USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Apr 30, 2020 7:13 PM ET

契約ライフサイクル管理市場有望な成長機会と予測 2017-2025


契約ライフサイクル管理市場有望な成長機会と予測 2017-2025

iCrowd Newswire - Apr 30, 2020

世界の契約ライフサイクル管理市場:スナップショット

確立された地域の大規模なプールと契約ライフサイクル管理ソリューションの国際的なメーカーの存在により、契約ライフサイクル管理のグローバル市場は、断片化した構造を示しています。また、世界市場での地位を強化するために、大手企業が合併、買収、アライアンスにますます関与しているので、市場は高い競争力を示しています。これらのプレーヤーの既存の製品ポートフォリオへの継続的な追加は、近い将来に彼らを大幅に助けることも期待されています。

詳細については、ご注文パンフレット @ https://www.tmrresearch.com/sample/sample?flag=B&rep_id=3618

契約ライフサイクル管理の分野への投資の増加は、契約ライフサイクル管理のグローバル市場を大きく牽引しています。クラウド技術の出現は、この市場の成長を大幅に押し上げているもう一つの重要な要因です。今後、契約ライフサイクル管理における分析の出現は、近い将来、世界の契約管理市場の成長を支える予定です。組織は、履歴データ ポイントを理解して解釈し、契約情報にすぐにアクセスし、サプライチェーン内の将来のパフォーマンスを見積もることができるため、今後数年間で組み込み分析を使用した契約ライフサイクル管理をますます好むと予想されます。また、組み込みの分析では、コストの削減、エンタープライズ契約プロセスの合理化、今後の販売サイクルの短縮により、企業がリスクを管理し、パフォーマンスを最適化できます。

世界の契約ライフサイクル管理市場:概要

定期的に契約を結んでいる代理店や組織では、契約ライフサイクル管理 (CLM) の概念は、おそらく使い慣れたものです。特に、CLM は、そのパフォーマンス、コンプライアンス、その他の成功要因、およびドキュメントのライフサイクルのあらゆる段階 (実行から更新または有効期限まで) を通じて、契約のあらゆる側面を追跡および管理するために使用されます。管理プロセス自体は、契約が提案されたときに開始され、約束された良品またはサービスの提供を通じて契約更新に継続されます。

CLMは、組織が契約リスクを最小限に抑え、規制に準拠し、パフォーマンスに関する契約を監査し、組織を最初から最後まで維持するのに役立ちます。効果的な契約ライフサイクル管理は、あらゆる組織のコストと時間の節約につながります。

このレポートは、契約ライフサイクル管理市場のセグメント(ダイナミクス、規模、成長、規制要件、技術動向、競争環境、サプライヤーの新たな機会など)の包括的な分析を提供します。また、契約ライフサイクル管理の市場に影響を与える技術、市場、要因についても検討します。市場予測は、履歴活動と現在の機会、技術的進歩と課題に基づいています。

ファクトとテーブルのTOCをリクエスト @ https://www.tmrresearch.com/sample/sample?flag=T&rep_id=3618

世界の契約ライフサイクル管理市場:主なトレンド

最近では、契約管理に関してはさまざまなソフトウェアオプションがあります。もちろん、代理店や組織に対する「万能」のCLMソリューションなどは存在しません。顧客、ビジネス関係者、法務当局は、組織が契約管理に対して勤勉かつ責任を負うことを期待しています。そして、政府機関のような組織は、契約に関してはこれまで以上に高い水準に保たれている。CLMのミスが少なくても、あらゆる企業や組織の評判が損なわれます。

契約は過小実行または時代遅れになる可能性があり、契約のパフォーマンスを時間の経過とともに分析することが重要です。特定の基準に基づいて契約に関するカスタマイズされたレポートを実行することは、CLM プロセスの重要な部分です。たとえば、コミッションレート、ビジネステリトリー、または更新期間に基づいて契約レポートを生成できることは、契約の実行方法に関する貴重な洞察を組織と結ぶうえで役立ちます。

世界の契約ライフサイクル管理市場:市場の可能性

世界最大の独立支出管理会社であるジャガエルは本日、CLMソリューションは、カプテラ、ビジネスソフトウェア購入者のための主要なオンラインリソースによって2018のトップの人気の一つに選ばれました。

Capterraの20最も人気のある契約管理ソフトウェアリストは、顧客基盤、アクティブユーザー数、ソーシャルプレゼンスを評価し、最も広く採用されているソリューションを提供する契約管理スペース内の市場リーダーのリストを生成する独立した評価です。

JAGGAERの契約ライフサイクル管理ソリューションは、一元化されたクラウドリポジトリを中心に構築されており、関連する契約および義務の承認と管理に関与する組織のすべての関係者を維持します。完全な義務ライフサイクル管理、ネイティブMS Word Officeアプリケーションとの契約を作成する機能、スマートテンプレートの構成可能なライブラリ、SalesForce.com統合との統合、リアルタイム契約管理ダッシュボードにより、JAGGAERの契約ライフサイクル管理は、世界中の何百もの企業や組織によって使用されています。

世界の契約ライフサイクル管理市場:地域の見通し

地理的なセグメンテーションに基づいて、世界の契約ライフサイクル管理市場は北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東とアフリカにセグメント化されています。

市場の今後の側面に関するカスタマイズレポートの取得 @ https://www.tmrresearch.com/sample/sample?flag=CR&rep_id=3618

世界の契約ライフサイクル管理市場:競合分析

世界の契約ライフサイクル管理市場で事業を展開する主要ベンダーは、CobbleStone Systems、CallidusCloud、Ultria、IBM、SpringCM、SAP、ConvergePoint、コンコードなどです。

1-415-520-1050

Contact Information:

+1-415-520-1050



Keywords:    Contract Lifecycle Management Market
Tags:    Extended Distribution, Japanese, News, Research Newswire