USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Mar 26, 2020 10:46 PM ET

リポシン、クララスに対する特許侵害訴訟でマークマン審理の結果を発表


iCrowd Newswire - Mar 26, 2020

ソルトレイクシティ、 — 代謝および内分泌障害に焦点を当てた臨床段階のバイオ医薬品会社であるリポシン社(NASDAQ:LPCN)は本日、米国デラウェア州地方裁判所のウィリアム・C・ブライソン判事が、クリポシネのクララス・セラピューティクスに対する特許侵害訴訟(一般的に「マークマン・ヒアリング」と呼ばれる)の請求建設命令を出したと発表した。 マークマン・ヒアリングの目的は、特許侵害訴訟で争われている特許請求の言葉の正確な意味を判断することです。 この時点で、特許の侵害または有効性の最終的な決定は決定されていません。

米国デラウェア州地方裁判所が発行したマークマン審理命令は、リポシネのウェブサイトに掲載されています: https://ir.lipocine.com/presentations.

リポシンは、クララスのJATENZO®製品がリポシンの米国特許を侵害していると主張するデラウェア州連邦地方裁判所のClarusに対する保留中の訴訟を持っています: 9,034,858;9,205,057;9,480,690;9,757,390。

リポシンについて
リポシン株式会社は、独自のドラッグデリバリー技術を使用して代謝および内分泌障害に焦点を当てた臨床段階のバイオ医薬品会社です。リポシンの臨床開発パイプラインには、TLANDO、LPCN 1144、Tlando XR、LPCN 1148およびLPCN 1107が含まれる。TLANDO, テストステロンウンデカノエートを含むテストステロンの新しい経口プロドラッグ, 腺不全男性の正常なテストステロンのレベルを復元するために設計されています。.リポシンは、そのNDAをTlandoのためのFDAに再提出し、PDUFAの日付は2020年8月28日です。LPCN 1144, 生体同一テストステロンの経口製品, 最近、前肝硬変の治療に潜在的な有用性を実証する概念実証臨床研究を完了しました. TLANDO XR, テストステロンの新しい経口プロドラッグ, 発祥と一日一回の投与の可能性を持つ次世代経口テストステロン製品としてリポシンによって開発されています。.第2相では、1日1回または1日2回として投与した場合の臨床評価において、TLANDO XRは典型的な一次および二次的な終点を満たした。LPCN 1148 は、NASH 肝硬変の治療を対象とした生体同一テストステロンの経口プロドラッグです。.LPCN 1107は、潜在的に最初の経口ヒドロキシプロゲステロンカプロエート製品候補であり、第2相会合の終了が完了し、再発早産の予防のために示され、FDAによって孤児薬指定が認められている。詳細については、www.lipocine.comをご覧ください。

将来の見通しに関する記述
本リリースには、1995年の民間証券訴訟改革法のセーフハーバー規定に基づいて作成された「将来の見通しに関する記述」が含まれ、リポシネの製品候補に関する歴史的事実ではない記述が含まれています。関連する臨床試験、臨床試験の完了時期、当社の製品候補の潜在的な用途と利点、当社の製品開発努力、およびPDUFAを含むTLANDOに関連するFDAによる将来の議論と将来の潜在的な行動日付。投資家は、このような将来の見通しに関するすべての記述には、FDAが当社の製品を承認しないリスク、当社製品に関連するリスク、期待される製品利益を含むリスクと不確実性が含まれると警告されています。実現、臨床的および規制上の期待および計画が実現されていない、新しい規制の開発と要件、規制当局の承認の受領を含むFDA承認プロセスに関連するリスク、臨床試験の結果とタイミング、リポシンの製品の患者受け入れ、リポシンの製品の製造と商業化、現在の訴訟に関連するリスク、およびリポシネのSECへの提出に詳述されているその他のリスク(そのフォーム10-Kおよびその他を含む)フォーム8-Kおよび10-Qに関するレポートは、すべてwww.sec.govのSECウェブサイトで入手することができます。リポシンは、法律で義務付されている場合を除き、本リリースに含まれる将来の見通しに関する記述を公に更新または改訂する義務を負いません。

Contact Information:

Lipocine Inc.



Tags:    Japanese, Latin America, North America, Press Release, South America, United States, Wire