USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jul 12, 2019 1:46 AM ET

「沈黙の病」に対する生涯の戦い


iCrowd Newswire - Jul 12, 2019

Yohei Sasakawa, president of the Nippon Foundation, is interviewed by IPS in the Brazilian capital, where he concluded a tour of the country aimed at promoting the elimination of Hansen's Disease, better known as leprosy, and also the stigma that make it the

日本財団の佐川洋平理事長はブラジルの首都でIPSのインタビューを受け、ハンセン病の撲滅を目指す国のツアーを終え、ハンセン病の撲滅を目指すツアーを終え、ハンセン病と呼ばれる汚名を「病気」にする汚名も沈黙の」クレジット: マリオ・オサバ/IPS

ブラジリア、2019年7月10日(IPS) – 佐川洋平は「沈黙の病」と闘うために80年の人生の半分を捧げ、日本財団と世界保健機関(WHO)の会長として戦いを続けています。ハンセン病として正式に知られているハンセン病の除去。

彼の現在の重点は、ハンセン病の人々、その家族、さらには既に治癒した人々の苦しみを悪化させる差別、偏見、汚名と戦うことです。彼らはまた、病気の人々が敵意の恐怖から沈黙し続けるので、治療の邪魔に立って、彼はブラジルの首都でのインタビューでIPSに話しました。

 

佐川さんは、聖書の時代から汚名を残した病気の蔓延と社会的影響を減らすことを目的とした活動の一環として、7月1日から10日までブラジルを訪問しました。ブラジリアでは、彼は病気に対するより強烈な努力を促進するために、ジェイル・ボルソナロ大統領、議員、健康と人権当局を動員しました。

ハンセン病に関する全国会議を開催するという考えは、知識を広め、偏見を根絶するための処分を強化する政治的目的と、戦略と努力を改善する技術的な目標を持って、会議から生まれました。病気に対して。

ブラジルは、毎年診断された新しい感染の数に関してインドに次いで2番目です。同国は2019年から2022年にかけてハンセン病対策国家戦略を実施し、特定の地域情勢に合わせた自治体や州レベルの計画も実施した。

東京に本拠を置く日本財団は、いくつかのプロジェクトに資金を提供し、ブラジルでの新しい取り組みを支援する準備を進めています。

ブラジルと日本は、それを取り巻く汚名のために、医療用語からハンセン病という言葉を廃止し、ミコバクテリウム・レプラー・バチルスによって引き起こされる疾患を指す「ハンセン病」という用語を採用しました。笹川氏はIPSとのインタビューでこの名前を使ったが、WHOはハンセン病という言葉を使い続けている。

IPS:なぜハンセン病との戦いとそれが患者とその家族に与えるさまざまな種類の害との戦いをあなたの使命として選んだのですか?

【佐川陽平】 日本財団創設者の父が、遠くに連れ去られ、孤立した若い女性と恋に落ちたのがきっかけです。父は残酷さに驚き、正義を求める精神に駆られて、この運動を始めました。彼女が連れ去られた理由は誰も議論しなかったが、私は心から彼女がハンセン病を持っていたからだと信じている。

その後、父は韓国を含むさまざまな場所に病院を建設し、私は就任式に同行しました。そのとき、私は父が膿を持っていても患者の手足に触れたことに気づきました。彼は彼らを抱きしめた。それは私に感銘を受けました。

私は2つの理由で驚きました。私の父は、そのような状況で人々を簡単に抱きしめて、私を怖がらせました。それに、私はまだ病気に詳しくなかった。私は病気の、不健康なペロを持つ人々を見ました。彼らはまだ生きていた死んだ人々、生きている死者、家族によって放棄された。

私は父の仕事に感心し、すぐに続けるべきだと決めました。

IPS: ハンセンシア症を根絶する上での主な困難は何ですか?

YS:一般的に、問題の専門家や知識人に直面したとき、それが解決することが不可能である10の理由を考え出します。私はそれが可能であるという強い信念を持っているので、私はそれを識別し、同時に解決策を見つけることができるような方法で問題に対処します。

難しいと思う人は、一般的に、データを研究し、紙の周りに押し付け、エアコン付きのオフィスで働きます。最も重要なことは、問題を解決し、行動を起こし始めることができるという確固たる確信を持つことです。

The president of the Nippon Foundation, Yohei Sasakawa (C) is seen meeting with the president of Brazil, Jair Bolsonaro (L), in an IPS screen capture from the video that the president broadcast on Facebook to raise public awareness about the importance of eliminating Hansen's Disease, better known as leprosy, and eradicating the prejudice faced by patients and their families. Credit: IPS

日本財団の代表取締役社長、佐川洋平氏(C)は、社長がフェイスブックで放送した動画のIPSスクリーンキャプチャーで、ブラジルのジャール・ボルソナロ社長(L)と会談し、排除の重要性に対する国民の意識を高める。ハンセン病はハンセン病としてよく知られており、患者とその家族が直面する偏見を根絶する。クレジット: IPS

1980年代以降、1600万人以上の人々がハンセン病の治癒を受けています。現在、世界中で年間20万人の患者が治療を受けています。

IPS:この病気との闘いにおいて、偏見、汚名、差別はどのような役割を果たしますか?

YS:それは良い質問です。WHOで長年働いた後、主に病気の治癒に焦点を当てて、私はすでに治癒した多くの人々が仕事を見つけることができず、結婚することもできないと気づきました。彼らはまだ病気のときに直面したのと同じ条件に苦しんでいた。

私はハンセン病は二輪バイクのようなものだと結論づけました – 前部は治癒できる病気であり、後ろの1つはそれを取り巻く偏見、差別、汚名です。両方の車輪を治さないと治癒は不可能です。

2003年、私は国連人権委員会にハンセンシアシスに対する差別をなくす案を提出しました。7年間の書類と手続きの後、193人の総会は、病気のキャリアだけでなく、治癒した人々とその家族に影響を与えるこの問題を根絶するための決議を満場一致で承認しました。

しかし、偏見や差別は社会を悩ませる病気であるため、これは問題が解決されたことを意味するものではありません。

人々は、ハンセン病は神からの罰、呪い、遺伝的悪であると信じています。人々の心に埋め込まれたこの判断を根絶するのは難しい。今でも、仕事を見つけたり結婚したりできない、回復して完全に癒された患者が多い。新しい法律にもかかわらず、人々の心の偏見のために、彼らの条件は改善されません。

日本では、病気を持つ人の家族の数世代が結婚することができませんでした。これはもはや今日のケースではありません。

だからこそ、私は世界を旅し、病気の影響を受ける人々を取り除く差別に反対する声を上げます。しかし、これらは2000年の間存在してきた偏見です。彼らは2、3年で克服することはできません。

多くの人が私の見解を共有し、闘争に同行します。いつか差別は終わる病気そのものよりも、社会を悩ませる病気を治すのは難しい。

私の努力は、大統領や大臣、リーダーシップの立場にある人々との対話を行い、私のメッセージが政治的な力を獲得し、解決につながるようにすることです。

IPS:日本はどのようにしてハンセン病を根絶したのですか?

YS:一つの方法は、病気を持っていた人々の集団行動でした。この病気に関する知識を広めるために、長期的なメディアキャンペーンが実施されました。映画、書籍、演劇も制作されました。

日本では、ハンセン病は「沈黙の病気」でなくなりました。国は差別を謝罪し、被災者に補償した。しかし、他の国では、病気の影響を受けた人々はまだ戦うために一緒に来ていません。

しかし、ブラジルは非常に活発な動きをしています。

IPS:何ができるかの例として、あなたはハンセンシアシス、モルハンの影響を受ける人々の再統合のためのブラジルの運動を引用します。他の国でも同様の取り組みはありますか?

YS:モルハンは本当にモデルとして際立っています。組織はインドとエチオピアの患者によって形成されていますが、政治的影響力は依然として限られています。日本財団は、このような動きを奨励しています。

IPS: ブラジルを 10 回以上訪問したことがある。パラ州とマラニャン州、北部、ブラジリア州のこのツアーで何か進展を見たことがありますか?

YS:その旅行では、患者さんの家を訪問して話すことはできませんでしたが、国や地域、地方自治体がやる気を起こさせてもらいました。私たちはここで活動を拡大することができるでしょう。どの国でも、大統領や首相などの最高レベルの指導者が主導権を握れば、解決策を加速できる。

我々は、ハンセン病に対する行動を強化するために、可能であれば、保健省が推進し、日本財団が後援する全国会議を開催することに合意した。

ハンセン病の有病率をゼロにし、差別や偏見をなくすため、強い流れが生じると考えています。これが起これば、私の訪問は非常に成功すると考えられるでしょう。

IPS:訪問の結果について何を強調しますか?

YS:ボルソナロ大統領が私たちの会議中にフェイスブックを通じて直接国民に広がったというメッセージは、彼の見解は、すべての政治家、彼のチーム、そして病気を排除する必要性に関するすべての政府当局者に向けて行いました。一緒に働く100万人の方々の支持を得たような気がします。

また、読み取り:

Contact Information:

headquarters@ips.org



Tags:    Japanese, Latin America, News, North America, South America, United States, Wire