USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jun 21, 2019 4:42 PM ET

自動車用視覚信号機器市場 2019年の世界シェア、動向、セグメンテーション、分析、2025年までの予測


自動車用視覚信号機器市場 2019年の世界シェア、動向、セグメンテーション、分析、2025年までの予測

iCrowd Newswire - Jun 21, 2019

自動車用視覚シグナリング装置市場 2019年

レポートの範囲:
自動車用視覚信号機器の世界市場は、今後5年間で約5年間でCAGRで成長し、2024年には100万米ドルに達すると予測されています。

このレポートでは、特に北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、南米、中東、アフリカにおける自動車用視覚信号装置に焦点を当てています。このレポートは、メーカー、地域、タイプ、アプリケーションに基づいて市場を分類します。

無料サンプルレポートをリクエスト @ https://www.wiseguyreports.com/sample-request/4169167-global-automotive-visual-signaling-equipment-market-2019-by

メーカー別市場セグメント
コニンクリケ・フィリップス・エレクトロニクス
フレックストロニクス・オートモーティブ
ヒュンダイ・モビス
スタンリー・エレクトリック
コイトマニュファクチャリング

地域別市場セグメント、地域分析
北米(米国、カナダ、メキシコ)
ヨーロッパ(ドイツ、フランス、英国、ロシア、イタリア)
アジア太平洋地域(中国、日本、韓国、インド、東南アジア)
南米(ブラジル、アルゼンチン、コロンビアなど)
中東・アフリカ(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、エジプト、ナイジェリア、南アフリカ)

タイプ別、カバー別市場セグメント
タイプ I
タイプ II

アプリケーション別の市場セグメントは、
アプリケーション I
アプリケーション II

レポートの詳細 @ https://www.wiseguyreports.com/reports/4169167-global-automotive-visual-signaling-equipment-market-2019-by

自動車業界には、自動車の開発、設計、マーケティング、製造、販売に関わるさまざまな組織や企業が含まれます。自動車セクターは、収益の面で世界最大の経済セクターの一つです。顧客のマインド、デジタル技術、経済の健全性の変化が進化に不可欠な役割を果たす中で、当面の急速なペースで進化する可能性が高い。

自動車業界は、OEMや部品メーカーから商用車メーカーやディーラーまで多岐にわえます。この業界は、ロシア、ブラジル、中国、インド、その他の発展途上国の活況を呈する国内および製造市場から、より環境に優しい自動車や燃料の研究開発に成長する可能性を秘めています。自動車産業の収益は、経済状況の改善により加速する可能性が高い。また、エンターテイメントや自動運転、燃費の両面で、技術面での改善により、業界の需要も高まっています。メーカーは、消費者の需要と厳格な政府の規範による燃費の向上を重視しています。インターネット接続の向上、ナビゲーションシステムの向上、安全機能の進歩により、業界は勢いを増しています。

人工知能(AI)とモノのインターネット(IoT)は、自動車分野に革命を起こし続け、デバイスと車両の接続性、電動パワートレイン、自動運転、シェアリングモビリティを横断する変革を推進していきます。パーソナルなデジタルアシスタントを備えたミニオフィスに車両を変換することで、運転体験の生産性、安全性、およびフラストレーションを軽減します。先進運転支援システムやパワートレインからスマートインテリアやコネクテッドサービスまで、クルマは徐々に内外でつながってきています。アウディは、コネクテッドカーの機能をオンデマンドで購入できるオプションのアラカルトメニューを提供しています。共有モビリティと自律モビリティの普及は、中国では欧米に比べて速いペースで行われる可能性が高い。これにより、中国は世界的に自動車産業の輸送をリードする。

世界のトップ自動車会社は、トヨタ自動車、フォルクスワーゲングループ、ダイムラーAG、BMW、ホンダ、ゼネラルモーターズ、テスラ社、フォード、日産、フィアットクライスラー自動車です。乗用車メーカー間の競争が激しく、ハイブリッド車や電気自動車の台頭など、市場は盛り上がりそうだ。自動車大手は、研究開発に注力し、最新技術を活用して自社の車両を製造することに加え、生産能力の拡大に高い投資を行っている。

アストンマーティンは、今後数年間で自動車分野で起こる最大の変革を発表しました。量販車のコモディティ化は、世界中の自動車産業を変革する可能性が最も大きい変化の一つです。高級スポーツカーや自動運転技術の進歩は、当面のレクリエーション製品として注目される可能性が高い。

お 問い合わせ:
ノラ・トレント
パートナーリレーションズ&マーケティングマネージャー
sales@wiseguyreports.com
www.WiseGuyReports.com
電話番号: 1-646-845-9349 (米国)
電話番号: 44 208 133 9349 (イギリス)

オフィスNo.528、アマノラチェンバース、マガルパッタロード、ハダプサル、プネ-411028。

Contact Information:

Office No.528,Amanora Chambers,Magarpatta Road,Hadapsar,Pune-411028.



Keywords:    Automotive Visual Signaling Equipment, Automotive Visual Signaling Equipment Market 2019, Automotive Visual Signaling Equipment Market Share, Automotive Visual Signaling Equipment Market Trends, Automotive Visual Signaling Equipment Segmentation, Automotive Visual Signaling Equipment Market Size, Automotive Visual Signaling Equipment Growth, Automotive Visual Signaling Equipment Analysis, Automotive Visual Signaling Equipment Opportunities, Automotive Visual Signaling Equipment Demand, Automotive Visual Signaling Equipment Key Players, Automotive Visual Signaling Equipment Sales, Automotive Visual Signaling Equipment Supply, Automotive Visual Signaling Equipment Consumption, Automotive Visual Signaling Equipment Manufacturers, Automotive Visual Signaling Equipment Industry, Automotive Visual Signaling Equipment Technology, Automotive Visual Signaling Equipment Application, Automotive Visual Signaling Equipment Future Drivers
Tags:    Japanese, News, Research Newswire