• USA
  • Spain
  • Brazil
  • Russia
  • France
  • Germany
  • China
  • South Korea
 

著作権ポリシー

March 18, 2015

著作権侵害の申し立ての報告

iCrowdNewswire, LLC, フロリダ州の有限責任会社(「当社」、「当社」または「当社」)は、著作権侵害の申し立てを真剣に受け止めています。 したがって、適用される法律に準拠する著作権侵害の申し立てに対する通知に対応します。 弊社のウェブサイトからアクセスできる資料があれば、 www.icrowdnewswire.com (以下「ウェブサイト」) お客様の著作権を侵害する場合は、下記のEメールアドレスに書面で通知することにより、ウェブサイトからの資料の削除(またはアクセス)を要求することができます。 デジタルミレニアム著作権法(17 USC§512)(「 DMCA」)の米国オンライン著作権侵害責任制限法に従って、書面による通知(「DMCA通知」)には実質的に以下が含まれている必要があります:

  • あなたの物理的または電子的な署名。
  • 侵害されていると思われる著作物の特定、またはウェブサイト上の複数の作品が含まれている場合は、そのような作品の代表的なリスト。
  • お客様が侵害していると思われる素材を、正確に正確に特定することで、その素材を見つけることができます。
  • 私たちがあなたに連絡できる適切な情報(あなたの名前、郵便番号、電話番号、および可能であれば電子メールアドレスを含む)。
  • 著作権のある素材の使用が著作権者、その代理人または法律によって許可されていないと信じている声明。
  • 書面による通知の情報が正確であるという声明。
  • あなたが著作権者の代わりに行動する権限を与えられている偽証罪の罰則に基づく声明。

DMCA通知を受け取るために指定されたEメールアドレスは、[info@icrowdnewswire.com]です。

DMCAのセクション512(c)(3)のすべての要件を遵守しなかった場合、DMCA通知は有効ではない場合があります。

ウェブサイト上のそのような情報や活動がお客様の著作権を侵害していることを故意に、かつ重大に誤って告知した場合は、DMCAのセクション512(f)に基づく損害賠償責任(費用および弁護士費用を含む)が発生する可能性があります。

カウンター通知手続き

ウェブサイトに掲載された資料が削除された、または誤って誤認されたと判断された場合は、書面を提出することにより、Googleに異議申し立て通知を提出することができます(カウンター通知</ strong> 私たちの電子メールアドレスへの通知(上記で特定)。 異議申し立て通知には、DMCAに従い、実質的に次のものを含める必要があります。

  • 身体的または電子的な署名。
  • 削除された、またはアクセスが無効にされたマテリアルと、削除またはアクセスが無効になる前にマテリアルが現れた場所の識別。
  • あなたに連絡できる適切な情報(あなたの氏名、郵便番号、電話番号、および可能であれば電子メールアドレスを含む)
  • 削除または無効にする資料の間違いまたは誤った識別の結果、上記の資料が削除または無効になったことを誠意を持って信じていることを、偽証罪の罰則の対象とする陳述。
  • あなたの住所が所在する司法地区の連邦地方裁判所の管轄に同意する旨の陳述(または、あなたがウェブサイトが見つかる可能性のある司法区の米国外に居住している場合)問題の苦情 問題の苦情をウェブサイトを提供した人(またはその人の代理人)からの奉仕を受け入れることになります。

完了したカウンター通知は上記のEメールアドレスに送信する必要があります。

DMCAは、元のDMCA通知を提出した当事者が、異議申し立て通知のコピーを受領してから10営業日以内に訴訟を提起しない場合、削除されたコンテンツを復元することができます。
誤ってまたは間違ってウェブサイト上の情報または活動が削除または無効にされたことを意図的かつ重大に虚偽表示した場合は、DMCAのセクション512(f)に基づく損害(費用および弁護士費用を含む) 。

リピートインリンガ

適切な状況では、侵害者を繰り返しているユーザーのアカウントを無効にしたり、終了したりすることが当社のポリシーです。