USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
May 23, 2020 3:56 AM ET

アバター:最後のエアベンダーはNetflixに戻ってきましたが、最初のエピソードから始めないでください


iCrowd Newswire - May 23, 2020

アバター:最後のエアベンダーは7年ぶりにNetflixに戻ってきて、あなたがショーをキャッチしたことがない場合、今は完璧な時間です。アバターは、周りの最高のアニメーションシリーズの一つではありません。フォーマットに関係なく、それはフルストップ優れたテレビです。しかし、これはエピソード1からは明らかではないかもしれません。初演が進むにつれて、それは魅力的ですが、子供たちを引っ掛けることに向けられています。懐疑論は大丈夫です!ただ、その最高のエピソードの一つに飛び込まなければ、それを渡さないでください, “ズコアローン” (シーズン2,エピソード7).驚くほど豊かな特徴付けとガットパンチの結末を持つ素晴らしい武道西洋 -あなたが知る必要があるすべてを説明するスタンドアロンの物語です – すべて20分で。

アバターには、水、地球、火、空気の4つの国があり、それぞれが異なる要素の習得に基づいています。火の国は他の人に宣戦布告し、シリーズはこの戦争に巻き込まれた子供たちについてです。ほとんどのエピソードは、Aang、タイタリーアバター、すべての4つの要素を習得し、バランスを回復するために預言する能力を持つ世界で唯一の人に焦点を当てています。唯一の問題:彼は子供であり、まだすべての要素のコマンドではありません。スタンドアロンと連続エピソードのミックスを通じて、アバターは、彼らが火の国によって追求され、権力の大人によって汚されながら、要素を習得するために彼の旅に彼を助けとして、Aangと彼の若い友人に従います。

「ズコ・アローン」は、屈辱的な失敗の後に火の国から追放されたショーの主要なアンタゴニストの一人である若いズコ王子に焦点を当て、自分でさまよいました。エピソードは、番組の非常にシリアル化されたプロットから削除されます。良い西洋のように、ズコは名前のない男の原型的な役割を引き受けます。彼は紛争に遭遇したときに休息と食事のために小さなフロンティアの町に到着します:曲がった地球王国の兵士は、彼らが保護するはずの村人を恐怖に陥れています。かつて侵略国家の誇り高いメンバーとして、ズコは他人を気遣うことに慣れていない悪役でした。しかし、亡命中、彼の優先順位はゆっくりと変化しており、彼は介入することを決定します。(これが聞き覚えがある場合は、最も愛され、定期的にオマージュされた西洋人の一人であるシェーンのプロットだからです。

「ズコ・アローン」では、元王子はついに火の国の外の人々に彼が今まで何を表しているかを見る機会を得ます。彼の内部の対立は、彼のアイデンティティを隠すという彼の決定と、彼が誰であるかを知っていれば、彼の新しい友人がそれほど親切に反応しないかもしれないという暗黙の考えによって外部化されています。

アバター:最後のエアベンダーがファンに愛されている理由の1つは、観客に話すことを拒否する方法です。フィリップ・プルマンのYA三部作「彼のダークマテリアルズ」のように、それはめったに物事を「良い」または「悪」に単純化しないショーであり、主人公を時には利己的で間違いさせ、可能な限り敵対者に深みを与えます。アバターの世界では、キャラクターは思いやりと紛争の間に挟まれ、戦争は彼らに、高い、または利己的に振る舞う定期的な機会を提供します。その主人公がすべて子供であるということは、このすべてを強調するだけです。頻繁にグーフィーヒジンクと弱さの瞬間は、すべて成長の正常な部分であり、どんなに私たちがそれをしたいと思っても、成長は真空の中では起こりません。それは紛争、戦争、そして痛みがある世界で起こります。アバターの子供たちは子供になりたいが、彼らはまた、両親の世界を継承し、それが何であるかを見始めている – しかし、彼らはまだそれが何であるかを見るのをやめるのに十分なぎくしゃくしていない。

これは「ズコ・アローン」をアバターの良い紹介にしているものです:それは、彼の決定のコスト、世界での彼の場所の負担、他の人が彼をどのように認識するかに対する彼のコントロールの限界、そして彼がまだ彼が望む人になる可能性など、何かの方法で傷ついたこれらの子供たちの小さなキャラクター研究です。

それは子供のショーのためのかなり良いものです。

Contact Information:

Joshua Rivera



Tags:    Japanese, United States, Wire