• USA
  • Spain
  • Brazil
  • Russia
  • France
  • Germany
  • China
  • South Korea
 
x

RSS Newsfeeds

See all RSS Newsfeeds

Apr 17, 2019 12:23 PM ET

軟包装市場 2019年グローバル キー ・ プレイヤー、サイズ、アプリケーション ・成長の機会 – 2025 年までの分析

iCrowdNewswire - Apr 17, 2019

軟包装市場 2019

本報告では、世界のフレキシブル包装市場、2015 年に USD 92.32, 000, 000年で評価され、2025 年予測期間に 5.1% の CAGR で 151.04 十億米ドルに達する見込みです。

「柔軟な包装市場」、賢明なる研究によって公開された広範な洞察力と柔軟なパッケージング市場の分析は、次の 8 年間 (2015-2025) と演算子または供給業者参照の重要なポイントとして機能。
ライフ スタイルのパラダイム シフト、新興国の 1 人当たりの所得の成長健康意識の成長は、積極的に業界の成長に影響を及ぼす重要な要因の一部です。原料資源と国際貿易に上昇を与える低い取引障壁の可用性は予測期間に技術を運転する予想されています。

技術は、医療、化粧品・ バスアメニティ、家庭用品、食品および飲料部門からの需要を高騰、中流階級の人口増加により大きな成長を目撃すると予測されます。さらに、使いやすさと軽量特性は予測期間にトラクションを得るために予想されるため便利な包装する傾向にシフト。

@ 無料サンプル レポートを要求https://www.wiseguyreports.com/sample-request/3113325-flexible-packaging-market-analysis-by-type-stand-up

レポートが含まれています-
セグメンテーション: の種類に基づいてこのレポートが表示されます主に分割、各型の市場シェアと成長率、収益
• スタンディングパウチ
• フラット ポーチ
• Rollstocks
• マチ付きバッグ
• Wicketed バッグ
• ラップ
• その他

材料に基づいて、このレポートには、主に分割、各型の市場シェアと成長率、収益が表示されます。
• プラスチック フィルム
• 論文
• アルミ箔
• バイオ プラスチック

印刷技術に基づいて、このレポートがおもに分離の種類の市場シェアと成長率、収益
• フレキソ印刷
• グラビア
• デジタル印刷
• 他の印刷技術

ステータスと主要なアプリケーションの見通し、各アプリケーションの市場シェアと成長率を中心に報告アプリケーションの基礎など
• 食品および飲料
• 医療
• 化粧品・ トイレタリー
• その他

キー選手: AI フレキシブルパッケージング収益 (億米ドル) と各メーカー/プレーヤーの市場シェアを持つトップ メーカー/選手によって農業市場でのマーケット ・ リーダーの概要AR 包装、ビーミス株式会社、レイノルズ グループ、コンスタンシアを含む, フレキシブル グループ GmbH、フレア柔軟な包装ソリューション、レイノルズ グループ ホールディングス、Bischof クライン国際、密閉空気ホールディングス、Amcor 限定、Huhtamäki などのトップ選手社、遺稿集はホールディングス S.A Sonoco 製品会社、クロンダルキン グループ、ベリー プラスチック グループ (株)、Südpack Verpackungen、モンディ グループ。

完全なレポートの詳細@ https://www.wiseguyreports.com/reports/3113325-flexible-packaging-market-analysis-by-type-stand-up

目次-ポイントの分析

  1. エグゼクティブ ・ サマリー
    2. 研究の方法
    2.1。市場の定義
    2.2 市場範囲
    2.3. データ ソースします。
  2. 市場のダイナミクス
    3.1。市場牽引要因
    3.2. 市場の制約
    3.3 市場機会
  3. 業界の概要
    4.1。バリュー チェーン分析
    4.2. ポーターの 5 つの力分析
    4.3 主な傾向
  4. グローバル フレキシブルパッケージング市場、型 (2017-2025)
    5.1。グローバル フレキシブルパッケージング市場、スタンディングパウチ
    5.2. 世界の軟包装市場、フラット ポーチ
    5.3. 3.1. グローバルな軟包装市場、Rollstocks
    5.4. グローバル フレキシブルパッケージング市場、マチ付きバッグ
    5.5. 2.2. グローバルな軟包装市場、Wicketed バッグ
    5.6. 3.1. グローバルな軟包装市場、ラップ
    5.7. グローバル フレキシブルパッケージング市場、他
  5. グローバル フレキシブルパッケージング市場、材料 (2017-2025)
    6.1。プラスチック フィルムによって、グローバルな軟包装市場
    6.1.1。 グローバル フレキシブルパッケージング市場、ポリプロピレン
    6.1.2。 グローバル フレキシブルパッケージング市場、ポリエチレン
    6.1.3。 グローバル フレキシブルパッケージング市場、ポリ塩化ビニル
    6.1.4。 グローバル フレキシブルパッケージング市場、無配向ポリエチレン ・ テレフタ レート
    6.1.5。 グローバル フレキシブルパッケージング市場、エチレン ビニール アルコール
    6.1.6。 グローバル フレキシブルパッケージング市場、ポリアミド
    6.1.7。 グローバル フレキシブルパッケージング市場、ポリスチレン
    6.2 グローバル フレキシブルパッケージング市場、論文
    6.3. 2.2. グローバルな軟包装市場、アルミ箔
    6.4. 4.1. グローバルな軟包装市場、バイオ プラスチック
  6. グローバル フレキシブルパッケージング市場、印刷技術 (2017-2025)
    7.1。フレキソ印刷でのグローバル フレキシブルパッケージング市場
    7.2. 3.1. グローバルな軟包装市場、グラビア
    7.3 グローバル フレキシブルパッケージング市場、デジタル印刷
    7.4. 2.2. グローバルな軟包装市場、他
  7. グローバル フレキシブルパッケージング市場、アプリケーション (2017-2025)
    8.1。グローバル フレキシブルパッケージング市場、食品、飲料
    8.2. グローバル フレキシブルパッケージング市場、ヘルスケア
    8.3. グローバル フレキシブルパッケージング市場、化粧品・ トイレタリー
    8.4. グローバル フレキシブルパッケージング市場、他
  8. グローバル フレキシブルパッケージング市場、地域 (2017-2025)
    .
  9. 市場競争の分析
    10.1 市場シェア/測位解析
    10.2。 重要な改革
    10.3. 企業プロファイルします。
    3.1. 10. Amcor 限定。
    10.3.1.1。概要
    10.3.1.2。 タイプ/サービス
    10.3.1.3 戦略
    10.3.1.4。 主要動向
    10.3.2。 AR 包装。
    、10.3.2.1。概要
    10.3.2.2。 タイプ/サービス
    10.3.2.3 戦略
    10.3.2.4 主要動向
    10.3.3 ビーミス株式会社。
    10.3.3.1。概要
    10.3.3.2。

タイプ/サービス提供
10.3.3.3 戦略
10.3.3.4 主要動向
10.3.4。 Bischof クライン国際。
10.3.4.1。概要
10.3.4.2 型/サービスの提供
10.3.4.3 戦略
10.3.4.4 主要動向
10.3.5。 クロンドーキン グループ。
10.3.5.1。概要
10.3.5.2 型/サービスの提供
10.3.5.3 戦略
10.3.5.4 主要動向
10.3.6。 コンスタンシアを含む, フレキシブル グループ GmbH。
10.3.6.1。概要
10.3.6.2 型/サービスの提供
10.3.6.3 戦略
10.3.6.4 主要動向
10.3.7 遺稿集はホールディングス社。
10.3.7.1。概要
10.3.7.2 型/サービスの提供
10.3.7.3 戦略
10.3.7.4 主要動向
10.3.8。 フレア柔軟な包装ソリューション。
10.3.8.1。概要
10.3.8.2。 タイプ/サービス
10.3.8.3 戦略
10.3.8.4 主要動向
10.3.9。 Huhtamäki 社。
10.3.9.1。概要
10.3.9.2。 タイプ/サービス
10.3.9.3 戦略
10.3.9.4。 主要動向
10.3.10。 Huhtamäki 社。
10.3.10.1。概要
10.3.10.2 型/サービスの提供
10.3.10.3 戦略
10.3.10.4 主要動向

継続的な.

お問い合わせ。
ノラ トレント
パートナー リレーションシップ ・ マーケティング マネージャー
sales@wiseguyreports.com
www.WiseGuyReports.com
Ph: 1-646-845-9349 (米国)
Ph: 44 208 133 9349 (イギリス)

オフィス No.528,Amanora 室、Magarpatta ロード、Hadapsar、プネー 411028。

Contact Information:

Office No.528,Amanora Chambers,Magarpatta Road,Hadapsar,Pune-411028.

View Related News >