USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Feb 13, 2020 11:00 PM ET

ロビン・コーエンは、その中で法律360によってプロファイリング


iCrowd Newswire - Feb 13, 2020

test

ニューヨーク、 — 7年ぶり5回目、マッコール・スミス校長のロビン・コーエンは、Law360によって「保険MVP」として認められました。この出版物のMVPシリーズは、過去1年間にハイステーク訴訟、複雑なグローバル問題、および/または記録的な取引で大きな勝利を確保した尊敬される弁護士グループを称えます。

ロビンは、トップ企業の「誰」リストの保険資産で50億ドル以上を確保している熟練した裁判弁護士です。彼女はニューヨークテキサスカリフォルニアのオフィスで35人の裁判弁護士のエリートグループを率い、国内最大の保険回収事件の多くを訴訟と試みという印象的な記録を築いています。

Law360の特集プロフィールでは、ロビンは若い弁護士、特に女性が自分自身と彼らの実践を区別する方法を見つけることがいかに重要であるかを強調しています。「何があなたをダニにするのかを理解してください。そして、どのようにパックから自分自身を区別することができます」と、彼女が説明します。ロビンは、彼女の練習は、早期の和解と事件解決に影響を与えるのに役立つ法廷の腕前によって最も顕著であると指摘しています。「私たちは、ケースを試してみることを含め、距離を行くのが大好きです。フォーチュン50の企業を代表し、実際に訴訟を起こすとき、数億人ではないにしても数千万件の訴訟のほとんどが非常に迅速に解決されます。

今年初め、ロビンはAP通信(AP)のリードカウンセラーを務め、第2サーキットが基礎となる訴訟が却下段階を超えて継続できると判断した後、同社の保険会社がカバレッジを拒否し、APを相当な責任にさらす可能性があると判断した。訴訟を提起した直後、ロビンは、基礎となる行動の解決を支持して、すべての保険会社から「多額の支払い」を確保しました。

  • ロビンはまた、部分的な要約判決のためのファイザーの動議を与え、余分なキャリアアーチと米国の専門は、彼らの特定の特定の除外を呼び出すことができないと保持した重要なデラウェア州上級裁判所の決定を確保するファイザーのリード弁護士を務めましたファイザーが株主紛争を解決するためのコストの補償を拒否する方針。この決定により、ファイザーは、多地区訴訟を弁護し、解決するために、コストの回収を引き続き追求することができます。

この成果は、ロビンがARキャピタルのリードカウンセラーとしてデラウェア州上級裁判所の前に取得した2018年12月の決定に続きました。ここで、裁判所は、保険会社が基礎となる証券問題を保護し、解決するために発生した費用をカバーするために7000万ドルを超える支払いをしなければならないと命じました。

ロビンは、すべての主要な法的ディレクトリや業界の出版物によって、常に主要な保険訴訟者として認識されています。彼女はベンチマーク訴訟によって「トップ100裁判弁護士」と「今年の保険弁護士」の一人に選ばれました。彼女はチェンバーズUSAによる企業保険契約紛争で、全国およびニューヨークの両方でバンド1(最高評価)にランクされています。ロビンはまた、企業の保険契約者のための成功の彼女の実績に基づいて、ナショナルロージャーナルによって「原告トレイルブレイザー」として認識されています。

オースティンダラスヒューストンロサンゼルスマーシャル、ニューヨークワシントンD.C.のオフィスにまたがる165人の裁判弁護士を持つマッコール・スミスは、アメリカを代表するトライアル企業の1つとして名声を確立しています。2006年以来、同社は11の9桁の陪審評決と13の8人の陪審評決を確保しました。同社はまた、過去10年間でより多くのVerdictSearchナショナルロージャーナル「トップ100評決」を獲得しました。このような法廷での成功は、マッコール・スミスの批判的な評価を得て、会社がウォールストリートジャーナルが「過去10年間で最大の法律事務所の成功事例の一つ」と表現するものになるのを助けました。McKool Smith は、複雑な商業訴訟、保険適用範囲、知的財産、破産、ホワイト カラーの防衛問題に関するクライアントを代表しています。

Contact Information:

CONTACT: Keith Hill, 903-923-9005, khill@mckoolsmith.com

SOURCE McKool Smith



Tags:    Japanese, Latin America, North America, Research Newswire, South America, United States, Wire