USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jun 26, 2019 11:14 AM ET

電気ハウス(Eハウス)市場2019年世界の主要ベンダーの分析、収益、動向、2025年までの予測


電気ハウス(Eハウス)市場2019年世界の主要ベンダーの分析、収益、動向、2025年までの予測

iCrowd Newswire - Jun 26, 2019

電気ハウス(Eハウス)市場 2019年

Wiseguyreports.Comは、調査データベースに「電気ハウス(Eハウス)市場-市場需要、成長、機会、主要企業の分析、2025年までの予測」を追加しました。

レポートの詳細:

本レポートでは、SWOT分析、すなわち組織に対する強さ、弱さ、機会、脅威を用いて「電気ハウス(Eハウス)市場」を徹底的に調査しています。また、エレクトロニクスハウス(Eハウス)市場レポートでは、プロファイリング、製品概要、生産数量、必要な原材料、および組織の財政的健全性。

BlueWeaveコンサルティングによると、世界の電気住宅市場は、費用対効果、柔軟性、e住宅の設置の容易さなどの要因により、2018~2025年の予測期間中に大幅な成長が見込まれています。

電気ハウス(Eハウス)は、パワーハウスとも呼ばれます。それは中電圧および低電圧スイッチギアだけでなく、補助装置を収容するプレハブのウォークインモジュラー屋外エンクロージャである。E-Housesは、さらに高速かつ簡単に設置できる持続可能で柔軟な電源ソリューションを実装するための代替オプションです。それは中電圧スイッチギア、低電圧スイッチボード、バスバートランキングシステム、および補助装置の包括的なポートフォリオからのプロダクトが完全に装備されているプレハブ電気建物である。したがって、高速で信頼性の高い電源に電力および制御装置を設置するのが最適なアプローチです。

また、E-Houseの市場は、重要なプロセス、グリッドカップリング、電気エネルギー貯蔵システムのグリッド接続のための信頼性の高い電源として、化石と再生可能エネルギーのプラントバランスの使用により、増加しています。環境、安全衛生(EHS)の条件に関するすべての個々のプロジェクト要件に対するソリューションを提供します。世界市場は、高い汎用性、省スペース設計、最適化されたオペレーションなど、複数の利点により、顕著な成長を遂げています。さらに、電力消費量の増加と信頼性の高い電力供給の必要性は、予測期間中の先進国における電子住宅市場の成長を促進します。

世界の電気ハウス(Eハウス)市場:競争環境

シーメンスAG、ABB、イートンコーポレーション、CGパワー、エレクトロイノバ、TGOOD、エルギンパワーソリューションズ、メイデンシャ、アクティフグループ、EKOSグループ、デルタスター、エレクトロイノバ・インスタラシオーネ・イ・マンテニミエントスS.L、シュナイダーエレクトリックSE、ゼネラル・エレクトリック、ゼネラル・エレクトリック、エルギン・パワー・ソリューションズ、明電社、アクティフ・グループ、EKOSグループ、デルタ・スター、エレクトロ・イ・インスタラシオーネス・イ・マンテニミエントスS.L、ゼネラル・エレクトリック、ゼネラル・エレクトリック、エルギン・パワー・ソリューションズメイデンシャ、WEG、パウエルインダストリーズ、マテレックグループ、PMEパワーソリューションズ、エフェイス、ゼストWEGグループ。主要企業は、製品の提供を強化し、ビジネスを拡大するための契約や契約などの無機質な戦略に焦点を当てています。例えば、HomeSphereは、エネルギー効率に富んだ省資源技術の世界最大の生産者の一つであるシーメンスと提携し、ビルダーが便利で効率的な配電ソリューションにアクセスできるようにします。

無料サンプルレポートをリクエストする @ https://www.wiseguyreports.com/sample-request/4158684-global-electrical-house-e-house-market-by-product

モバイル変電所は、今後の期間に世界の電気住宅市場で最も支配的な製品セグメントになると予想されます

モバイル変電所は、バックアップユニットとしての緊急対応に便利なため、予測期間中にeハウス市場の支配的なシェアを維持することが期待されています。Eハウスはカスタマイズされ、事前に組み立てられ、事前にテストされたモジュラー電力変電所です。これは、インシデント発生時の迅速な電源供給と迅速な復旧を保証する災害対応のバックアップとして機能します。さらに、輸送性、短いギアアップと試運転時間、機械的フットプリントの削減、および土木工事の要件が、世界のeハウス市場におけるモバイル変電所製品セグメントの成長を牽引することが期待される重要な要因です。予測期間。これらは、業界やインフラ、およびネットワークオペレータのために、世界中で多数にインストールされています。

中東・アフリカ地域は、今後の世界の電気住宅市場で最も急成長している地域であると予想される

中東・アフリカ地域の市場は、増加等の要因により、予測期間を通じて持続的な成長を示す見込みです。鉱業、石油、ガス、金属産業、迅速な電化等からの需要また、データセンター、ユーティリティ、その他のさまざまなアプリケーションも、ある程度は電子住宅を必要とします。また、電力消費量の増加と信頼性の高い電力供給の必要性は、北米地域におけるe住宅市場の成長を促進します。南米は、電力部門と産業アプリケーションがその消費の主要な領域である電子住宅のための著名な市場の一つです。また、アジア太平洋地域の市場を牽引する主な要因は、中国やインドを中心に、発電・流通分野への投資の増加です。巨大な鉄道網と道路網の追加は、予測期間中に地域の電気住宅市場に大きな後押しを与えるだろう。

さらに、このレポートでは、次の地理的セグメントとその高パフォーマンス地域に関する世界のイヤホン&ヘッドフォン市場の分析を提供しています。

北米
アジア太平洋地域
ヨーロッパ
Mea
ラテン アメリカ

主なステークホルダー
電気ハウス(Eハウス)メーカー
電気ハウス(Eハウス)ディストリビューター/トレーダー/卸売業者
電気ハウス(Eハウス)サブコンポーネントメーカー
業界団体
ダウンストリーム ベンダー

特別な要件がある場合は、お知らせください。

レポートの詳細を完了する@ https://www.wiseguyreports.com/reports/4158684-global-electrical-house-e-house-market-by-product

コンテンツ表の主なポイント:

  1. 研究フレームワーク
    2. 研究方法論
    3. エグゼクティブサマリー
    4. 業界インサイト
    第5部 電気ハウス(Eハウス)市場概要
    6. 電気ハウス(Eハウス)市場、種別
    7. 電気ハウス(Eハウス)市場:用途別
    8. 電気ハウス(Eハウス)市場:地域別
    9. 会社概要(会社概要、財務マトリックス、主要製品ランドスケープ、主要な担当者、主要な競合他社、連絡先住所、SWOT分析、戦略的見通し)

続けた。。。。

お 問い合わせ:

ノラ・トレント
博士:
1-646-845-9349 (米国)
Sales@Wiseguyreports.Com

博士:
44 208 133 9349 (イギリス)

Contact Information:

Contact Us:

NORAH TRENT
Ph:
+1-646-845-9349 (US)
Sales@Wiseguyreports.Com

Ph:
+44 208 133 9349 (UK)



Keywords:    Electrical House (E-House), Electrical House (E-House) Manufacturers, Electrical House (E-House) Industry, Electrical House (E-House) Market, Electrical House (E-House) Market Sale, Electrical House (E-House) Industry Trends, Electrical House (E-House) Market Share, Electrical House (E-House) Market Growth
Tags:    Japanese, News, Research Newswire