USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Dec 2, 2019 8:00 AM ET

世界の抗体断片市場生産・消費レポート 2019-26


iCrowd Newswire - Dec 2, 2019

IoT in Logistics

世界の抗体断片市場は2018年15,450.0Mnで評価され、2026年には29,673.3 Mnに達すると予想され、予測期間中にCAGRは8.5%の成長を見込んでいます。

抗体断片市場はまだ新しい段階にあります。現在研究が行われている抗体断片のほとんどは、がんを対象としています。抗体断片市場の成長を促進する主な要因の1つは、標的疾患の罹患率の増加である。国際がん研究機関(Globocan)によると、がんの発生率は2018年の1,810万人から2026年には約2,200万人に増加する見込みです。

抗体断片市場市場2016-23レポートのサンプルコピーを入手する:https://www.alltheresearch.com/report/118/antibody-fragments-market

これとは別に、全長抗体に対する抗体断片の利点も市場の主要な原動力となっている。全長抗体の重量は約150kDaである。抗体断片は、その種類に応じて、25kDa〜110 kDaの間の任意の場所に重量を有する。抗体断片のサイズが小さいほど、全長抗体と比較して、腫瘍へのより良い浸透を促進し、したがって、より良い結果を得る。

さらに、Fab、F(ab’)2、scFv、sdAbなどの抗体断片は、抗体のFc領域を欠いているため、抗体のFc部分と細胞上のFc受容体との間に非特異的結合のリスクを排除します。

しかし、抗体断片の承認に関する厳格な規制ガイドラインは、市場の成長を妨げることが期待されます。抗体断片は、世界中の規制機関によって厳しく規制されている生物学的製剤です。あらゆる種類の生物学的製剤を承認する一方で、製品の製品関連およびプロセス関連の特性の両方が製品を承認する間に考慮されます。

抗体断片の製造プロセスには、発現培地として細菌または酵母細胞培養物が含まれる。従って、潜在的な細菌は、宿主細胞DNA、宿主細胞タンパク質、残留タンパク質A/L(精製にタンパク質A/Lクロマトグラフィーが用いられた場合)汚染が深刻な懸念を引き起こす可能性がある。

主な調査結果:

クエリまたは特定の要件がありますか?業界の専門家にhttps://www.alltheresearch.com/speak-to-analyst/118お尋ねください

最近のニュース:

レポートで回答された主な質問:

すべてのカスタマイズニーズに関する詳細と具体的な関心事をここに提出https://www.alltheresearch.com/customization/118

すべての研究について:

オールザリサーチは、市場を作ることを目的として形成されました業界のブレークスルーを管理するための重要なツールを研究します。市場のリーディングリサーチプロバイダーとして、同社はビジネスクリティカルなリサーチソリューションをグローバルクライアントに提供しています。意思決定のための市場調査とコンサルティングデータに依存する多数の企業の調査の結果は、単なるデータポイントではなく、違いを生み出す適切な分析であることを私たちに気付きました。

すべての研究ニーズに対して、次のサイトでお問い合わせください。
電子メール:
contactus@alltheresearch.com
米国: 1-888-691-6870
住所:39180 リバティストリートスイート110、フリーモント、CA 94538、アメリカ合衆国

Contact Information:

For all your Research needs, reach out to us at:
Email:
contactus@alltheresearch.com
US: 1-888-691-6870
Address:39180 Liberty Street Suite 110, Fremont, CA 94538, USA



Keywords:    antibody fragments,antibody fragments Market, antibody fragments Industry, antibody fragments Market Trends, antibody fragments Market Growth
Tags:    Extended Distribution, Japanese, News, Research Newswire