USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Apr 30, 2020 3:50 AM ET

タンパのドリッシュをスキップし、ボーティングの安全性について学ぶ時間として社会的な離散性を使用して議論します


iCrowd Newswire - Apr 30, 2020

人々が所定の場所に避難するように言われるように、タンパのドリッシュをスキップすることはボートの安全性について学ぶために時間を使用することをお勧めします

タンパ、フロリダ州/タンパベイ全体で、ボート業界はパンデミックのためにヒットしました。多くの人々は、地元の規制に「所定の場所に避難する」よう気をつけています。その結果、彼らはボートに時間を費やしたり、チャーターを取ったり、水の近くに行ったりしていません。タンパのドリッシュをスキップは、ボートの安全性についての詳細を学ぶために時間を使用することをお勧めします。

タンパのスキップドリッシュは20年以上安全な船のオペレータであり、マリーナやボートサービスの配列のための訓練を提供してきました。彼は、第一レスポンダー指導だけでなく、海上海賊行為防止などのコースを教えてきました 屋内にロックされている人は、ボートの安全のヒントについてオンラインで読むことに取り組むことができます。また、様々なトレーニングコースを受講できます。タンパのスキップドリッシュが推奨するそれらの多くは、安全コースが講われたことを保険会社に示すために使用できる証明書を提供しています。これは、ボート/ウォータークラフト保険を持っている人が彼らの保険料にお金を節約するのに役立ちます. ボートを船長にしたり、水上で時間を過ごしたりする人は、ボートの安全コースを受講する必要があります。タンパのスキップドリッシュは、コースが水に関する特定の規制について教えることができると説明し、誰かが医師の診察を必要とする場合に命を救う方法を特定します。それは水上で起こる事故を減らし、潜在的に命を救うことができます。 フロリダ州は免許を必要としませんが、1988年1月1日以降に生まれた人は、少なくとも10馬力のモーターボートを運航する場合は、ボート安全教育身分証明書を提示する必要があります。しかし、1988年以前に生まれた人は誰でも祖父に入っており、ライセンスやボートの安全性は必要ありません。スキップドリッシュは、ボートオペレーターがオープンウォーターに入ったら何をすべきか分からないので、これは水上の様々な問題につながる可能性があると説明しています。 タンパのスキップドリッシュは、年齢に関係なく、州が必要なものを見直すことをお勧めします。より多くのトレーニングと認定は役に立ちます。特にタンパと州の残りの部分で発生する嵐やハリケーンでは、人々がより適切に準備し、助けを求める方法を知るのに役立ちます。 タンパのスキップドリッシュは、個人や企業のためのトレーニングと認定プログラムを提供し続けています。また、水上での活動に携わる従業員に対して、より高いレベルのトレーニングを追加したい組織と相談することもできます

Contact Information:

Caroline Hunter
Web Presence, LLC
1 7865519491

SOURCE: Web Presence, LLC



Tags:    Japanese, Latin America, North America, Research Newswire, South America, United States, Wire