USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Mar 26, 2019 10:22 AM ET

Pembina パイプライン株式会社シリーズ 17 優先株式転換権の通知を提供し、リセットの配当率を発表


iCrowd Newswire - Mar 26, 2019

カルガリー-ウィニペグ パイプライン株式会社 (「マールボロ」) (TSX: PPL;NYSE: PBA) 現在累積償還率リセット クラス A 優先株式、シリーズ 17 (「シリーズ 17 株式」) を交換する権利を行使するつもりはないことを今日発表した (TSX: PPL。広報Q) に2019 年 3 月 31 日(「変換日」)。

シリーズ 17 株の保有者が累積償還浮遊率クラス A 優先株式、シリーズ 18 の Pembina (“セリにシリーズ 17 株をすべてまたはを変換することを選択する権利がある結果として、シリーズ 17 株の特定の条件に従うものes 18 株式」) 1 シリーズ 18 株に基づいて各シリーズ 17 共有の転換日。

2019 年 3 月 31 日後は未処理のままシリーズ 17 株式、について者が受け取る権利四半期累積優先配当を固定とマールボロの取締役会によって宣言されている場合は。募集、 2019 年 3 月 31 日を除くを含む 5 年間のシリーズ 17 株式配当年率2024 年 3 月 31 日になります 4.821% 1.811% のカナダ国債流通利回りの 5 年間政府に等しくて今日プラス シリーズ 17 株の条件に従い、3.01% 現在決定。

2019 年 3 月 31 日発券シリーズ 18 株式、について、者は、場合、Pembina の取締役会によって宣言されたとき四半期浮動率累積優先配当を受けることができるになります。3 月浮遊率期間2019 年 3 月 31 日を含むを除く配当年率2019 年 6 月 30 日になります 4.692%、年間 90 日間の政府の最も最近のオークションの利子率と等しいことカナダ1.682% プラス シリーズ 18 株式 (「浮遊四半期配当率」) 条項に基づき、3.01% の国債。四半期配当の変動率は、四半期ごとにリセットされます。

シリーズ 17 株の条件で提供される: (i) Pembina 1,000,000 シリーズ 17 株未満の変換の直後残高が残っているか、すべての残りのシリーズ 17 株式シリーズ 18 に自動的に変換されると判断した場合1-1 基礎上の共有有効2019 年 3 月 31 日;されません、または (ii) Pembina 判断ことが残っているか変換の直後に顕著な場合シリーズ 17 株の保有者未満 1,000,000 シリーズ 18 株式シリーズ 17 株式を変換シリーズ 18 株式に転換する権利があります。日付。現在優れた 6,000,000 シリーズ 17 株があります。

シリーズ 17 株が「本エントリのみ」の形で発行される、など、シリーズ 17 株式の単独登記名義は証券 (“CD”) カナダの受託者。CD、シリーズ 17 株の開催、CD 参加者シリーズ 17 株の所有者のすべての権利を行使しなければなりません。シリーズ 17 株式規定 CD シリーズ 18 株式前に、30 日以降が 3:00 (MST) より後のシリーズ 17 株式に変換する権利の行使のお知らせがあります/1517:00 (東部標準時) th </c13 > 2019 年 3 月 31 日であるシリーズ 17 転換日の前日。15th転換日前日シリーズ 17 株は2019 年 3 月 16 日営業日ではなく、シリーズ 18 株にシリーズ 17 株式を変換する権利の行使の通知を提供する CD の締め切りは15:00 (MST) / 2019 年 3 月 15 日17:00 (東部標準時) 。この期限後に受け取った通知無効になります。そのため、シリーズ 17 シェアをシリーズ 18 株式に転換する権利を行使したいシリーズ 17 株式の保有者は、詳細については、ブローカーその他の仲介をお問い合わせくださいし、の期限前にことをお勧め必要な手順を完了する時間と、ブローカーまたは他の中継を提供する順序。

マールボロが経なければ、時に CD から選挙のお知らせを受信しない場合に変換されているシリーズ 17 株とみなす (自動変換の場合を除く)。シリーズ 18 株式およびシリーズ 17 株式の保有者限り、株式は未処理のまま、 2024 年 3 月 31 日、およびその後 5 年毎に再び株式を変換する機会があるでしょう。

前述の発表、 2019 年 4 月 1 日 2019 年 3 月 15 日のレコードのシリーズ 17 株の保有者に支払う配当有効になります$0.312500シリーズ 17、1 株当たり配当率と一致しての発行以来、2017 年 10 月 21 日にシリーズ 17 株。シリーズ 17 株式およびシリーズ 18 共有の用語の詳細については、合併の Pembina の記事を参照してください、共有を含む用語とシリーズのスケジュールの共有登記スケジュール”A”として Pembina のプロファイルの下で提出されました。2017 年 10 月 2 日に www.sedar.com でセダー。

Pembina について

カルガリー-ベース Pembina パイプライン株式会社は、主要な交通機関および中流サービス プロバイダー 60 年以上にわたって北アメリカのエネルギー産業が提供されています。ウィニペグでは、各種の炭化水素液体とカナダ西部を中心に天然ガス生産輸送パイプラインの統合システムを所有しています。会社はまた、ガス収集・処理設備、石油・天然ガス液体インフラストラクチャと物流業を所有しています。Pembina の統合資産、中流とエネルギー部門にサービスをマーケティングの完全なスペクトルを提供することを許可する炭化水素のバリュー チェーンの大半に沿って商業操作。ウィニペグは炭化水素の生産を拡張 Pembina のサービスも提供しているインフラストラクチャの開発を通じて新しい需要場所に接続する追加のオポチュニティを特定する炭化水素のバリュー チェーンに沿ってさらに。これらの新しい開発は、西部カナダの堆積盆地とマールボロが動作する他の流域で生産された炭化水素が世界中で最高の値市場に達することができるの確保に貢献します。

Pembina の目的:

提供する上でリーダーにグローバル市場を接続するインフラストラクチャ ・ ソリューションを統合

Pembina の戦略です。

ウィニペグは 3 つの部門で構成されている: パイプライン部門・設備部門・ マーケティング新たな事業部門です。

Pembina の普通株式はそれぞれ [PPL と PBA、トロントとニューヨークの証券取引所で取引します。詳細については、www.pembina.com を参照してください。

将来

情報とステートメント

このドキュメントには、将来見通しに関する記述が含まれています、Pembina に基づく証券法制の”safe harbor”規定の意味内の情報 (以下、総称して「将来の見通し」) の現在期待、推定、予測および、ヒストリカル トレンドを知覚は、その経験に照らして前提。いくつかの場合、将来見通しに関する記述は、用語などの「つもり」、「意志」、”shall”と似たような式の将来の出来事や将来のパフォーマンスを示唆によって識別できます。

特に、このニュース リリースには、将来見通しに関する記述とシリーズ 18 株式およびシリーズ 17 株式転換権、将来の配当率と支払条件に係る情報が含まれています。これらの将来見通しに関する記述や情報は、ウィニペグ ウィニペグはこの文書の日付が、その点で作られた一定の前提に基づいてで行われているを含む: 現行の商品価格、マージン、為替レート、その Pembina企業は引き続き持続可能な業績を達成するために操作の将来結果及び過去の関係のパフォーマンスと管理の予想と一致になること、可用性と運用コスト、継続的な資本の源使用率と今後の展開、必要な商業上の合意に到達する能力および必要な規制当局の承認を取得すること。これらの将来予想に関する記述は、将来の業績を保証するものではありません、既知および未知のリスク、不確実性などの数にテーマが限定されない: その条件に従って契約の不履行競争力のあるエンティティと価格の影響主要業界パートナー、提携・契約に依存強さと石油・天然ガス生産産業関連商品価格の操作継続またはサードパーティのプロジェクトの完了規制環境と; 必要な規制当局の承認が取得できません。税法と治療;業績の変動将来のプロジェクトを完了し、将来の約束を満たすために十分な資本を調達するウィニペグの能力工期遅れ;労働力と材料不足。今年の Pembina の管理議論および分析・年次情報フォーム Pembina の公開ドキュメントなど、その他のものの間で、「リスク要因」の見出しの下で詳細なもので随時詳細特定他のリスク2018 年 12 月 31 日www.sedar.com で見つけることができますを終了します。

したがって、読者は、事象または状況が予測、予想や予想から業績を引き起こす可能性があります注意を促しています。このような将来予想に関する記述は、上記のステートメントによって明示的修飾されます。ウィニペグは公を更新または将来の見通しや、記載内容を改訂する義務を負いません適用法令等により要求される場合を除き。

Contact Information:

SOURCE Pembina Pipeline Corporation
Related Links
http://www.pembina.com



Tags:    Japanese, News, North America, Research Newswire, Wire