USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jun 27, 2019 2:28 AM ET

餃子市場2019年世界の分析と予測~2025年の市場調査レポート


iCrowd Newswire - Jun 27, 2019

世界の餃子産業

ワイズガイレポートデータベースに「世界の餃子市場2019年版に関する新レポート」を追加

餃子は、甘いまたは風味豊かな充填の周りに包まれた例外的な生地から作られた広いセグメントです。餃子生地は、ユニークな小麦粉、パン、ジャガイモなどから作られています。その実践、詰め物、種類、および製品の種類は、アフリカの餃子、アメリカの餃子、アジアの餃子、カリブ海とラテンアメリカの餃子、ヨーロッパの餃子、および他を含む地域に沿って大きく依存しています。これらの商品はすべて、それぞれ異なる種類のかなり一つです。

以下のメーカーは、各企業の売上高、売上高、市場シェア、各企業のJINOMOTO、CJグループ、ジェナラルミルズ、ウェイチュアン、コナグラブランド、CSCブランド、ハーベストタイムフーズ、J&Jスナックフーズ、ジャンズ餃子、ファン、ケトル料理、ラッキーフード, ネスレ, リビアーナ食品, ウェイフォン

無料サンプルレポート@https://www.wiseguyreports.com/sample-request/4188288-global-dumplings-market-insights-forecast-to-2025をお試しください

餃子は、充填物の特別なスタイルから作られており、蒸し、揚げ、蒸し、ベーキング、煮るようないくつかの技術で整理されています。ユニークな餃子は、排他的な栄養価を持っています。しかし、餃子のほとんどは、他の前菜や主なコースの食事よりも少ないカロリーを含むので、健康的に考慮されます。餃子の中には、餃子、ピエロギ、ラビオリ、シャル・シウ・バオ、そしてビヨンド・ベイスなどの餃子の中には、適切に健康的な詰め物が含まれています。例えば、サモサ、餃子の人気のインドの形態は、典型的には油性と危険であり、サモサの充填と調理の品種を変更すると、それが健康になります。蒸し餃子は揚げ餃子よりも健康的ですが、カロリーの区別は2の間で覚えています。健全な食品の需要の上昇は、予測期間の過程で餃子の呼び出しを圧迫します。

餃子市場には、多様な製品とプロバイダーのポートフォリオとより大きな地理的フットプリントを持つ大手餃子メーカーが含まれています。製品ポートフォリオ、ロゴバリュー、価格設定、適切なマーケティング、口頭交換は、企業が市場の割合と収入を増やすのに役立ちます。市場で生き、成功するためには、プレイヤーは特定の明確なバリュー・プロポジションの使用を製品と差別化する必要があります。
世界の餃子市場は2018年に100万米ドル相当で、2025年の終了までに100万米ドルに達する可能性があり、2019~2025年の間は100万ドルのCAGRで発展する可能性がある。この目標は、企業、製品タイプ、エンドユーザー、主要地域に基づいて、餃子市場のディメンションの概要、フェーズ、および引き受けです。

この文書は、北米国、ヨーロッパ、アジア太平洋、重要な&南米国と中東&アフリカなどの主要地域における餃子の世界市場規模を調査し、それらの地域における餃子の消費に特化しています。
この研究ファイルは、トッププレーヤー/ブランド、エリア、タイプ、および停止ユーザーによって、グローバル餃子市場を分類します。このドキュメントでは、世界の餃子市場の状況、反対の状況、市場の割合、ブーム率、運命の傾向、マーケットプレイスのドライバー、機会と課題、販売チャネルとベンダーを調査します。

このレポートの研究目的は次のとおりです。
代理店、主要分野、製品、および停止者を通じて世界の餃子市場規模(コスト&ボリューム)を調べ、2014年から2018年までの内訳記録、2025年までの予測を調べます。
その多数のサブセグメントを把握することにより、餃子市場の形状を把握します。
市場のブームに影響を与える主な要因(成長能力、可能性、推進力、企業的正確な課題、リスク)をほぼ共有する。
主要な国際餃子機関を専門とし、所得量、コスト、市場シェア、市場反対のパノラマ、現在の開発を定義、説明、分析します。
餃子のサブマーケットの手数料と収入の範囲に挑戦するには、主要な分野に感謝します。
市場内での拡大、契約、新製品の発売、買収など、積極的な動向を研究する。

フードサービス分野では、ロボット技術が急速に取り入れられています。数百万ドル規模の食品帝国の急速な成長は、品質の妥協なしで、次の食品を前回とまったく同じにすることに焦点を当て、業界のロボットセクターの可能性に供給されています。肉をパテに繰り返し切り取ったり、ソースを広げたりしながら、人間は混乱するかもしれませんが、ピザベース、または成分の所定の割合でサラダバッグを埋める、ロボット実装は、これらの仕事を取得し、全く大騒ぎなしでより多くを行います。これは、今後数年間で迅速な食品サービス分野におけるロボット技術の需要を促進する可能性があります。

コンテンツの表からのいくつかの主要なポイント:

1 研究カバレッジ
2 エグゼクティブサマリー
3 メーカー別内訳データ
4 製品別内訳データ
5 エンドユーザー別の内訳データ
6 北米
7 ヨーロッパ
8 アジアパシフィック
9 中南米
10 中東・アフリカ
11 会社概要
11.1 ジノモト
11.1.1 ジノモト会社詳細
11.1.2 会社の事業概要
11.1.3 ジノモト餃子の売上高、売上高、粗利(2014-2019年)
11.1.4 ジノモト餃子製品提供
11.1.5 ジノモト最近の開発
11.2 CJグループ
11.2.1 CJグループ会社詳細
11.2.2 会社の事業概要
11.2.3 CJグループ餃子売上高、売上高、粗利(2014~2019年)
11.2.4 CJグループ餃子製品提供
11.2.5 CJグループ最近の開発
11.3 ジェナラルミルズ
11.3.1 ジェナラルミルズ会社詳細
11.3.2 会社の事業概要
11.3.3 ジェナラルミルズ餃子売上高、売上高、粗利(2014-2019年)
11.3.4 源性ミルズ餃子製品提供
11.3.5 ジェナラルミルズ最近の開発
11.4 ウェイチュアン
11.4.1 ウェイチュアン会社詳細
11.4.2 会社の事業概要
11.4.3 ウェイチュアン餃子の売上高、売上高、粗利(2014-2019年)
11.4.4 ウェイチュアン餃子製品提供
11.4.5 ウェイチュアンの最近の開発
11.5 コナグラブランド
11.5.1 コナグラブランド会社詳細
11.5.2 会社の事業概要
11.5.3 コナグラブランド餃子の売上高、収益、粗利(2014-2019年)
11.5.4 コナグラブランド餃子製品提供
11.5.5 コナグラブランド最近の開発
11.6 CSCブランド
11.6.1 CSCブランド会社詳細
11.6.2 企業経営概要
11.6.3 CSCブランド餃子売上高、売上高、粗利(2014~2019年)
11.6.4 CSCブランド餃子製品提供
11.6.5 CSCブランドの最近の開発
11.7 収穫時期の食品
11.7.1 収穫時間食品会社詳細
11.7.2 企業経営概要
11.7.3 収穫期食品餃子の売上高、収益、粗利(2014-2019年)
11.7.4 収穫時期の餃子製品提供
11.7.5 収穫時期食品最近の開発
11.8 J&Jスナック食品
11.8.1 J&Jスナックフーズ会社詳細
11.8.2 会社の事業概要
11.8.3 J&Jスナック食品餃子売上高、売上高、粗利(2014-2019年)
11.8.4 J&Jスナック食品餃子製品提供
11.8.5 J&Jスナック食品の最近の開発
11.9 ジャンズ餃子
11.9.1 ジャン餃子会社詳細
11.9.2 会社の事業概要
11.9.3 ジャンズ餃子餃子の売上高、売上高、粗利 (2014-2019)
11.9.4 ジャン餃子餃子製品提供
11.9.5 ジャンズ餃子最近の開発
11.10 フアン
11.10.1 フアン会社詳細
11.10.2 会社の事業概要
11.10.3 フアン餃子の売上高、売上高、粗利(2014-2019年)
11.10.4 フアン餃子製品提供
11.10.5 ファンの最近の開発
11.11 ケトル料理
11.12 ラッキーフード
11.13 ネスレ
11.14 リビアーナ食品
11.15 ウェイフォン

12 将来の予測
13 市場機会、課題、リスク、影響要因分析
14 バリューチェーンとセールスチャネル分析
15 研究成果と結論
16 付録

詳細な読書については、WiseGuyレポート@https://www.wiseguyreports.com/reports/4188288-global-dumplings-market-insights-forecast-to-2025をご覧ください

詳細情報またはクエリ メールについては、sales@wiseguyreports.com

我々について
ワイズガイレポートは、ワイズガイコンサルタントPvt.株式会社の一部であり、世界中の産業や政府のためのプレミアムプログレッシブ統計調査、市場調査レポート、分析&予測データを提供しています。ワイズ ガイ レポートは、組織や関連付けにとって統計調査情報がいかに重要であるかを理解しています。したがって、特定のドメインに特化したトップパブリッシャーやリサーチ会社と提携し、最も信頼性が高く最新の研究データを確実に受け取れるようにしています。

お 問い合わせ:
ノラ・トレント
1 646 845 9349 / 44 208 133 9349
リンクインに従ってください:
https://www.linkedin.com/company/wise-guy-research-consultants-pvt-ltd-?trk=biz-companies-cym

Contact Information:

Contact Us:
Norah Trent
+1 646 845 9349 / +44 208 133 9349
Follow on LinkedIn:
https://www.linkedin.com/company/wise-guy-research-consultants-pvt-ltd-?trk=biz-companies-cym



Tags:    Japanese, News, Research Newswire