USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Oct 11, 2019 12:54 AM ET

ミレニアル世代の住宅所有率は過去10年間で20%下落した、ValuePenguin.com調査


ミレニアル世代の住宅所有率は過去10年間で20%下落した、ValuePenguin.com調査

iCrowd Newswire - Oct 11, 2019

ニューヨーク州 – 10年分の人口動態と経済の変化の後、米国は新しいValuePenguin.comレポートによると、賃貸人と住宅所有者の間のバランスに大きな変化を見ています。最も顕著なのは、ミレニアル世代の住宅所有率が過去10年間で20%減少したことを明らかにした。

賃貸住宅の増加がすべての世代の住宅所有者の成長を上回り続けるにつれて、この調査はまた、賃貸人が歴史的に住宅所有者の間ではるかに人気があったタイプの住宅を賃貸する可能性が高くなっていることを発見しました。

主な調査結果:

ValuePenguin.com、国勢調査局のアメリカン・コミュニティ調査(ACS)からデータを取得し、賃貸と住宅購入が年齢層や構造にどのようにシフトしているかを調べている。この研究を執筆したリサーチアナリストのクリス・ムーン氏は、この分析の目的で2013年から2017年までの5年間の推計値を調べた。

ValuePenguin.comについて:ValuePenguin.com、融資ツリー(NASDAQ:TREE)の一部は、綿密な調査を行い、消費者を最高の財務上の意思決定に導くために客観的な分析を提供するパーソナルファイナンスウェブサイトです。ValuePenguin は価値に焦点を当て、特定の決定のリターンがそのオプションのコストまたはリスクに見合っているかどうか、および他の可能な選択肢とどのように積み重なっているかを評価します。詳しくは、Facebookページなどのwww.valuepenguin.comをご覧@ValuePenguin、

Contact Information:

Divya Sangam (Ms.)
646 693 8445
Divya@Valuepenguin.com



Tags:    Japanese, Latin America, News, North America, Press Release, South America, United States, Wire