USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jan 15, 2020 1:13 AM ET

WSJによるこの「クラウドホッパー」ハッキング調査を読んでください


iCrowd Newswire - Jan 15, 2020

イラスト:アレックス・カストロ/ザ・ヴェルジュ

ウォールストリートジャーナルの調査によると、政府主催の中国のハッカーによって行われた「クラウドホッパー」として知られる世界的なハッキングキャンペーンは、当初報告されたよりもはるかに悪かったと、ウォールストリートジャーナルの調査によると、完全に読むべきです。

報告書は「少なくとも1ダースのクラウドプロバイダー」が影響を受けたが、HPに焦点を当て、侵入の深刻さと攻撃と防御に使用される戦術を示している。

「ジャーナルは、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ社が非常にオーバーランしていたので、同社が顧客にすべてを与えたとしても、クラウド企業はハッカーがクライアントのネットワークに再び入るのを見ていないことがわかりました。

「雲の中では、APT10として西洋の役人や研究者にAPT10として知られているハッカーは、クライアントの広大な星座にアクセスしていました。ジャーナルの調査は、リオ・ティント、フィリップス、アメリカン航空グループ社、ドイツ銀行AG、アリアンツSE、グラクソ・スミスクラインPLCなど、侵害されたクラウドプロバイダーと関係を持つ何百もの企業を特定しました。

[…]

「彼らはクラウドサービスプロバイダーを通じて、企業はデータが安全に保存されたと考えました。いったん入ると、彼らは自由に匿名でクライアントからクライアントにホップすることができ、何年も彼らを追い出そうとする捜査官の試みに逆らうことができました。

6月のロイターの調査で明らかになったように、この多くは広い意味で知られていた。より詳細なWSJ調査では、データが第三者によって保存された場合にどれだけ脆弱であるか、および国家主催のハッカーが積極的に追跡し続けていることがわかります。

Contact Information:

Thomas Ricker



Tags:    Japanese, News, United States, Wire