USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Oct 11, 2019 1:26 AM ET

アメリカン航空は、1月にボーイングの737 Maxジェット機のフライトを再開すると発表しました。


iCrowd Newswire - Oct 11, 2019

写真:デビッド・ライダー/ゲッティ・イメージズ

アメリカン航空は2020年1月にボーイングの737 Maxジェット機の運航を再開します。10月9日にオンラインで掲載された声明の中で、航空会社は、ソフトウェアの更新が連邦航空当局による「今年後半」に、同業者のジェット機の再認定につながることを期待していると述べている。

ボーイング社は今年後半に最終認証パッケージをFAAに提出する予定です。これを予想して、アメリカ人は1月16日から「商用サービスのためのMAXのゆっくりと段階的」を期待し、「月を通して、2月に航空機の飛行を増やす」と言います。

FAAは、2018年10月と2019年3月に2回の致命的な墜落事故が発生し、合計346人が死亡した後、すべてのボーイング737マックスジェット機の接地を命じた。両方のクラッシュは、ボーイングが操縦特性増強システム(MCAS)として知られている737 Maxにインストールしたソフトウェアの一部にリンクされています。

ソフトウェアは、飛行機が航空機の設計を補うために役立ちました。しかし、センサーが破損した場合、システムは車両が失速していると考えて機首を押し下げ、最終的には潜水に入れるだろう。重要なのは、パイロットはシステムに対する適切なトレーニングを受けておらず、原因となる可能性のある問題を修正する方法を知りませんでした。

この動きは航空会社に大きな負担をかけたが、顧客への影響を最小限に抑えながら飛行機をサービスから外すのに苦労した。SECの提出書類によると、アメリカン航空は現在、24機のボーイング737 Max 8機を発注し、76機を追加したという。

2つのクラッシュに対する進行中の調査は、すべての主要なキャリアからのキャンセルの発表のカスケードセットにつながっています。アメリカ人は9月3日までフライトをキャンセルしましたが、FAAが航空機のフライトコンピュータに新たな問題を発見した後、秋の後半まで航空機の復路をプッシュすることを選択しました。

アメリカン航空は、航空機の撤去は毎日約115便をキャンセルする必要があることを意味し、2019年第2四半期には1億8500万ドル以上の費用がかかると述べている。同社は、第3四半期の決算発表に対する接地の通年の影響を更新すると述べている。

客室乗務員組合は、アメリカや他の航空会社に安全を優先するよう呼びかける声明を出した。「私のメンバーは、空中に戻る前に、この航空機の完全な安全性を保証することが不可欠です」と、28,000人の客室乗務員を代表するプロの客室乗務員協会の全国会長、ロリ・バッサニは言いました。アメリカン航空。「当社の航空会社の乗組員と乗客は、空域に再突入する前に最高レベルの保証を受けるに値します。私たちの生命と乗客の命はそれに依存し、私たちの生活は販売されていません。

Contact Information:

Andrew J. Hawkins



Tags:    Japanese, News, United States, Wire