USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Oct 11, 2019 1:28 AM ET

アドビは、米国の制裁のためにサービスを失うベネズエラのユーザーが払い戻しを受けると言います


iCrowd Newswire - Oct 11, 2019

ベネズエラのAdobeのお客様は、月曜日に米国の制裁によりアカウントが停止されることを電子メールで通知されたが、結局払い戻しを受けることができる。同社は当初、顧客に払い戻しができない理由として米国の執行命令を挙げ、月曜日に掲載された元のサポート文書の中で、制裁は「販売、サービスを含まない事業体とのすべての活動の停止」を求めている、サポート、払い戻し、クレジットなど」

サポートドキュメントが更新され、Adobe から直接購入したお客様は月末までに払い戻しを受けると記載されています。この文書はまた、ユーザーがデザイン中心のソーシャルネットワークBehanceにもアクセスできると述べているが、以前は、禁止は無料サービスにも影響を与えると述べていた。

この制裁は、ベネズエラのマドゥロ大統領の「国際金融システムと国際社会から非合法な政権」を隔離する取り組みとして、8月にトランプ政権によって実施された。ベネズエラのユーザーを遮断するというAdobeの決定が、ベネズエラ政府を扱う約200の特定の腐敗した企業や個人に制裁を与えるものであり、行政命令の遵守を超えているかどうかについて議論が行われている。市民。その代わりに、Adobeの動きに最も影響を受けたのはベネズエラのデザイナーで、10月28日までアカウントにコンテンツをダウンロードする必要があります。

Adobe の広報担当者はThe Vergeに対し、「ベネズエラではベーランスが引き続きアクセス可能であることを確認できる。また、Adobe から直接購入されたお客様は、月末までに返金されます。私たちは同じようにパートナーと協力しています。お客様にごく困難をおかけして申し訳ございません。当社の事業やお客様の活動が利用可能になった時点で、当社の事業や顧客活動にどのような影響を与えるかについて、より詳細な情報を共有します。

Contact Information:

Dami Lee



Tags:    Japanese, News, United States, Wire