USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Mar 17, 2020 6:20 AM ET

レインスター・キャピタル・グループは、2020年に生産ファイナンス融資プラットフォームの成長をめざしています!


iCrowd Newswire - Mar 17, 2020

レインスター・キャピタル・グループは、2020年に生産ファイナンス融資プラットフォームの成長をめざしています!

ミシガン州グランドラピッズに本拠を置く国家債務アドバイザリー会社のレインスター・キャピタル・グループは本日、生産資金調達製品ラインを通じて、低市場および中市場分野の顧客に成長資本を提供することに重点を置いていると発表した。

最高経営責任者(CEO)のカート・ネダーフェルトが率いるレインスター・キャピタル・グループは、「生産ファイナンスは、自社の株式を売却したくない成長資本を求めるクライアントにとって信じられないほどのソリューションです。クライアントが既存のリボルビング・ラインの流動性を活用したり、現在の資産ベースの融資ソリューションを超えて資本を必要とする場合、生産ファイナンスは実行可能な解決策になります。

生産ファイナンスは、既存の従来の債務商品を妨げないとして、銀行家や顧客が愛する債務でも株式でもない資金調達ソリューションです。クライアントが成長機会を持ち、戦略を裏付けるヘッジファンドを注文し、クライアントが必要な在庫、完成品または原材料の最大100%を購入する在庫を満たすために在庫が不足しているとき、それはどのように動作するかです。成長の機会。ヘッジファンドは在庫をマークアップし、クライアントに再販し、クライアントに販売します。ヘッジファンドは貸借対照表の買掛金となり、返済条件を150日まで伸ばして、新しい成長機会からの収益が始まります。このプログラムは、ほとんどの業種と在庫タイプで機能します。

「私たちは、ミドルマーケットとC / Iバンカーパートナーからこの製品ラインの多くの紹介を受けています」と、レインスター・キャピタル・グループのNederveldは、「銀行家は、クライアントの預金関係を通じて流れる新しい収益で潜在的に何百万もの顧客をロックするのを助けることができるときのように、既存の顧客との預託関係を成長させるので利益を得ています!

生産ファイナンスプログラムの資格は、主にB2Bクライアントが利用できますが、B2C企業でも使用できます。プログラムに最も適したクライアントは、年間収益で最低300万ドルを行っており、取引サイズ要求で$250kの最小生産ファイナンス要求サイズを持っています。彼らは成長曲線を経験しており、既存の債務ソリューションを超えて追加の資本を必要としていますが、株式を売却したくありません。

「2019年はこのプログラムにとって素晴らしい年でした」とNederveld氏は指摘し、「2020年にこの革新的なソリューションでお客様を支援し続けることを楽しみにしています!

レインスター・キャピタル・グループは、250の登録貸し手の融資プラットフォームを通じて、タームローン、設備ファイナンス、無担保信用ライン、商業用不動産シニア債務施設、運転資本ソリューションを提供する一方で、困窮した人材に投資しています。債務ポートフォリオ、商業および住宅用不動産。同社は、複数の都市や州で代表を持つ全国的なプラットフォームを運営しています。

レインスター・キャピタル・グループは、商業用不動産、コーポレートファイナンス、設備、運転資本ソリューションを求める顧客に成長資本を提供していると指摘した。同社は、商業銀行家や資本市場の専門家の採用に焦点を当てて、マネージング・ディレクターの社内チームを引き続き成長させ続けていると指摘した。興味のある金融の専門家は、ここに適用することができます: rainstarcapitalgroup.com/careers

レインスターキャピタルグループの詳細については、rainstarcapitalgroup.comまたは電子メールMedia@rainstarcapitalgroup.comをご覧ください。

Contact Information:

Kurt Nederveld



Tags:    Japanese, United States, Wire