCrowd Newswire - Mar 26, 2019

世界的な免疫療法の業界

「2019-2023年免疫療法市場グローバル重要な選手需要、成長機会、分析予測」に関する新しい研究ワイズガイ レポート データベースに追加

免疫療法は、がんや他の病気と戦うために身体の自然な防御を高める治療方法です。正常にがんとの戦いのより良いチャンスがあり、がんの治療のための効果的な方法をして、長い期間の病気から患者を保護する免疫療法が証明しています。
伝統的な治療法の標的治療の需要の増加は免疫療法の必要性をグローバルに増強は。サリドマイド、レナリドミド、ポマリドマイドなど薬はあった最後の数年間で利用可能な治療法の選択肢です。免疫調節薬、モノクローナル抗体や HDCA 阻害剤、骨髄腫、ターゲット受容体の設計などの導入は、市場で新しいトレンドを開始する予定です。癌に対する免疫療法は、臓器不全、癌の再発や他の副作用などの化学療法に伴う欠点のため広く採用されています。この市場の成長に役立つがん免疫療法を開発する様々 な政府によってサポートを増やすこと。アムジェンによって Blincyto (blinatumomab) の承認後バイスペシフィック抗体 B 細胞リンパ芽球性白血病を対象とする効果的な免疫療法の選択肢としてモノクローナル抗体の開発を煽りました。裸の抗原結合抗体、共役のモノクローナル抗体、バイスペシフィック抗体はがん治療に新たな治療選択肢の発見で起因したモノクローナル抗体体の使用に係る研究開発への投資を増加しています。

@ サンプル レポートをみてください。 https://www.wiseguyreports.com/sample-request/3672062-global-immunotherapy-market-research-and-forecast-2018-2023

ただし、この薬と一部の地域で厳しい規制政策の高コストは、市場の成長をおさえています。免疫療法のための市場は免疫調節剤とは、パイプラインと治療で、その効果を評価されている車 T 細胞療法などの新しい免疫療法オプションの導入により近い将来に大きな成長を表示します。がん。さらに、Opdivo、Keytruda、Tecentriq の肺腫瘍増大、市場の成長である腫瘍化学療法後の再発例に定められているために承認など新しい免疫療法薬の承認の数に増加します。
免疫療法市場は、タイプ、アプリケーション、およびエンド ユーザーに基づいて分割されます。モノクローナル抗体、がんワクチン、自己免疫チェックポイント阻害剤、インターロイキン、インターフェロン (サイトカイニン) 細菌カルメットゲラン (BCG) の養子細胞療法、その他の非特異的に分岐が市場の種類に基づいて免疫療法。モノクローナル抗体はモノクローナル抗体の研究開発に上昇の投資のための重要な市場の一つであります。癌治療用モノクローナル抗体では、がん治療を提供している企業の収益生成のための新しい機会を開いています。チェックポイント阻害剤は、高度な肺腫瘍を患っている患者の初期治療として使用されます。エンド ・ ユーザー、に基づいて市場は、病院と診療所、診療所に分かれています。
世界的な免疫療法市場は市場の成長に大幅に貢献している地理的な地域で検討しました。北米市場で薬の高浸透と癌の高い有病率のための免疫療法薬の大きい採用により免疫療法の市場の支配です。さらに、よく構造化された償還計画の存在のための療法の高い手頃な価格などの要因は、この地域の望ましい市場成長の要因です。ヨーロッパは、医療と地域の製薬企業のプレゼンスの大きい支出のための免疫療法薬の二番目に大きい市場です。アジア太平洋地域は、癌治療のための療法の新しい形態の増加の採用による免疫療法薬の急成長している市場です。
世界的な免疫療法市場の成長に貢献する企業、Advaxis 社、AbbVie 社、アストラゼネカ PLC、Adaptimmune 治療 PLC、Aduro バイオ テクノロジー社、ブリストル Myer スクイブと会社の臨床腫瘍学 (株) などなど。2017 年 8 月米国の規制当局の承認薬ノバルティス製し、Kymriah、使用患者の最初の癌治療薬として販売されている自身のがんと闘うための細胞。超高価な 475000 ドルで価格です。Kymriah 急性リンパ性白血病、米国で小児がんの最も一般的なタイプの治療に静脈内投与患者では。
研究の方法
グローバル免疫療法市場の市場調査は、OMR の研究チームが実施した大規模なプライマリとセカンダリの研究によって組み込まれます。セカンダリの研究は、様々 なセグメントで市場を打破、総市場サイズ、市場予測、および成長率の導出に利用できるデータを絞り込むに行われています。別のアプローチは市場価値と市場成長率を導出するに解決されました。私たちのチームは、事実と異なる地理的地域のより良い見通しを提供するから、市場に関連するデータを収集します。レポートでは、国レベルの分析は、様々 な地域の選手、地方税法と政策、消費者行動とマクロ経済要因分析によって提供されます。二次調査から抽出された数値は、プライマリの適切な研究を行うことにより認証されています。業界からキーパーソンを追跡し、データを検証するそれらにインタビューが含まれています。これにより、実際の数では、主要な差異のない最も近い可能な数値を取得する私たちのアナリスト。当社のアナリストは、多くの役員、マネージャー、リーダー、および業界の専門家に連絡してください。主な研究は、私たちのレポートの信頼性をもたらします。
二次情報源が含まれて
• 市場に関与する企業の財務報告。
• ホワイト ペーパー、研究論文とニュースのブログ。
・本格的なデータベースに免疫療法の基礎、アメリカの癌協会など。
• 会社のウェブサイトおよび彼らの製品/サービス カタログ。
バイオ テクノロジー、ライフ サイエンス企業、研究機関、政府機関全体の市場分析や競合分析、レポートされます。レポートは、市場規模、市場と製品の種類の成長の機会の詳細な分析を提供します。レポートより良いビジネスの意思決定のための市場への洞察を提供する別のモデルを徹底的に統合市場の 360 度分析のための源となります。
レポート カバー
• グローバル免疫療法市場の包括的な研究方法論。
• またこのレポートには、アナリストに聞くと重要な市場動向の詳細と豊富な市場の概要が含まれています。
• マクロとミクロ要因主な推奨事項に導かれる市場の網羅的解析。
• 地域規制と世界的な免疫療法市場に影響を与える他の政府政策の分析。
• グローバル免疫療法市場を促進する市場の決定要因についての洞察力。
• 詳細な予想収益の地域分布と広範な市場セグメントします。
• 広範なプロファイルと市場の最近の動向。
記載されている会社
1. Advaxis (株)
2. AbbVie (株)
3. アストラゼネカ (株)
4. Adaptimmune 治療 PLC
5. Aduro バイオ テクノロジー株式会社
6. Agenus (株)
7. Atara 伸びて株式会社
8. Bellicum 医薬品株式会社
9. ブリストル Myer スクイブ (株)
10. ブルーバード バイオ株式会社
11. Celldex セラピューティクス社
12. CytomX 治療
13. ギリアド サイエンス (株)
14. Incyte
15. ジョンソン ・ エンド ・ ジョンソン株式会社
16. ジュノ ・ セラピューティクス社
17. バックシート ・ セラピューティクス社
18. 国際ノバルティス
19. メルク (株)
20. Xencor (株)
21. MacroGenics (株)
22. 臨床腫瘍学 (株)

詳細な読書をご覧ください @ WiseGuy レポート  https://www.wiseguyreports.com/reports/3672062-global-immunotherapy-market-research-and-forecast-2018-2023

いくつかのメジャーはテーブルからコンテンツのポイント:

  1. レポートの概要
    1.1 研究方法とツール
    1.2 市場の内訳
    1.2.1。

セグメント
1.2.2。 地理学によって
2. 市場の概要と洞察力
2.1 定義
2.2 アナリスト洞察と市場動向
2.2.1 主な調査結果
2.2.2 推薦
2.2.3 結論
2.3 規制
2.3.1. アメリカ合衆国
2.3.2 欧州連合
2.3.3 中国
2.3.4 インド
2.3.5。 世界の残りの部分
3. 市場の決定要因
3.1 動機
3.1.1。 従来の治療法の標的療法の採用を増やす
3.1.2。 大人の間で自己免疫疾患の増加
3.1.3 がん研究と資金の投資を拡大
3.1.4。 癌治療用モノクローナル抗体体生産の上昇します。
3.1.5。 増加免疫療法の承認
3.2. 拘束
3.2.1 癌に対する免疫療法の高コスト
3.2.2。 一部の地域で厳しい規制政策
3.3 機会
3.3.1。 中国やインドなど新興国市場の成長
3.3.2。 免疫療法市場を後押しするキープレーヤーからパイプライン製品
3.3.3。 医療支出を増加させる
4. 市場のセグメンテーション
4.1. グローバル免疫療法市場の種類によって
4.1.1。 モノクローナル抗体
4.1.2 がんワクチン
4.1.3。 自己免疫チェックポイント阻害剤
4.1.4。 インターロイキンやインターフェロン (サイトカイニン)
4.1.5。 細菌カルメットゲラン (BCG)
4.1.6。 養子細胞療法
4.1.7 その他の非特異的免疫療法
4.2 グローバル免疫療法市場のアプリケーションで
4.2.1 がん
4.2.2。 自己免疫疾患および炎症性疾患
4.2.3。 感染症
4.2.4 その他
4.3 グローバル免疫療法薬エンドユーザー市場
4.3.1。 病院や診療所
4.3.2 診断センターします。
4.3.3 その他
4.3.4.Competitive 風景
4.3.5。 キー企業分析
4.3.6。 キー戦略の分析

継続的な.

詳細については、任意のクエリのメールでsales@wiseguyreports.com

我々について
賢明な男レポート、賢明な男コンサルタント会社の一部でありプレミアム進歩的な統計調査、市場調査レポート、産業や世界各国の政府の分析・予測データを提供しています。賢明な男のレポートはどのように重要な統計調査を理解する組織や協会の情報です。したがって、我々 はトップの出版社と関連付けられている、最も信頼性の高い、最新の研究データを受け取る確保特定ドメインに特化した調査会社すべて。

お問い合わせ: ノラ トレント 1 646 845 9349/44 208 133 9349 が LinkedIn の上に従ってください。
https://www.linkedin.com/company/wise-guy-research-consultants-pvt-ltd-?trk=biz-companies-cym

Contact Information:

Contact Us:
Norah Trent
+1 646 845 9349 / +44 208 133 9349
Follow on LinkedIn:
https://www.linkedin.com/company/wise-guy-research-consultants-pvt-ltd-?trk=biz-companies-cym



Keywords:    Immunotherapy Industry, Immunotherapy Market Trends, Immunotherapy Industry Trends, Immunotherapy Market Growth, Immunotherapy Market Size, Immunotherapy Manufacturer, Global Immunotherapy Industry, Global Immunotherapy Market Trends, Immunotherapy Growth, Global Immunotherapy Market
Tags:    Japanese, News, Research Newswire