USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Nov 10, 2019 6:26 PM ET

国家サイバーセキュリティアライアンスは、インディアナポリスで消費者と中小企業のためのオンライン安全ワークショップを開催します


国家サイバーセキュリティアライアンスは、インディアナポリスで消費者と中小企業のためのオンライン安全ワークショップを開催します

iCrowd Newswire - Nov 10, 2019

インディアナポリス— 国家サイバーセキュリティアライアンス(NCSA)は、すべての市民がオンラインでより安全で安全な滞在を支援することに焦点を当てた非営利の官民パートナーシップです。11月14日(木)、NCSAはインディアナポリス・マリオット・ノース・ホテルで、消費者向けと企業向けの2つの無料サイバーセキュリティワークショップを開催します。

NCSAは、毎年10月に開催される国家サイバーセキュリティ啓発月間(NCSAM)の活動を受け、誰もがオンラインでより安全で安全に過ごすための教育を行うことを使命としています。NCSAは、家族や従業員のために使いやすいツールやリソースを共有することで、両方のグループが非常に効果的なサイバーセキュリティの基礎を学ぶのに役立ちます。サイバーセキュアを維持することの重要性に対する意識が高まるにつれて、今こそ行動を起こす時です。NCSAの教育・戦略的イニシアティブディレクター、ダニエル・エリオットは、両方のイベントを促進します。

平均的なアメリカの家庭は、一人当たり8つのインターネット接続デバイスを持っており、成人の4分の1は常に接続されています。この接続性の向上に伴い、消費者は安全を維持するために、シンプルでインパクトのある手順を最新の状態に保つことが不可欠です。サイバーセキュア・ユア・ファミリー&ホーム・ワークショップ(午前9時~午前11時)では、コネクテッドホームの確保方法や「外出先」のオンライン安全やスマートプラクティスについて家族と話す方法など、サイバーの基本を学びます。トッド・コソウ、連邦取引委員会の中西部地域長、ニック・スタージョン、IUヘルスとIU医学部の情報セキュリティディレクターなどの専門家は、知識とベストプラクティスを共有します。また、お客様が家に持ち帰るためのリソースもたくさんあります。

家族向けのイベントに続き、NCSAはサイバーセキュア・マイ・ビジネス™ワークショップを開催します。このイベントは、小規模な組織がすべて貴重なデータを持っていることを出席者に思い出させ、サイバー犯罪者の主要な標的となります。小売、レストラン、非営利団体、地方自治体、学校などを含むこれらの企業は、機密性の高い資産を保護することに関しては、多くの場合、リソース不足です。NCSA は、組織が次の方法を学ぶのを支援するために、無料のハンズオン半日ワークショップを作成しました。

議論を主導する特別ゲストや業界の専門家には、FBIのインディアナポリス・フィールド・オフィスの特別捜査官ジョン・デビッドソンが含まれます。クリス・ファー、アドバイザー、セキュリティ意識と国際市場のイーライ・リリー&カンパニー;メレディス・ハーパー、イーライ・リリー・アンド・カンパニーのCISO副社長。J.D.ヘンリー、サイバーセキュリティアドバイザー、地域VII、サイバーセキュリティ&インフラセキュリティエージェンシー、マーク・スウェアリンゲン、ホール、レンダー、キリアン、ヒース&ライマンP.C.の弁護士

「自宅でも職場でも、私たちは皆テクノロジーでつながっています。サイバーセキュリティの基礎を学び、実践する必要があります。「困難な作業のように思えるかもしれませんが、家族や企業が貴重なデータを保護するために実装できるユーザーフレンドリーな手順があります」と、ダニエル・エリオットは言いました。「これらのワークショップはどちらも、必ずしも技術的な背景を持たない人々を教育し、影響を与えるように設計されたコンテンツを共有します。私たちの目標は簡単です:誰もが自分の個人およびビジネス資産をより良く保護するための行動を取るようにする権限を与えます。

NCSAのサイバーセキュア・マイ・ビジネス™は、中小企業(SB)が非技術的で非脅威的なアプローチを通じてオンラインでより安全で安全であることを学ぶのを助けるために設計された国家プログラムです。NCSAは全国のコミュニティを拠点とし、サイバーセキュリティの基本に関するSBを教育し、データをより安全に保護するための積極的なステップとともに、実際のシナリオを提供しています。インディアナポリスのワークショップは、さまざまな無料リソースを提供し、一般的なサイバー脅威やサイバー誤解をカバーするだけでなく、オンラインセキュリティを強化するための実用的なヒントや「迅速な勝利」を提供します。ゲストは、さまざまなバックグラウンドを持つ専門家に会い、サイバーリスク戦略の構築を開始し、最終的には競争上の優位性としてサイバーセキュリティを使用する機会を持つことになります。
以下は、サイバーセキュア・マイ・ビジネス™ワークショップのアジェンダのスナップショットです。
12:00~12:00登録
午後1時~午後2時:地元および国の専門家とのファイアサイドチャット
午後2時~午後4時:参加者がサイバーセキュリティとは何かを定義し、一般的な誤解を特定し、今すぐ行動を起こすための「迅速な勝利」を学び、サイバーセキュリティの脅威を最小限に抑えるための独自の戦略の策定を開始する卓上演習.

詳細を学び、消費者ワークショップに登録するには、サイバーセキュアあなたの家族&ホームワークショップをご覧ください。ビジネスに焦点を当てたイベントの詳細と登録については™ここをクリックしてください。

オンラインで安全に過ごす方法の詳細、および追加のアカウント セキュリティ情報を提供する Web サイトへのリンクについては、www.staysafeonline.orgにアクセスしてください。

NCSAについて
NCSAは、サイバーセキュリティとプライバシー教育と意識を促進する国内有数の非営利の官民パートナーシップです。NCSAは、政府、産業、市民社会の幅広いステークホルダーと協力しています。NCSAの主要パートナーは、サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁とNCSAの取締役会で、ADPの代表者を含みます。アメリカン・エキスプレス;バンク・オブ・アメリカ;シスコ;コフェンス;コムキャスト株式会社イーライ・リリーとカンパニー;ESET北米;フェイスブック;グーグル;インフォセック;インテルコーポレーション;ログイン;マリオット・インターナショナル;マスターカード;マイクロソフト株式会社;マイムキャスト;プルーフポイント;レイセオン;シマンテック株式会社トレンドマイクロ株式会社ウーバー;米国銀行;ビザとウェルズ・ファーゴ

NCSAの中核的な取り組みには、国家サイバーセキュリティ啓発月間(10月)が含まれます。データプライバシーデー(1月28日);サイバーセキュア私のビジネス™。NCSA の詳細については、staysafeonline.org/about-us/overview/を参照してください。

Contact Information:

National Cyber Security Alliance



Tags:    Japanese, Latin America, News, North America, Press Release, South America, United States, Wire