USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jul 11, 2019 4:10 PM ET

世界のスマートフォン市場は、2019年から2022年にかけて11.2%のCAGRで成長


世界のスマートフォン市場は、2019年から2022年にかけて11.2%のCAGRで成長

iCrowd Newswire - Jul 11, 2019

WiseGuyRerports.com、研究データベースに新しいドキュメント「世界のスマートフォン市場2013-2020」を発表

世界のスマートフォン市場は、2020年までに6,984億米ドルに達し、CAGRは11.2%に達すると見込まれています。世界の先進的なセル市場は、アジア太平洋地域が主導し、産業全体の40.7%を占め、欧州全体では32.2%を占めています。世界の先進的なセル出荷台数は、2020年までに29億6,890万台を達成する。

これまで、英国、ドイツ、インド、中国、インドネシア、韓国など、欧米やアジアの重要な国々におけるポータブルウェブや行政の利用拡大が、世界的な先進的な携帯電話ショーケースの発展を牽引しています。さらに、高度なセルの通常の販売コストの低下は、数字の時間枠にわたって市場の発展を促進するために必要とされます。しかし、2014年から2020年にかけて、先進国の携帯電話市場の発展をいくぶん揺るがす必要があります。

最初に、このレポートでは、スマートフォン市場のシナリオの概要を通じて、業界に関する簡単な情報を提供します。これは、製造技術、スマートフォン市場の成長のために広く、創造的な方法で採用されているアプリケーションで構成されています。世界のスマートフォン市場レポートには、競合の見通し、トレンド要因、業界動向、地域の主要状況に関する詳細な分析も含まれています。これとは別に、2025年の予測期間中にスマートフォン市場の成長に影響を与えている製品の価格と共に、市場成長のリスク要因も挙げられます。市場の追加の属性は、幅広いアプリケーションにわたって広範囲に分析されます。市場の中心的な発展の追加は、将来的に市場の強固なホールドを作るためにレポート分析で提供されています。市場の調査は2025年、基準年、予測期間は2025年まで続きます。

無料サンプルレポート@https://www.wiseguyreports.com/sample-request/4230126-global-smartphone-market-2013-2020をリクエスト

主なプレイヤー

スマートフォン市場レポートでは、大手企業のプロファイルと、市場設定を通じて事業を展開する新興企業を対象としています。この助けを借りて、市場は製造環境の進行中の傾向を意味し、したがって、市場は、グローバルレベルでの競争シナリオを慎重に分析されます。

サムスン電子株式会社
アップル株式会社
ソニー株式会社
ノキア・オイジ
マイクロマックスインフォマティクス株式会社
LGエレクトロニクス株式会社
ファーウェイ・テクノロジーズ株式会社
OPPOエレクトロニクス株式会社
北京小米科技工業有し
レノボグループ株式会社

ドライバーと制約

スマートフォン市場は、市場の成長に大きく貢献している主要なプレーヤーの存在と統合されたままです。このレポートでは、市場の価値、ボリュームの傾向、および価格履歴を調査します。また、予測期間中の市場の高度な理解のために、様々な潜在的な成長要因、制約、機会も分析されます。

地域の説明

スマートフォン市場のレポートは、グローバルノート上の様々な地域にわたって競争力のある戦略を提供します。これは、上記の地域全体でスマートフォン市場の市場規模と将来の成長可能性を評価することを目的としています。

レポートの詳細 @https://www.wiseguyreports.com/reports/4230126-global-smartphone-market-2013-2020

急速に増加する人工知能(AI)の使用に関連するチップの需要は、世界的に重要な自動車および産業セクターによって支えられている業界の世界的な成長に大きく貢献することが期待されています。現在の技術の進歩は、半導体産業の成長機会を広げています。自動車産業は、電気自動車やハイブリッド車の普及率が堅調で、自動運転車の市場ポテンシャルが高い半導体産業。一方、従来車のチップ需要は依然として堅調に推移している。産業部門は、AIチップの需要の増加とセキュリティとヘルスケアの両方の分野での強さによって引き続き推進されています。半導体産業は、スマートフォンの進歩や5G技術の導入によりも牽引されています。一方、家電業界は、テレビ、ビデオゲーム機、ワイヤレスコンソール、ハンドヘルド、デジタルセットトップボックスの需要が絶えず高いため、業界に貢献することが期待されています。世界の半導体業界に大きく貢献しているもう一つの最近の傾向は、ウェアラブルデバイスの需要の高まりです。

データ処理市場の成長は、主にサーバやストレージデバイスの販売により増加する可能性が高い。今後、パーソナルコンピュータの市場は減少すると予想されますが、モノのインターネット(IoT)や機械学習など、サーバーやデータセンターにおけるAIの成長により、減少のバランスが取れると予想されます。現在、人工知能は半導体産業のさらなる10年間の成長サイクルの触媒になると期待されています。AIの新しい魅力的な用途の多くは、チップではなくソフトウェアを通じて採用されるアルゴリズムに依存しますが、接続性、インスタントコンピューティング、センスの必要性は、今後のAIに合わせた半導体の膨大な需要を牽引すると予測されています。年。

お 問い合わせ:

ノラ・トレント

パートナーリレーションズ&マーケティングマネージャー

sales@wiseguyreports.com

www.wiseguyreports.com

電話番号: 1-646-845-9349 (米国)

電話番号: 44 208 133 9349 (イギリス)

Contact Information:

CONTACT US:

NORAH TRENT

Partner Relations & Marketing Manager

sales@wiseguyreports.com

www.wiseguyreports.com

Ph: +1-646-845-9349 (US)

Ph: +44 208 133 9349 (UK)



Keywords:    Smartphone, Smartphone Market, Smartphone Market Growth, Presses Release, Smartphone Manufacturers, Smartphone Status, Smartphone Market Size, Smartphone April 2019, News Release, Smartphone Structure, Smartphone Prospectus, Smartphone Industry Trends, Smartphone Market Growth, Smartphone Market Analysis, Smartphone Market Segmentation, Smartphone market forecast, Smartphone industry analysis, Smartphone research report, Global Smartphone survey
Tags:    Japanese, News, Research Newswire