USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Nov 8, 2019 4:33 AM ET

クラウド分散型ダービス拒否 (DDoS) 緩和ソフトウェア市場 2019 年 グローバル分析、シェア、トレンド、主要プレーヤー、機会と予測 2024 年まで


クラウド分散型ダービス拒否 (DDoS) 緩和ソフトウェア市場 2019 年 グローバル分析、シェア、トレンド、主要プレーヤー、機会と予測 2024 年まで

iCrowd Newswire - Nov 8, 2019

2018年、世界のクラウド分散型Dervice拒否(DDoS)緩和ソフトウェア市場規模は200万米ドルで、2025年末までに2019~2025年にはCAGRがxx%に達すると予想されています。

このレポートは、グローバルなクラウド分散拒否 (DDoS) 軽減ソフトウェアのステータス、将来の予測、成長機会、主要市場、主要プレーヤーに焦点を当てています。この研究の目的は、米国、ヨーロッパ、中国におけるクラウド分散型ダービス拒否(DDoS)緩和ソフトウェア開発を提示することである。

情報通信技術業界が多様な業種から得ている大きな牽引力は、ワークフローを簡素化する能力によるものです。AIとロボットは、以前は人間の干渉のために多くの時間を取っていた仕事をするために採用されています。これにより、より対面的なコミュニケーションアプローチから、よりデジタルなアプローチへの移行プロセスも緩和されました。世界銀行やその他の国際機関からの取り組みの急増は、政策やプログラムでデジタル格差を埋めたいという要望が高まっているため、大きな影響を受けています。国連はこの問題を持続可能な開発目標(SDG)とみなし、2020年までにこの見解の下で奪われた国々を引き上げる計画です。業界は、ビッグデータ革命とブロックチェーンを含めることから、より多くの利益を得ることが期待されています。

無料サンプルレポート@https://www.wiseguyreports.com/sample-request/4127136-global-cloud-distributed-denial-of-dervice-ddos-mitigationをリクエストする

この研究で取り上げた主なプレーヤー
マイクロソフト
AT&T
Google
アマゾン
Oracle
クラウドブリック
Akamai
クラウドフレア
Centurylink
インペルヴァ

タイプ別の市場セグメント、製品はに分割することができます
ネットワークの保護
サーバーの保護
アプリケーションの保護

アプリケーション別市場セグメント(分割)
大企業
中小企業
公的機関

地域/国別の市場セグメント、このレポートは、
米国
ヨーロッパ
中国
日本
東南アジア
インド
中南米

サウンドの動作は、視聴覚、電話網、およびコンピュータ ネットワークをスレッド化する単一のケーブルまたはリンク システムから開始されます。これは、主要な市場要因でもあるコストを大幅に削減します。しかし、業界はまだ進化しており、先に他の産業を変革することができます。ITCは、中核的なインターネット対応の球体とモバイル、ワイヤレスのものを持っています。固定電話、ラジオ、テレビ放送などの伝統的な技術も不可欠な役割を果たしています。しかし、人工知能(AI)とロボティクスの2つの最新技術が市場を押し進めています。スマートフォンの統合により、成長はさらに緩和されました。

……続けた

完全なレポート @ https://www.wiseguyreports.com/reports/4127136-global-cloud-distributed-denial-of-dervice-ddos-mitigationへのアクセス

お 問い合わせ:

ノラ・トレント

パートナーリレーションズ&マーケティングマネージャー

sales@wiseguyreports.com

電話: 1 (339) 368 6938 (米国)

電話: 44 208 133 9349 (イギリス)

Contact Information:

Contact Us:

Norah Trent

Partner Relations & Marketing Manager

sales@wiseguyreports.com

Ph: +1 (339) 368 6938 (US)

Ph: +44 208 133 9349 (UK)



Tags:    Japanese, News, Research Newswire