USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Nov 9, 2019 6:42 PM ET

ナイトローグループ、LLPは新しいフォルクスワーゲン詐欺訴訟に続く


iCrowd Newswire - Nov 9, 2019

ロサンゼルス、フォルクスワーゲン(VW)の消費者は、「汚れたディーゼル」詐欺スキャンダルの結果として失われた利益を取り戻そうとする最新のスキームのためにVWに対して訴訟を起こしています。原告は、フォルクスワーゲンの意図的な虚偽表示と、ソン・ビバリー法に基づく義務の遵守を怠ったとして懲罰的損害賠償を求めている。

2014年5月、フォルクスワーゲンのディーゼルエンジンの実際の亜酸化窒素排出量と報告された排出量との間に不一致が明らかになった。カリフォルニア大気資源委員会(CARB)と米国環境保護庁(EPA)は、その後、エンジンの実際の排出量とコンプライアンス試験中に報告された排出量の差に警戒感を示し、調査を開始しました。

数ヶ月にわたる調査の結果、フォルクスワーゲンが2.0リッターディーゼルエンジンを搭載した2009年型車を皮切りに、意図的に「敗北装置」を開発し、搭載していることが判明した。敗北装置は、EPAの排出ガス試験パラメータに一致する条件を検出した場合、エンジンの性能を変更して排出量を削減しました。しかし、実際の運転では、排出量は法的限界を超えて急増しました。

2年後、州当局と連邦当局は、フォルクスワーゲン(フォルクスワーゲン・グループ・オブ・アメリカとドイツの親会社であるフォルクスワーゲンAGの両方を含む)に対して刑事訴追を開始した。その過程で、調査官は、同じ敗北装置が米国で販売されているフォルクスワーゲンの3.0リットルディーゼルエンジン車搭載されていたことを発見しました。フォルクスワーゲンは、敗北装置とその車両の真の排出量に関する情報を意図的に隠しました。

刑事および規制上の料金を解決するために、フォルクスワーゲンは、特にリコールを介して排出量ソフトウェアをリプログラミングし、多くの非準拠車両を買い戻す(またはリースをキャンセルする)ことを含む同意命令を締結しました。変更された排出ソフトウェアと共に、フォルクスワーゲンは、新しい排出量レベルと元の認証された排出量との詳細な比較と開示を含む、変更による影響の明示的な書面による開示を提供する必要がありました。燃費やメンテナンスに及ぼす影響。

フォルクスワーゲンは、買い戻した車両を廃棄するか、潜在的な買い手に対して、車両が買い戻しであることを特定の開示を含めることによって、これらの「汚れたディーゼル」車の数百万台を買い戻さなければならないというコストを吸収することができました「汚れたディーゼル」訴訟から。フォルクスワーゲンは、詐欺の結果である「教訓」までそれをチョークし、再パッケージされた「汚れたディーゼル」に対する低い利益を受け入れた可能性があります。訴訟によれば、フォルクスワーゲンは再販車の利益を最大化し、損失を相殺するための新しい詐欺的なスキームを実施した。

フォルクスワーゲンの新しいスキームは、買い戻された車両を「認定中古車」として、疑いのない消費者に再販する決定に関与したと伝えられている。フォルクスワーゲンは、車両が汚れたディーゼル訴訟からの買い戻しであることを明らかにしませんでした。フォルクスワーゲンはまた、車両の排出システムが修正されていないか、修正されたが、その修正が大幅かつ重大に自動車の性能に影響を与えたことも明らかにしなかった。フォルクスワーゲンは、カリフォルニア州の消費者の損害に対する悪い行動からさらなる利益を得ることを許されるべきではない。

ナイト・ロー・グループのスティーブ・ミホフが代表を果たすリバーサイド郡とロサンゼルス郡で、事件は現在保留中です。

Contact Information:

SOURCE Knight Law Group, LLP



Tags:    Japanese, Latin America, News, North America, Press Release, South America, United States, Wire