USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Mar 26, 2020 11:26 PM ET

ひび割れた車の革の座席を修正する方法?


iCrowd Newswire - Mar 26, 2020

レザーは目を引き、耐久性のある素材の一つです。したがって、それは、その価格にもかかわらず、車の座席のような多くの場合に使用されます。その外観を維持し、耐久性を作るために車の革の座席に余分な注意を払う必要があります。革のシートは、以下の理由により割れる場合があります。

の修復には、その見栄えを維持するためにできる様々な方法があります。以下は、カーレザーシートを固定する際に取るべき方法の一部です。 革の座席をきれいにしなさい あなたは革の座席がそれの亀裂を修正するためにきれいであることを確認する必要があります。ドライクリーニングを行っている場合は、座席の破片を取り除きます。石鹸水も、糸くずのない洗浄布と一緒に使用することができます。重く汚れた革の場合は、レザークリーナー付きの粗いスカッフパッドを使用してください。これにより、汚れを取り除き、色を維持できます。クリーニングは、座席で利用可能な最も小さな亀裂のいくつかに気づき、あなたがそれらを残さないようにそれらを固定するときに熱心にするのに役立ちます。 革シートのひび割れを固定する際は、車のシートの割れ方に応じて異なる方法を使用します。彼らは軽微な亀裂や主要なものであってもよいです。 レザーカーシートのマイナークラックを修正する手順 固定されている革のシートの色に似たエナメル塗料を使用してください。これにより、作業領域と座席の残りの部分で均一性を作成できます。エナメル塗料をタオルにスプレーします。(綿から作られたタオルは、その吸収性のためにより良く動作します)。タオルで直径約5cmのパッチを作り、革にこすり落とします。この時点で、塗料が革に直接接触しないように、タオルをよく折りたたむ必要があります。 タオルの塗装部分に、ラッカーシンナー大さじ1を注ぎます。この薬剤は、塗料の色を持って来て、メーカーの色とうまくブレンドします。2つをこすって混ぜるときは、20〜23cm前後の長いストロークを使用して混合を強化してください。円形の動きは革の座席に永久的な跡を残す。 亀裂がまだ見える場合は、より多くのエナメル塗料とラッカーシンナーを適用します。混合物がまだ濡れている場合は、均一性を高めるために塗料の第二層を適用します。約8〜10時間の間に設定してください。 塗料がよく乾くときは、革製のコンディショナーを直接スプレーします。コンディショナーは部品を完全に密封し、すぐに割れないように保護します。清潔な布を使用してコンディショナーをこすり、吸収を強化します。 カーレザーシートの大きな亀裂を修正する手順 固定されずにオーバーステイした拡張亀裂は引き裂かれる傾向があり、革の一部が脱落する可能性があります。この場合は、ハサミとパッドを使用する必要があります。パッドを正方形または長方形に切り取ります。パッドカットが修正される部分よりわずかに大きいことを確認します。革のフィラーを裂け目に塗布し、約1時間硬化させます。 バッキングパッドが見えない方法でそれを塗りつぶします。亀裂がよく見えるので、右側に、革のフィラーを適用します。設定する時間をもう 1 時間待ち、 あなたのヒートガンから約2〜3cmの距離にあなたのフィラーを設定します。あなたのヒートガンをプラグインし、非常に高温でそれを設定します。ヒートガンをレザーシートの上に約7分間動かして、乾燥を確実にします。 染める場合は、完全に乾燥していることを確認してください。細かい紙を使い、乾燥した部分にこすります。これにより、適用した余分な充填材が削除され、均等になります。(上記のプロセスを使用して)別のフィラーを適用します。色を高めるために革染料でシートをスプレーします。●ヒートガンを使用して塗料をセット・乾燥します。 結論 レザーシートを使用する場合は、それらを維持し、維持するために余分な注意が必要です。正しい手順で定期的に洗浄する必要があり、汚れが発生した場合は直ちに取り除きます。車の革の座席が割れないようにするには、車を砂の多い場所に駐車してください。 これは、革が直射日光に接触すると、ひび割れが始まり、外観が変わるからです。座席に適した種類の革を購入してください。これは、間違って加工された革を購入している場合、正しい方法で提供される前に割れてしまいます。革のシートのひび割れを固定する際は、適切なプロセスに従ってください。

Contact Information:

seats.com



Tags:    Japanese, Latin America, North America, Research Newswire, South America, United States, Wire