USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Feb 14, 2020 12:14 AM ET

フェイスブックは、オンラインで親トランプのプロパガンダを広めるイランのトロールをキャッチ


iCrowd Newswire - Feb 14, 2020

イラスト/アレックス・カストロ/ザ・バージ

フェイスブックは水曜日のブログ記事で、ロシア、ミャンマー、ベトナム、イランとの別々のキャンペーンを含む、外国からの干渉に従事する数十のInstagramとFacebookアカウントを削除したと発表した。

イランのキャンペーンは、明らかに米国でトランプ支持の福音派に勝つことに焦点を当てていました。フェイスブックのブログ記事によると、偽アカウントが共有した投稿は、米国の選挙、キリスト教、米国移民政策、米イラン関係に関する「ニュース」項目であり、トランプ大統領の画像が含まれていた。

一部のアカウントは公人と連絡を取ろうとし、グループで投稿され、他のFacebookコンテンツにコメントしたとFacebookは述べた。この作戦は、2019年1月に削除された数百のアカウントのイランに拠点を置くグローバルネットワークに接続されていました。「私たちはこの虐待を根絶するために進歩していますが、前に述べたように、それは継続的な課題です」と、Facebookのセキュリティポリシーの責任者ナサニエル・グライヒャーはブログ記事に書いています。

コンテンツの例Facebookは、イランの偽のアカウントに由来すると言います

Facebookはまた、ロシアが2016年に使用したトリックをあきらめていないことを示し、ロシアに拠点を置く数十のFacebookアカウントとInstagramアカウントを外交政策に違反させたことを示した。しかし、最新の例では、ロシアに拠点を置くアカウントはウクライナとクリミアに焦点を当て、ロシア語、ウクライナ語、英語でコンテンツを投稿しました

Facebookはまた、ミャンマーとベトナムに拠点を置く約12ページとグループを、ミャンマーの通信事業者に関する混乱と誤った情報をまくように設計された「協調的な不正行動」に対する方針に違反したとして非アクティブ化したと述べている。Facebookは先月、ソフトウェアエラーによりユーザーが同国の少数民族の言語で投稿するのを誤って妨げ、ミャンマーで論争を巻き起こした。

Facebookによると、調査の結果、非アクティブ化されたアカウントとロシアの軍事情報機関との間のつながりが見つかったという。しかし、同社はイランに拠点を置くアカウントとイラン政府との間につながりを見つけ出さなかったが、これらの努力はスパイ活動ではなく利益によって動機づけられる可能性を示唆している。

フェイスブックの発表は、ワシントン・ポスト紙が指摘するように、大西洋評議会からの報告書が、オンラインで混乱をまこうとするイランの試みの深さを詳述したのと同じ日に行われた。報告書によると、イランは2010年までさかのぼってフェイスブックやツイッターで「ソックパペット」を運営しており、2,200のFacebookアカウントと8,000のTwitterアカウントを通じてイランのプロパガンダを推し進め、合計約800万件のメッセージを配信しているという。

しかし、「情報環境を汚染することを目的とした虚偽の話」を広めようとするロシアの情報漏えい活動とは異なり、イランは「歪んだ真実」を押し進める。それはイランの道徳的権威を誇張しながら、イランの市民の抑圧とより広い中東における自国の帝国の冒険の急激な人的コストを最小限に抑える」と報告書の著者は発見した。

イランは「2020年以降に直接的な選挙干渉を試みる可能性がある」と報告書は述べている。

Contact Information:

Kim Lyons



Tags:    Japanese, United States, Wire