USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Nov 8, 2019 1:07 AM ET

グーグルの幹部は、彼らがセクハラをどのように扱ったかについて取締役会によって調査されています


iCrowd Newswire - Nov 8, 2019

イラスト:アレックス・カストロ/ザ・ヴェルジュ

Alphabetの取締役会は、同社がセクシャルハラスメントや不正行為の主張をどのように扱うかについて内部調査を開始し、調査を行う独立した分科会を結成し、外部の法律事務所を雇う。CNBC.

調査は、Googleとアルファベットの高級幹部によるセクシャルハラスメントに関する過去1年間の一連の報告の後に行われます。

「公的裁判所の提出で既に確認されているように、2019年初頭に、アルファベットの取締役会は、過去の職場行動に関する様々な訴訟で株主が行った主張を検討する特別訴訟委員会を結成しました」とアルファベットはコメントしました。発表に応じてスポークスマン。

CEOのスンダル・ピチャイとアイリーン・ノートン(グーグルの人びと業務のVP)は、昨年10月にニューヨーク・タイムズ紙に対し、当時48人の従業員が退職せずに過去2年間に解雇され、そのうち13人が「シニア」であったと明らかにした。マネージャー以上」

それにもかかわらず、セクハラの報告が続き、同社との緊張が高まっている。2018年11月1日のタイムズのレポートに応じて、20,000人のGoogle従業員がウォークアウトを行います。そのウォークアウトの主催者の2人、クレア・ステイプルトンとメレディス・ウィッテカーは、そのウォークアウトをめぐって今年初めにGoogleから報復を報告した。ステープルトンは6月、報復により会社を完全に辞める決心をしたと発表したが、ウィテカーは7月にAI倫理に専念するために退社し、「Googleは私がこの仕事を続けることができる場所ではないことは明らかだ」と述べた。

Googleは新たな告発の件についてほとんど沈黙を保っているが、一緒に考えると、親会社Alphabetがこれらの事件の今後の取り扱いについて調査することに興味を持っている理由は容易に理解できる。

Contact Information:

Chaim Gartenberg



Tags:    Japanese, News, United States, Wire