USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jan 15, 2020 1:38 AM ET

新しいアップルの特許は、部屋のどこからでも音をシミュレートすることができる仮想スピーカーを想像します


iCrowd Newswire - Jan 15, 2020

画像: USPTO

アップルは、オーディオの仮想ポジショニングに関する特許を取得したばかりで、最終的には新しい没入型オーディオアプリケーションの基礎を築くことができました。これは、ユーザーが特別なヘッドフォン技術を通じて部屋のどこに物理的に位置しているかを聞くことを可能にする先月アップルが提出した以前の特許に基づいています。今日の特許はまったく同じことをしますが、MacBookスピーカーが内蔵されています。

9to5Macによると、クロストークキャンセルを使用して動作する仮想音響システムで、ユーザーはスピーカーとは異なる場所から音が聞こえるように感じさせます。(クロストークとは、スピーカーの左右のチャンネルから耳が受け取る音波の重なりを指します。Patently Appleが報告するこの効果は、音声信号に、音を空間内に事実上配置させる「空間的手掛かり」を含めることを可能にすることです。特許アップルによると、この特許は2018年に出願された。

これは、スポーツ放送を聴きながら、例えば、存在感を高めるために使用することができます。特許のビジネス用途はかなり明らかですが(より良い電話会議を考える)、例えば、ゲームやテレビ番組に適用して没入感を感じさせるエンターテイメントアプリケーションがあります。つまり、いつかコンピュータでさらにテレビを見ているかもしれません。

Contact Information:

Bijan Stephen



Tags:    Japanese, News, United States, Wire