USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
May 20, 2020 4:20 PM ET

DAPP、パンデミックによる夏のインターンシップを失う法科大学院生基金を立ち上げ


iCrowd Newswire - May 20, 2020

避難民学生給付金基金は、色の女性をサポートするために$100,000を求めています

シカゴ (2020年5月20日) – 多様な弁護士パイプラインプログラム(DAPP)は、COVID-19パンデミックの結果として2020年の法律事務所や企業インターンシップを失ったカラーローの学生の女性を支援するための基金とフェローシッププログラムを開始しています。 「組織として、私たちの使命は、法律の職業における色の過小評価された女性のキャリアを進めることに焦点を当ててきました」と、DAPPの共同創設者ティファニー・ハーパーは言いました。「私たちの目標は、集中的なトレーニングと専門的な開発を受けた高度な資格を持つ多様な法律の学生をパイプラインに注入することにより、ビッグローの多様性の欠如に対処することです。 DAPP避難民学生給付金基金は、2020年夏に有意義な訓練とスキル開発を提供するボランティアの法的活動を行うために、避難民の法律学生のための財政支援と集中的な専門的開発を提供します。奨学金に加えて、受賞者は、弁護士のメンターと学生をマッチングし、専門的な開発セッションとコーチングを提供し、学生が履歴書を準備し、将来の学内募集面接のためのサンプルを書くのを支援するDAPPフェローシップを受け取ります。また、法的支援を必要とする非営利団体の研究と執筆の課題も完了します。 「私たちは常に集中的な専門的開発、アカデミックコーチング、弁護士、法科大学院生のメンタリング、特に法律事務所や法律事務所の企業法務部門の夏のポジションをプログラミングをターゲットにしてきました」と共同創設者のチェイスティ・ボイスは説明します。「私たちは、これが法科大学院生のキャリアの中で、職業の中で最も権威ある地位にアクセスするための重要な瞬間であることを知っています。法科大学院1年を経て法律事務所で働く学生は、夏のアソシエイトポジションを取得し、法科大学院に続いて雇用の安全なオファーを得る可能性が高くなります。 前回の不況の最盛期に法科大学院を卒業したアフリカ系アメリカ人女性のハーパーとボイスは、パンデミックの経済的影響が、すでに法的分野の権威ある地位にアクセスする最も障壁を持っている人々に不釣り合いに影響を与えないことを保証するという深い個人的なコミットメントを持っています。 「法律事務所や企業が夏のインターンシッププログラムを削減せざるを得ないため、全国の大手法律事務所で採用、保持、昇進する色の女性の数を取り巻く陰気な統計に対処するために、パイプラインを法的職業に豊かな優秀な色の女性を注入する私たちの仕事を支援するために、この基金に貢献することを検討したいと思います」とハーパーは述べています。 「今はダイバーシティとインクルージョンの取り組みをあきらめる時ではない。多様なグローバル市場で直面する課題に対する次世代の弁護士の準備に取り組みを再び集中する時です」とボイスは付け加えました。 DAPPは、カラー弁護士の女性のパイプラインを支援するためにマークされた独自の資金から20,000ドルのシードマネーで避難民学生給付金基金を設立しました。DAPPは、個人、法律事務所、企業、弁護士会、その他の非営利団体や慈善団体に対し、カラー法学生の女性を支援するためのDAPPの貢献に一致し、それを上回る寄付を行うことで、基金への寄付に参加するよう求めています。DAPPは、ファンドのために少なくとも10万ドルを調達することを目指しています。スポンサーになる方法については、www.dapprogram.orgを参照してください。

###

多様な弁護士パイプラインプログラムは、大手法律事務所や法律の職業の他の職種間でカラー弁護士の女性の継続的かつ体系的な減少に対処する非営利団体です。その学者プログラムと国家就職プログラムを通じて, DAPP Direct, DAPPは、ロースクールの学生の女性がロースクールで成功し、法科大学院の最初の年に続いて法律事務所や企業で有料の夏の位置を確保するための機会を拡大するために取り組んでいます.DAPP Scholarsプログラムはイリノイ州シカゴで開催され、配置支援、学術支援、コーチング、カウンセリング、書籍の給付金、家庭教師、セミナー、ワークショップ、カスタマイズされた専門的な開発、メンターシップなどを奨学生に提供しています。

Contact Information:

Debra Pickett, Page 2 Communications: deb@page2comm.com



Tags:    Japanese, United States, Wire