USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
May 22, 2020 7:32 AM ET

FCCは、キャリアのコロナウイルスの誓約に関する何百もの苦情を受け取りました


iCrowd Newswire - May 22, 2020

写真:ウィン・マクナメ/ ゲッティ・イメージズ

連邦通信委員会は、新しいコロナウイルスパンデミックに関連する2,000以上の苦情を受け取った、とFCC会長アジット・パイは火曜日に下院エネルギー・商業委員会への声明で述べた。

パイは委員会に、FCCはここ数週間でCOVID-19に関連する約2,200件の苦情を受け取ったと語った。提出された2,200件の苦情のうち、1,400件がキャリアから回答を受け取っている、とPai氏は述べた。これらの苦情の約500件は、パンデミックに対する機関の主要な対応であるFCCのキープ・アメリカズ・コネクテッド・プレッジについて具体的に提出された。「他のCOVID-19の苦情には、請求やネットワークの問題、またはブロードバンドアクセスに関する質問が一般的に含まれます」とPai氏は述べています。

この誓約にコミットすることで、AT&T、ベライゾン、コムキャストなどの航空会社は、パンデミックのために手形を支払うことができない住宅や中小企業のサービスを終了しないことを約束しました。彼らはまた、危機のために顧客が発生する可能性のある遅延料金を放棄し、「それらを必要とするアメリカ人」にWi-Fiホットスポットを開けることに合意しました。公約は3月に最初に発表され、60日間続いた。同局によると、FCCは4月下旬、航空会社に誓約の延長を求め、750以上の航空会社が6月30日までこれらの約束を守ることに合意した。

「誓約に関して受け取った苦情のほとんどは、消費者がつながり続けることを保証するために解決されたことを理解しています」と、Paiが言いました。

FCCは、機関に対して行われた苦情をそれぞれのキャリアに転送します。キャリアが苦情を受け取ると、申し立て消費者に対応するのに30日かかります。

火曜日の公聴会の間、パイはまた、FCCが議会のブロードバンドデータ法を実施する提案されたルール作りの通知をすぐに展開する予定であると言いました。この法律は、FCCがカバレッジマップの作成に使用されるブロードバンドデータの収集、検証、および報告方法を変更することを義務付けています。これには、「すべてのブロードバンド サービスの場所に対するジオコード情報のデータセット」の作成が含まれます。

Contact Information:

Makena Kelly



Tags:    Japanese, United States, Wire