USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Feb 14, 2020 12:04 AM ET

これらのエンジニアは、Googleの墓地から「ブックボット」を救出しようとしています


iCrowd Newswire - Feb 14, 2020

BookbotはGoogleポートフォリオの他の自律走行車ほど派手ではありませんでしたが、Googleの近所の図書館の常連客とその司書に人気がありました。小さなキューブのような車輪付き配達ロボットが、わずか4ヶ月後の6月にパイロットが終わるのを見た理由は誰も知らないようです。そこで、元Googleエンジニアのトリオは、Googleの墓地からBookbotを復活させるためにカートケンと呼ばれる新しい会社を立ち上げたようだ、とTechCrunchは報じている。

Googleのエリア120の一部である同社の「20%」プロジェクトの社内インキュベーターであるBookbotは、自宅でユーザーの図書館の本を手に取り、マウンテンビュー図書館図書館長のトレイシー・グレイに、小さなロボットが人気があると語った

「それは間違いなく図書館の顧客のための利点であり、すべての周りの素晴らしいプロジェクトでした」と、彼女が言いました。マーキュリーニュースは昨年3月、子供たちが特にBookbotを気に入ったと報じました:「子供たちはロボットを見て悲鳴を上げ、すぐにそれが止まるかどうかを確認するためにその道に飛び込んだ(それはそうです)。」

9ヶ月のパイロットの計画にもかかわらず、ブックボットは早く暗くなりました。そのウェブサイトは現在、404ページにリダイレクトされます。TechCrunchは、GoogleがGoogle ExpressオンラインショッピングサービスをGoogleショッピングに統合し、ドローン配送会社プロジェクトウィングをスピンアウトした頃、Bookbotプロジェクトは廃止されたと指摘しています。Googleは、他の企業にこのような仕事をさせるコンテンツであるようです。グーグルのスピンアウトWaymoでさえ、独自の自律走行車を作っていません。

ブックボットは運命づけられていないかもしれません。ブックボットとエリア120に取り組んだ2人の元Googleエンジニア、ジェイク・ステルマンとクリスチャン・バーシュは10月にカートケンを組み込み、ピッチはおなじみに聞こえます:カートケンのウェブサイトは、その使命は「自動化による低コストの配達」を提供することです。TechCrunchは、以前のバージョンのウェブサイトは「低コストのラストマイル配送」を参照していたという。

カートケンがエリア120の技術を使用しているのか、Googleが新しい会社に関与しているのかは明らかではありませんが、カートケンのウェブサイト上の写真はBookbotの黒い(多分ステルス?)バージョンのように見えます。

ステルスブックボット?

CartkenがBookbot 2.0に取り組んでいる場合、Googleのエンジニアのグループがラストマイルの配達に集中するために自分で冒険したのは初めてではないでしょう。ヌロは2018年にドライバーレスの配達を提供しました。そして、Bookbotは配達スペースでいくつかの非常によく似た競争を持つだろう:アマゾンは昨年ワシントン州でスカウトラストマイル配達ロボットの試験を実施し、8月にサンフランシスコに拠点を置くスターシップ・テクノロジーズは、その計画を発表しました。大学のキャンパスに何千もの6輪配達ロボットを配備する。

Contact Information:

Kim Lyons



Tags:    Japanese, United States, Wire