USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Mar 26, 2020 11:24 PM ET

ハビタットCEOからホワイトハウスへ:国家は低所得者の家族と彼らに奉仕する組織を支援しなければならない


ハビタットCEOからホワイトハウスへ:国家は低所得者の家族と彼らに奉仕する組織を支援しなければならない

iCrowd Newswire - Mar 26, 2020

アトランタ・,– ハビタット・フォー・ヒューマニティ・インターナショナルのジョナサン・レックフォード最高経営責任者(CEO)は、本日、トランプ大統領、マイク・ペンス副大統領、ジェローム・アダムズ外科医との電話で国内最大の非営利団体の他のリーダーに加わり、低所得者の家族と彼らにサービスを提供する組織のニーズを優先するよう促し続けています。

「COVID-19パンデミックは公衆衛生上の緊急事態です。それが長く続けば進むほど、それはまた、住宅緊急事態になります」と、レックフォードが言いました。「どんな危機でも、最も害を受けているのは常に最も少ない人たちです。月末に近づくにつれて、収入を失った何百万もの家族がすぐに家賃を払ったり、食べ物をテーブルの上に置いたりするという不可能な決断に直面するでしょう。

「我が国の指導者たちは、労働者や企業の支援を通じて経済を守るために、特別な行動をとっている。ワシントンにはもっとやるべき仕事がある。

「ホワイトハウスと議会は、低所得者層への支援を優先するとともに、ハビタットのような非営利団体の支援を受け、復興に重要な役割を果たす必要がある。議会がこれらの組織を支持することで、私たちのコミュニティがこのパンデミックから立ち直るのを助ける準備が整いました。

ハビタット・フォー・ヒューマニティ・インターナショナルは、非営利団体や組織が奉仕する人々を支援する措置を支援するために、他の主要な非営利団体と共にロビー議会に協力してきました。最新の立法協定には、ハビタットが求める優先事項が含まれています。

ハビタット・フォー・ヒューマニティは、次のような追加措置を引き続き迫ります。

ハビタット・フォー・ヒューマニティについて

誰もが住むためにまともな場所を必要とするというビジョンに駆られて、ハビタット・フォー・ヒューマニティは1976年にジョージア州南部のコミュニティファームで草の根の取り組みとして始まりました。その後、キリスト教の住宅組織は、米国と70カ国以上の全50州の地域社会で働く主要なグローバル非営利団体に成長しました。ハビタット・フォー・ヒューマニティと手を組んで、自宅と呼ぶ場所を建設または改善するために手を差し伸べている家族や個人。生息地の住宅所有者は、ボランティアと一緒に自分の家を建て、手頃な価格の住宅ローンを支払うのを助けます。経済的支援、ボランティア、または手頃な価格の住宅を支援する声を加えることを通じて、誰もが家族が自分のためにより良い生活を築くために必要な強さ、安定性、自立を達成するのを助けることができます。避難所を通して、私たちは力を与えます。

Contact Information:

Habitat for Humanity International





Tags:    Japanese, Latin America, North America, Research Newswire, South America, United States, Wire