USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Aug 15, 2019 2:07 AM ET

マック・カリ・リアルティ・コーポレーション、2019年第2四半期の業績を報告


マック・カリ・リアルティ・コーポレーション、2019年第2四半期の業績を報告

iCrowd Newswire - Aug 15, 2019

ニュージャージー州ジャージーシティ-マックカリリアルティコーポレーション(NYSE:CLI)は本日、2019年第2四半期の業績を報告しました。

2019年第2四半期のハイライト

マイケル・J・デマルコ最高経営責任者(CEO)は、「資金調達、販売、買収、株式調達、オートグラフホテルの開業、およびマルチファミリービジネス全体に関する取引において、私たちにとって素晴らしい四半期でした。郊外のポートフォリオは、本当の強さのポケットでアクティブです。ウォーターフロントの活動は減速しており、ニュージャージーのインセンティブプログラムが更新されていないことに主に起因しています。プログラムはまもなく再開されることを期待しています。2020年初頭に向けて次の処分を開始し、実質的な建設ポートフォリオは予定通り予算通りに進んでいます。最後に、我々はウォーターフロント戦略にコミットしており、今後の四半期の投資家は、その戦略を完全に実行する上で実質的な進歩を期待することができます。木曜日の午前8時30分に我々の結果について話し合うことを楽しみにしています。

財務ハイライト

※以下に示す1株当たりの金額は、すべて希薄化基づきます。

2019年6月30日に終了した四半期の普通株主に対する当期純利益(損失)は、1株当たり22.1百万ドル(0.43ドル)で、1株当たり1株当たりたり1株当たり(0.05ドル)となりました。2018年6月30日に終了した四半期。   2019年6月30日に終了した6ヶ月間の普通株主の純利益は、前年同期の4,180万ドル(1株当たり0.39ドル)に対し、2億2,240ドル(1株当たり2.24ドル)となりました。年。 当四半期の1株当たり当期純利益の変化は、ロックポイント投資の結果としての非現金償還価値調整と、当社の資産売却額7億9100万ドルに伴う利益の損失によって引き起こされた。過去12ヶ月間、希薄株1株につき約0.04ドルの代理戦に関連する増分コスト。 純損失は、オフィスポートフォリオと住宅ポートフォリオの両方で増分リースによって相殺されました。

2019年6月30日に終了した四半期のオペレーション(FFO)からの資金は、6月30日に終了した四半期の4,340ドル(1株当たり0.43ドル)と比較して、3,290ドル(1株当たり0.33ドル)となりました。 2018年6月30日に終了した6ヶ月間、FFOは前年同期の7,870万ドル(1株当たり0.78ドル)と比較して、7,250ドル(1株当たり0.72ドル)に相当しました。

2019年第2四半期のコアFFOは、前年同期の4,520万ドル(1株当たり0.45ドル)に対し、4,000ドル(1株当たり0.40ドル)でした。 2019年6月30日に終了した6ヶ月間、コアFFOは前年同期の9,580万ドル(1株当たり0.95ドル)に対し、8,090ドル(1株当たり0.80ドル)に相当しました。

操作のハイライト

オフィス

マック・カリの連結コアオフィス物件は、2019年3月31日時点で80.9%、フレックスポートフォリオを除く2018年6月30日のリース83.2%に対し、2019年6月30日時点で79.8%のリースを行っています。

2019年第2四半期のオフィスポートフォリオの同じ店舗GAAP収益は0.1%減少し、同店のGAAP NOIは2018年の同じ期間から0.6%減少しました。2019年第2四半期のオフィスポートフォリオの同じ店舗現金収入は4.3%減少し、同店の現金NOIは2018年から7.3%減少しました。同じ店舗の現金収入と同じ店舗現金 NOI は、一連の賃料と FAS 141 の調整を除外します。2019年第2四半期のオフィス同じ店舗の不動産税費用は、主にジャージー市やその他の主要な場所での優れた節税のため、2018年から8.3%減少しました。

2019年6月30日に終了した四半期において、同社は連結インサービス商業ポートフォリオで18件のリースを実施し、合計226,646平方フィートを取得しました。このうち、71,214平方フィート(31.4%)の8件のリースは新規リース用、155,432平方フィート(68.6%)の10件のリースは、フェラーロ・アメリカのリース延長と更新を含む、リース更新およびその他のテナント保持取引でした。 .

2019年第2四半期のコアポートフォリオのレンタルレートのロールアップは、現金ベースで8.7%、GAAPベースで17.7%でした。2019年第2四半期の新規取引の賃料上昇率は、現金ベースで9.1%、GAAPベースで17.6%でした。更新およびその他のテナント保持トランザクションについては、現金ベースで 7.6%、GAAP ベースで 17.8% でした。

集合

ローズランドの比較安定化した事業ポートフォリオは、2019年6月30日時点で97.7%(フロントストリートを除く97.6%)でしたが、Maの96.3%に比べて

rch 31, 2019.同店の売上高は4.4%増、2019年第2四半期の同店純営業利益は5.1%増。2018年に納入された1,212台の安定化に伴い、1,947戸のアクティブな建設ポートフォリオと、ポートインペリアルでの最近のホテル開業と相まって、ローズランドポートフォリオの継続的な成長とキャッシュフローの貢献を想定しています。

マサチューセッツ州ウスターにある365ユニットのコミュニティであるフロントストリートは、2019年第2四半期に安定化を達成し、現在99.5%のリースを行っています。

トランザクションアクティビティ

2019年第2四半期には、以下を含む多数の買収、資金調達、非コア資産の売却を完了しました。

貸借対照表/資本市場

2019年6月30日現在、当社の負債比率は42.7%で、2018年12月31日時点では45.3%、2018年6月30日時点では44.6%でした。2019年6月30日に終了した四半期の調整後EBITDAの純負債は、2018年12月31日に終了した四半期の9.3倍に対して9.5倍でした。 2019年6月30日に終了した四半期の金利カバレッジ比率は2.9倍で、2018年12月31日に終了した四半期の3.1倍に比べて高かった。

配当

2019年6月、当社の取締役会は、2019年7月12日に支払われた2019年第2四半期の1株当たり0.20ドル(1株当たり年間0.80ドル)の四半期配当を宣言しました。 2019年7月2日現在の株主に対する。

ガイダンスと見通し

同社は、2019年通期のコアFFO1株当たり1.58ドルから1.66ドルに絞り込み、当初のコアFFOガイダンス(1.57ドルから1.67ドル)に絞り込んでいます。

   

通年

 
   

2019範囲

 

普通株主に対する当期純利益(損失)

$

3.02

$

3.10

 

追加(控除):

   

継続事業に係る不動産関連減価償却費

 

1.01

 

償還可能非支配利息に対する償還価額調整

 

0.22

 

財産の減損

 

0.06

 

利害のコントロールの変更に関する利益

 

(0.14)

 

単体合弁事業への投資売却益

 

(0.01)

 

賃貸物件の処分に係る損失(利益)の損失(当分)

 

(2.66)

 

債務の早期消滅に係る利益(損失)、純額

 

(0.02)

 

</p class=”prnews>

_p dnr”>分離費

 

0.02

 

管理契約終了原価

 

0.01

 

土地の減損

 

0.02

 

プロキシファイトコスト

 

0.04

 

新しい給与税コンサルティング費用

 

0.01

 

コア FFO

$

1.58

$

1.66

 

 

2019年ガイダンスの前提条件

(百万ドル)

 

改訂

 

 

オフィス稼働率(期末率リース)

79%

 

83%

オフィス同一店舗 GAAP NOI 成長

(6)%

 

(2)%

オフィス同一店現金NOI成長

(12)%

 

(8)%

マルチファミリー同店NOI成長

1.75%

 

3.25%

直線賃料調整&FAS 141 マーク・ツー・マーケット賃料調整

17ドル

 

25ドル

処分(フレックスを除く)

165ドル

 

235ドル

ベースビルディングカペックス

8ドル

 

13ドル

リース・カペックス

66ドル

 

94ドル

G&A(社年分費用の純額)

46ドル

 

50ドル

利息

95ドル

 

103ドル

トピック 842

2.5ドル

 

3.5ドル

このガイダンスは、現在の市場状況に対する経営陣の見解と、賃貸料、稼働率、その他の前提/予測に関する一定の仮定を反映しています。実際の結果は、これらの見積もりと異なる場合があります。

電話会議/補足情報

経営陣との決算電話会議は、2019 年 8 月 8 日午前 8 時30分 (東部標準時) に予定されており、次のサイトでインターネットを通じて生中継されます。
https://edge.media-server.com/mmc/p/y8wt9xro

ライブ電話会議は、(323) 794-2423 を呼び出し、Mack-Cali 電話会議を要求することによってもアクセスできます。

電話会議は、2019 年 8 月 8 日午前 10 時30分 (東部標準時) から http://investors.mack-cali.com/corporate-profile で Mack-Cal の Web サイトで再放送されます。

コールのリプレイは、(719)457-0820を呼び出し、パスコード5043183を使用して、2019年8月8日から2019年8月15日までアクセス可能です。

Mack-Caliの2019年第2四半期フォーム10-Qおよび補足営業および財務データのコピーは、Mack-Caliウェブサイトで以下の通りです。

2019年第2四半期フォーム10-Q:
http://investors.mack-cali.com/sec-filings

2019年第2四半期の補足営業と

財務データ:
http://investors.mack-cali.com/quarterly-supplementals

さらに、これらのアイテムは、以下のリクエストからご利用いただけます。
マック・カリ・インベスター・リレーションズ・リレーションズ部門 –デイドレ・クロケット
ハーバーサイド 3, 210 ハドソンストリート, Ste. 400,ジャージーシティ, ニュージャージー州07311
(732) 590-1025

FFO に関する情報

運用からの資金(「FFO」)は、減価償却可能賃貸物件の損益を除く、一般的に受け入れられている会計原則(「GAAP」)に従って計算される、営業パートナーシップの非支配利益の前に純利益(損失)として定義されます。減価償却費及び償却費及び償却費及び償却費及び及び償却に係る取引(買収及び処分の両方を含む)及び償却に係る減損。当社は、株式REITの業績に関するいくつかの指標の一つとして、1株当たりのFFOが投資家にとって有益であると考えています。さらに、1株当たりのFFOは、減価償却費及び減価償却費に係る不動産取引及び減損の影響を除くと考えている(いずれも、関連性が限定的な歴史的費用に基づくものである)現在の業績を評価する際には、1株当たりのFFOは、株式REIT間の業績比較を容易にすることができます。

1株当たりFFOは、当社の業績を示す表れ、または流動性の尺度としてのキャッシュフローとして、1株当たり当期純利益に代わるものとは考えるべきではありません。 本明細に提示される1株当たりのFFOは、すべての不動産会社が同じ定義を使用しているわけではないため、他の不動産会社が提示する1株当たりのFFOと必ずしも同等であるとは限りません。ただし、当社の1株当たりのFFOは、全米不動産投資信託協会(以下「NAREIT」)の現在の定義を使用する不動産会社の1株当たりのFFOに匹敵します。本プレスリリースに伴う財務表には、1株当たり当期純利益とFFOの調整が含まれています。

コアFFOは、時間の経過に応じ、当社の業績の比較測定を容易にするために、特定の項目に対して調整されたFFOとして定義されています。 コアFFOは、当社の経営陣が、その結果の投資家やアナリストに有用な情報を提供すると考えている補足的な開示としてのみ提示されます。期間。コアFFOは、キャッシュフローを表すことを意図していない非GAAP財務指標であり、GAAPに従って決定された営業活動によって提供されるキャッシュフローを示すものではありません。 コアFFOに対して一般的に認められている定義がないため、当社のコアFFOの取り組みは、他のREITが報告するコアFFOと比較できない場合があります。 このプレスリリースに伴う財務表には、1株当たり純利益をドルおよび1株当たりのコアFFOに調整します。

会社について

国内有数の不動産投資信託(REI)の一つであるマック・カリ・リアルティ・コーポレーションは、北東部の一部のウォーターフロントおよびトランジット指向市場で、プレミアオフィスおよびマルチファミリー・プロパティのオーナー、マネージャー、開発者です。マック・カリニュージャージー州ジャージーシティに本社を置き、同社がマスタープランであるハーバーサイドの開発、改善、場所作りイニシアチブをリードする、都市の繁栄したウォーターフロントの背後にある先見性があります。クラスAのオフィス、高級マンション、多様な小売店やレストラン、公共スペースで構成される目的地。

完全に統合された自己管理企業であるMack-Caliは、ニュージャージー州とその周辺地域で20年間にわたり、世界クラスの管理、リース、開発サービスを提供してきました。そのプロパティと革新的なライフスタイルアメニティパッケージに定期的に投資することにより、Mack-Caliは、テナントや居住者が彼らの仕事や生活の方法を再考する権限を与える環境を作成します。

マック・カリ・リアルティ・コーポレーションとそのプロパティの詳細については、www.mack-cali.comをご覧ください。

本プレスリリースの情報は、当社が証券取引委員会(以下「SEC」といいます)と同じ期間に提出したForm 10-Q(以下「10-Q」)および全てにおいて、その一部を併せて読み、かつ全面的に変更する必要があります。SECに対する同社のその他の公的書類(以下「公的書類」)。特に、本明細書に含まれる財務情報は、10-Qに含まれる財務諸表、それに記載されている脚注及びその中に規定される制限を参照して対象となり、適格である。投資家は、10-Qおよび公的書類に言及することなく、プレスリリースに依存しないかもしれません。

本報告書の一部は、参照によって組み込まれた文書を含め、1934年証券取引法第21E条の意味における将来の見通しに関する記述であると考えています。 当社は、このような将来の見通しに関する記述は、当該法律第21E条に含まれる将来の見通しに関する記述に関するセーフハーバー条項の対象となることを意図しています。 このような将来の見通しに関する記述は、将来の経済パフォーマンス、将来の事業の計画および目標、収益およびその他の財務項目の予測に関連するが、これらに限定されない。 将来の見通しに関する記述は、「可能性」、「意志」、「計画」、「可能性」、「予測」、「期待する」、「予想する」、「見積もり」、「目標」、「継続」、または同等の用語を使用して識別できます。 将来の見通しに関する記述は、本質的に特定のリスク、トレンド、不確実性の影響を受けます。 こうした将来の見通しに関する記述に反映された期待は、当時の合理的な仮定に基づいていると考えていますが、そのような期待が達成される保証はありません。 将来の出来事および実際の結果、財務およびその他の場合は、将来の見通しに関する記述で説明された結果とは大きく異なる可能性があります。 読者は、これらの将来の見通しに関する記述に過度の信頼を置かないように注意してください。

連絡先:

   
     

マイケル・J・デマルコ

デビッド・スメタナ

デイドレ・クロケット

マックカリリアルティ株式会社

マックカリリアルティ株式会社

マックカリリアルティ株式会社

最高経営責任者

最高財務責任者

上級副社長、

(732) 590-1589

(732) 590-1035

 

クラス=”prnews_span”>企業コミュニケーションと投資家関係

 

mdemarco@mack-cali.com

dsmetana@mack-cali.com

(732) 590-1025

investorrelations@mack-cali.com

 

マックカリリアルティ株式会社

連結業務明細書

(1株当たりの金額を除く千単位)(監査なし)

 
 

3ヶ月が終了しました

 

6 か月が終了しました

 

6月30日

 

6月30日

収益

 

2019

   

2018

   

2019

   

2018

リースからの収益

$

116,784

 

$

113,885

 

$

239,799

 

$

239,578

不動産サービス

 

3,530

   

4,074

   

7,372

   

8,735

駐車場収入

 

5,563

   

5,757

   

10,504

   

11,084

ホテル収入

 

2,094

   

   

2,377

   

その他の収入

 

2,490

   

2,873

   

4,658

   

6,159

総収益

 

130,461

   

126,589

   

264,710

   

265,556

</td class=”>

prngen7″ ノーラップ=”ノーラップ”>

費用

不動産税

 

16,597

17,966

33,674

36,327

ユーティリティ

 

7,456

7,555

17,907

20,059

運用サービス

 

26,161

22,939

51,123

48,557

不動産サービス費

 

3,979

4,360

8,245

9,296

人件費のリース

 

542

1,284

一般および管理

 

16,427

13,455

29,020

29,540

減価償却費

 

49,352

41,413

97,398

82,710

財産の減損

 

5,802

5,802

土地の減損

 

2,499

</p class=”>

prnews_p dnr”>

2,499

経費合計

 

128,815

107,688

246,952

226,489

その他(費用)収入

利息

 

(23,515)

(18,999)

(48,289)

(39,074)

利息及びその他の投資利益(損失)

 

515

641

1,339

1,769

非連結合弁事業の利益(損失)の持分

 

(88)

(52)

(769)

1,520

利害のコントロールの変更に関する利益

 

13,790

賃貸処分による実現損益及び未実現損失
プロパティ, ネット

 

255

1,010

268,364

59,196

開発可能な土地の処分に関する利益

 

270

270

単体合弁事業への投資売却益

 

</td >

 

クラス=”prngen7″ ノーラップ=”ノーラップ”>

903

負債の消滅による利益(損失)、純額

 

588

1,899

(10,289)

その他の収入合計(費用)

 

(21,975)

(17,400)

237,507

13,122

当期純利益(損失)

 

(20,329)

1,501

255,265

52,189

連結合弁事業の非支配利益

 

847

95

2,095

125

営業パートナーシップに対する非支配的な利益

 

2,434

142

(25,246)

(4,741)

償還可能非支配利息

 

(5,006)

(2,989)

(9,673)

(5,788)

普通株主に対する当期純利益(損失)

$

(22,054)

 

$

(1,251)

 

$

222,441

 

$

41,785

1株当たりの基本利益:

普通株主に対する当期純利益(損失)

$

(0.43)

 

$

 

クラス=”prnews_p dnr”>(0.05)

 

$

2.24

 

$

0.39

1株当たり希薄化利益:

普通株主に対する当期純利益(損失)

$

(0.43)

 

$

(0.05)

 

$

2.24

 

$

0.39

基本加重平均株式残高

 

90,533

90,330

90,516

90,297

希薄化加重平均株式発行済み

 

100,523

100,598

100,825

100,607

 

マックカリリアルティ株式会社

事業からの資金計算書

(千株/単位金額を除く)(監査なし)

 
 

3ヶ月が終了しました

 

6 か月が終了しました

 

6月30日

 

6月30日

   

2019

     

2018

     

2019

     

2018

 

普通株主に対する当期純利益(損失)

$

 

クラス=”prnews_p dnr”>(22,054)

$

(1,251)

$

222,441

$

41,785

 

追加(控除): 営業パートナーシップの非支配利息

 

(2,434)

(142)

25,246

4,741

 

継続中の不動産関連減価償却費
操作 (a)

 

51,865

45,781

102,033

91,383

 

財産の減損

 

5,802

5,802

 

利害のコントロールの変更に関する利益

 

(13,790)

 

単体合弁事業への投資売却益

 

(903)

 

処分に関する実現(利益)/損失及び未実現損失
賃貸物件、ネット

 

(255)

(1,010)

(268,364)

(59,196)

 

事業からの資金(b)

$

32,924

$

43,378

$

</span class=”prnew>

 

s_スパン”>72,465

$

78,713

追加/(控除):

(利益)/負債の消滅による損失、純額

 

(588)

(1,899)

10,289

 

経営再編にかかる分離・分離コスト

 

1,795

1,562

6,847

 

管理契約終了原価

 

1,021

 

土地の減損

 

2,499

2,499

 

開発可能な土地の処分に関する利益

 

(270)

(270)

 

プロキシファイトコスト

 

4,171

4,171

 

新しい給与税コンサルティング費用

</td class=”prngen4″ nowrap=>

 

“ノーラップ”>

1,313

1,313

 

コア FFO

$

40,049

$

45,173

$

80,862

$

95,849

希薄化加重平均株式/発行済み単位 (c)

 

100,523

100,598

100,825

100,607

1株当たり事業からの資金/単位希釈

$

0.33

$

0.43

$

0.72

$

0.78

希薄化した1株当たりの事業からのコアファンド

$

0.40

$

0.45

$

0.80

$

0.95

</td class=”p>

rngen7″ ノーラップ=”ノーラップ”>

1株当たり配当金の申告

$

0.20

$

0.20

$

0.40

$

0.40

配当性向:

希薄化した事業からのコアファンド

 

50.20

%

44.54

%

49.88

%

41.99

%

補足情報:

資本支出を生み出す非増分収益:

建物の改善

$

383

$

723

$

3,315

$

2,389

 

テナント改善・リース手数料(d)

$

4,800

$

17,939

$

12,731

$

22,407

 

空きスペースに関するテナント改善・リース手数料
1年以上

$

4,216

$

6,851

$

7,698

$

14,546

 

一行賃料調整 (e)

$

4,052

$

(249)

$

6,907

$

2,493

 

市場リース無形固定資産の償却額、純額(f)

$

1,058

$

1,313

$

2,095

$

3,443

 

株式報酬の償却

$

2,218

$

783

$

4,228

$

3,440

 

リース誘因の償却

$

279

$

258

$

583

$

552

 

非不動産減価償却費

$

511

$

536

$

1,050

</td class=>

“prngen7″ ノーラップ=”ノーラップ”>

$

1,047

 

繰延ファイナンス費用の償却

$

1,168

$

1,145

$

2,357

$

2,241

 

(a)

2019年6月30日と2018年6月30日に終了した3ヶ月間の3,025ドルと4,903ドルの非連結合弁事業からの当社の株式、および2019年6月30日と2018年6月30日に終了した6ヶ月間の5,686ドルと9,718ドルを含みます。 2019年6月30日と2018年6月30日に終了した3ヶ月間は、不動産関連以外の減価償却費が511ドル、償却費が535ドル、2019年6月30日と2018年の6ヶ月間に1,050ドルと1,046ドルがそれぞれ除きます。

(b)

運用からの資金は、全米不動産投資信託協会(NAREIT)のFFOの定義に従って計算されます。このリリースの「FFOに関する情報」を参照してください。

(c)

2019年6月30日、2018年6月30日に終了した3ヶ月間の普通株式9,866株と10,213株の償還を前提に、加重平均普通株式を基準に算出し、6株に対して10,014株、10,227株を発行した。2019年6月30日、2018年に終了した月数に加え、希薄な普通株式相当額(ストックオプション)が加算されます。

(d)

少なくとも 1 年間所有されていないテナントスペースの支出を除外します。

(e)

2019年6月30日と2018年6月30日に終了した3ヶ月間の無料賃料$5,410と$2,099、および2019年6月30日と2018年6月30日に終了した6ヶ月間の$10,242と$8,474が含まれます。 また、2019年6月30日と2018年6月30日に終了した3ヶ月間の非連結合弁事業(96)と$(256)、2019年6月30日、2018年6月30日に終了した6ヶ月間の$(325)および$(694)の株式も含まれます。

(f)

2019年6月30日と2018年6月30日に終了した3ヶ月間の単体合弁事業から、それぞれ$0と$107、2019年6月30日と2018年6月30日に終了した6ヶ月間の$0と$107の株式を含みます。

希薄株1株当たりの運用資金(FFO)及びコアFFO

(希薄株当たりの金額(千株を除く)(監査なし)

 
 

3ヶ月が終了しました

 

6 か月が終了しました

 

6月30日

 

6月30日

   

2019

   

2018

   

2019

   

2018

普通株主に対する当期純利益(損失)

$

(0.43)

 

$

(0.05)

 

$

2.24

 

$

0.39

追加 (控除): 不動産関連の減価償却費
継続操作 (a)

 

0.52

   

0.46

    </td class>

=”prngen7″ ノーラップ=”ノーラップ”>

1.01

0.91

償還可能な非支配株主への償還価値調整

 

0.19

0.04

0.22

0.07

財産の減損

 

0.06

0.06

利害のコントロールの変更に関する利益

 

(0.14)

単体合弁事業への投資売却益

 

(0.01)

賃貸処分による実現損益及び未実現損失
プロパティ, ネット

 

(0.01)

(2.66)

(0.59)

非支配利息/丸め調整

 

(0.01)

(0.01)

事業からの資金(b)

$

0.33

 

$

0.43

 

$

0.72

 

$

0.78

追加/(控除):

(利益)/負債の消滅による損失、純額

 

(0.01)

クラス=”prngen7″ ノーラップ=”ノーラップ”>

(0.02)

0.10

経営再編にかかる分離・分離コスト

 

0.02

0.02

0.07

管理契約終了原価

 

0.01

土地の減損

 

0.02

0.02

プロキシファイトコスト

 

0.04

0.04

新しい給与税コンサルティング費用

 

0.01

0.01

非支配利息/丸め調整

 

0.01

コア FFO

$

0.40

 

$

0.45

 

$

0.80

 

$

0.95

希薄化加重平均株式/発行済み単位 (c)

 

100,523

100,598

100,825

100,607

 

(a)

2019年6月30日と2018年6月30日に終了した3ヶ月間の単体合弁事業から0.04ドル、0.05ドル、2019年6月30日と2018年6月30日に終了した6ヶ月間の0.09ドルと0.10ドルの株式を含む。

(b)

運用からの資金は、全米不動産投資信託協会(NAREIT)のFFOの定義に従って計算されます。このリリースの「FFOに関する情報」を参照してください。

(c)

2019年6月30日、2018年6月30日に終了した3ヶ月間の普通株式9,866株と10,213株の償還を前提に、加重平均普通株式を基準に算出し、6株に対して10,014株、10,227株を発行した。2019年6月30日、2018年に終了した月数に加え、希薄な普通株式相当額(ストックオプション)が加算されます。

マックカリリアルティ株式会社

連結貸借対照表

(1株当たりの金額を除く千単位)(監査なし)

 
   

6月30日

   

年12月31日

資産

 

2019

   

2018

賃貸物件

         

土地及び賃貸権益

$

916,807

 

$

807,236

建物と改良

 

4,358,948

   

4,109,797

テナントの改善

 

297,240

   

335,266

家具、備品、備品

 

67,004

   

53,718

   

5,639,999

   

5,306,017

減価償却累計額を減らす

 

(968,237)

   

(1,097,868)

   

4,671,762

   

4,208,149

賃貸物件を販売、ネット

 

   

108,848

賃貸物件の純投資額

 

4,671,762

   

4,316,997

現金及び現金同等物

 

60,638

   

29,633

制限付き現金

 

17,892

&

nbsp;

19,921

非連結合弁事業への投資

 

215,957

232,750

未請求賃料売掛金、純額

 

93,324

100,737

繰延手数料、のれん及びその他の資産、純額

 

258,663

355,234

売掛金勘定、疑わしい勘定の引当金の純額 $1,319 および $1,108

 

9,476

5,372

総資産

$

5,327,712

 

$

5,060,644

負債と資本

シニア無担保ノート、ネット

$

570,899

 

$

570,314

無担保リボルビング・クレジット・ファシリティーと定期ローン

 

424,180

790,939

住宅ローン、借入金及びその他の債務、純額

 

1,692,563

1,431,398

配当金及び支払掛金

 

21,722

21,877

買掛金勘定、未払費用およびその他の負債

 

202,830

168,115

事前に受け取った家賃と保証金

 

34,467

41,244

未払利息

 

8,631

9,117

負債合計

 

2,955,292

3,033,004

コミットメントと不測の事態

償還可能な非支配株主持分

 

496,372

330,459

株式:

マック・カリ・リアルティ・コーポレーションの株主資本:

普通株式、0.01ドル相当、190,000,000株公認、

発行済株式総数 90,553,357 株、発行済株式総数 90,320,306 株

 

906

903

追加の支払資本

 

2,539,547

2,561,503

当期純利益を上回る配当金

 

(895,824)

(1,084,518)

その他の包括利益累計額(損失)

 

958

8,770

マック・カリ・リアルティ・コーポレーション株主資本合計

 

1,645,587

1,486,658

子会社の非支配的利益:

業務提携

 

181,296

168,373

連結合弁事業

 

49,165

42,150

子会社の非支配株主持分合計

 

230,461

210,523

資本合計

 

1,876,048

1,697,181

負債及び資本合計

$

5,327,712

 

$

5,060,644

Contact Information:

Mack-Cali Realty Corporation



Tags:    Japanese, Latin America, News, North America, Press Release, South America, United States, Wire