USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 

Copyright Policy

著作権ポリシー

March 18, 2015

著作権侵害の申し立ての報告

iCrowdNewswire, LLC, フロリダ州の有限責任会社(「当社」、「当社」または「当社」)は、著作権侵害の申し立てを真剣に受け止めています。 したがって、適用される法律に準拠する著作権侵害の申し立てに対する通知に対応します。 弊社のウェブサイトからアクセスできる資料があれば、 www.icrowdnewswire.com (以下「ウェブサイト」) お客様の著作権を侵害する場合は、下記のEメールアドレスに書面で通知することにより、ウェブサイトからの資料の削除(またはアクセス)を要求することができます。 デジタルミレニアム著作権法(17 USC§512)(「 DMCA」)の米国オンライン著作権侵害責任制限法に従って、書面による通知(「DMCA通知」)には実質的に以下が含まれている必要があります:

DMCA通知を受け取るために指定されたEメールアドレスは、[info@icrowdnewswire.com]です。

DMCAのセクション512(c)(3)のすべての要件を遵守しなかった場合、DMCA通知は有効ではない場合があります。

ウェブサイト上のそのような情報や活動がお客様の著作権を侵害していることを故意に、かつ重大に誤って告知した場合は、DMCAのセクション512(f)に基づく損害賠償責任(費用および弁護士費用を含む)が発生する可能性があります。

カウンター通知手続き

ウェブサイトに掲載された資料が削除された、または誤って誤認されたと判断された場合は、書面を提出することにより、Googleに異議申し立て通知を提出することができます(カウンター通知</ strong> 私たちの電子メールアドレスへの通知(上記で特定)。 異議申し立て通知には、DMCAに従い、実質的に次のものを含める必要があります。

完了したカウンター通知は上記のEメールアドレスに送信する必要があります。

DMCAは、元のDMCA通知を提出した当事者が、異議申し立て通知のコピーを受領してから10営業日以内に訴訟を提起しない場合、削除されたコンテンツを復元することができます。
誤ってまたは間違ってウェブサイト上の情報または活動が削除または無効にされたことを意図的かつ重大に虚偽表示した場合は、DMCAのセクション512(f)に基づく損害(費用および弁護士費用を含む) 。

リピートインリンガ

適切な状況では、侵害者を繰り返しているユーザーのアカウントを無効にしたり、終了したりすることが当社のポリシーです。