USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
iCrowd Japanese Dec 16, 2019 3:04 AM ET

中小企業向けeコマースソフトウェア市場 2019年世界分析、シェア、トレンド、主要プレーヤー、機会・予測(2025年まで)


中小企業向けeコマースソフトウェア市場 2019年世界分析、シェア、トレンド、主要プレーヤー、機会・予測(2025年まで)

iCrowd Newswire - Dec 16, 2019

eコマースの風景は、過去10年間で指数関数的に進化してきました。2018年の業界は2.86兆ドルで、2017年から15.3%増加しました。予測によると、2019年末までにeコマース市場は25.038兆ドルに成長する見込みです。このような急激な成長は、中小企業がデジタル環境に入り込むことで促進されています。2018年の初めに、中小企業の64%未満がウェブサイトを持っていると主張しました。しかし、eコマースや中小企業向けeコマースソフトウェアのメリットに対する意識が着実に高まるにつれ、中小企業の94%が2019年末までにオンラインに移行する見込みです。

eコマースソフトウェアは、中小企業にとってオンラインビジネスを非常に手間のかかいません。非常に小さな営業予算を持つ新興企業や企業は、ビジネスの機能を積極的に監視することが困難な多くのリソース制約を抱えています。eコマースソフトウェアを使用すると、中小企業は顧客に不安を与えることなく、在庫、スタッフ、時間、お金を管理することが非常に簡単になります。SaaSとクラウドベースのeコマースソフトウェアホスティングの導入により、中小企業は安全性の向上、俊敏性の向上、リソースの柔軟性の向上、パフォーマンスの向上、経費の削減、市場投入までの時間の短縮という付加的なメリットを得ています。これらの要因により、eコマースソフトウェアの導入率が向上しています。

無料サンプルレポートをリクエストし、ここをクリック@https://www.wiseguyreports.com/sample-request/4500263-global-small-business-ecommerce-software-market-size-status-and-forecast-2019-2025

中小企業向けeコマースソフトウェア市場も、AIの存在により大きく成長すると予想されています。AI統合型eコマース市場の規模は、2019年から2025年の間にCAGRが42.8%、売上高が193億7,000万ドルになると予測されています。AIを中小企業向けeコマースソフトウェアに統合することで、企業は顧客のオンラインショッピング体験をパーソナライズすることができます。また、顧客の購入に関する意思決定をリアルタイムで追跡でき、中小企業はより顧客中心の製品やサービスを作成できます。顧客の感情や感情の分析は、途方もないペースで成長しているもう一つの領域です。

この研究で取り上げた主なプレーヤー
エクウィッド
3dcart
スマートルック
Magento
デスクトップシッパー
ターゲットベイ
メトリロ
トランク
マゲネイティブ
ヤフースモールビジネス
奪還
拡張
ギグローブ

セグメンテーション

中小企業向けeコマースソフトウェア市場は、製品とアプリケーションの2つの基準に基づいてセグメント化されています。

中小企業向けeコマースソフトウェア市場の製品の範囲は、指数関数的な速度で成長しています。現在利用可能なeコマースソフトウェアには2種類あります。1 つ目は、開発者が会社でオンサイトで管理するオンプレミス ソフトウェアです。2 つ目は、クラウド上でリモートで管理されるクラウドベースのソフトウェアです。このレポートのために、我々は、各製品の採用率、課題と可能性を検討しました。

アプリケーションの面では、中小企業のeコマースソフトウェアは、3つの当事者によって広く使用されています。小売業者、ケータリング&ホスピタリティ企業、その他の中小企業はすべて、日常業務にこれらのソフトウェアを使用しています。

地域概要

この報告書の調査結果は、世界各地で行われている中小企業向けeコマースソフトウェア市場に関する徹底的な調査の結果である。これらの地域には、北米(米国およびカナダ)、ヨーロッパ、東南アジア、南中米、日本、中国、インドが含まれます。

すべての地域の中で、北米は最高のeコマースソフトウェアの採用率を見ています。eコマースは米国の23%のYOYで成長しており、ソフトウェアの採用は飛躍的に成長することが期待されています。全く対照的に、2018年末までにオンラインで販売された欧州SMEの16%に過ぎず、ソフトウェアの採用率は低くなっています。ただし、数値の急増が予想されます。

アジアで最大の進歩が起こっている。インドと中国がインターネット接続の強化と普及率の向上につれ、より多くの小規模企業がオンラインで移行しています。

最新の業界動向

調査によると、インターネットユーザー数は2022年には60億人、2030年には75億人に増加する。これは、eコマースベースの中小企業の数の増加につながります。

中小企業向けeコマースソフトウェア市場は、2025年までに5,139.84百万米ドルに増加すると推定され、2016年中の6億9,932万米ドルから増加すると推定されています。市場のCAGRはペギングされています2018年から2026年の43.95%。

目次

1 レポートの概要

2 世界の成長動向

主要プレーヤー別の3市場シェア

4 タイプとアプリケーション別の内訳データ

5 北米

6 ヨーロッパ

7 中国

8 日本

9 東南アジア

10 インド

11 中南米

12 国際選手プロフィール

13 市場予測 2019-2025

14 アナリストの視点/結論

15 付録

……続けた

アクセス完了レポート @ https://www.wiseguyreports.com/reports/4500263-global-small-business-ecommerce-software-market-size-status-and-forecast-2019-2025

お 問い合わせ:

ノラ・トレント

パートナーリレーションズ&マーケティングマネージャー

sales@wiseguyreports.com

電話: 1 (339) 368 6938 (米国)

電話: 44 208 133 9349 (イギリス)

Contact Information:

Contact Us:

Norah Trent

Partner Relations & Marketing Manager

sales@wiseguyreports.com

Ph: +1 (339) 368 6938 (US)

Ph: +44 208 133 9349 (UK)








Tags:    Japanese, News, Research Newswire