USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
May 1, 2020 1:52 AM ET

アリゾナ州立大学のW.P.キャリー・スクール・オブ・ビジネスが主催する2020年経済見通しウェビナー


iCrowd Newswire - May 1, 2020

こうした不確実な時代に、年次経済見通しは出席する重要なイベントです。バレーで最も長く実行され、最も需要の高い予測イベントの1つである年次経済見通しは、5月5日(火曜日)の正午から午後1時30分までフェニックス経済クラブ(ECP)によって発表され、初めてオンラインで独占的に提供されます。

アリゾナ州立大学のW.P.キャリー・スクール・オブ・ビジネスのトップ専門家は、国家経済、州経済、地域経済の専門知識、商業および住宅用不動産の動向について定期的に報道でインタビューを受けており、最近の出来事の影響を調べ、角を曲がったところにあるものを説明し、COVID-19、株式市場のボラティリティ、そして今後の選挙が私たちの経済の未来をどのように形作るかについて話し合います。

注目のスピーカー
W.P.キャリー・ディーン・エイミー・ヒルマンは経済見通しを穏やかにし、エコノミストはインタラクティブなQ&Aセッション中に聴衆の質問に答えます。

経済学教授でザイドマン研究所所長のデニス・ホフマンは、米国がCOVID-19を扱う中で、最近の全国的な動向を調査し、今後の動向に影響を与える要因を共有します。

経済学の研究教授でJPモルガン・チェース経済見通しセンターのディレクターであるリー・マクフェターズは、バレーがコロナウイルスがもたらす無数の課題を扱う中で、アリゾナ州フェニックスの地下鉄エリアに向けて1年先を初めて見て、2020年の業績に関する最新情報を提供します。

マーク・スタップ、不動産開発のフレッド・E・テイラー教授、不動産開発マスタープログラムのエグゼクティブディレクターは、差し押さえ、立ち退き、ロックアウトなどの業界の通常のアプローチがパンデミック中にどのように機能しそうにおらず、より多くの損害を引き起こす可能性があるかについて議論します。

いつ:
この毎年恒例のフェニックスの伝統は、2020年5月5日(火)正午から午後1時30分まで、新しいインタラクティブウェビナー形式で提供されます。

登録:
このイベントはECP会員が無料で開催され、今年の秋に始まる2020-21シーズンの間に会員数が1回延長されます。非会員登録はたったの50ドルです。wpcarey.asu.edu/economic-clubでオンラインでサインアップしてください。

メディアノート:
ウェビナーに先立ち、ホフマン、マクフェターズ、スタップは電話インタビューに利用できます。記者は、ASUのW.P.キャリー・スクール・オブ・ビジネスの編集長であるshay.moser@asu.eduにインタビューの手配を依頼し、イベントの前にRSVPに問い合わせられます。

W.P.キャリー・スクール・オブ・ビジネスについて
アリゾナ州立大学のビジネスのW.P.キャリースクールは、米国でトップランクのビジネススクール一つです.学校は、その研究の生産性とノーベル賞受賞者を含む著名な教員のために国際的に評価されています。学生は100カ国以上から来ており、W.P.キャリーは160カ国以上の卒業生によって代表されています。wpcarey.asu.eduをご覧ください。

詳細については、連絡先:
キム・スタインメッツ、W・P・キャリー・スクール・オブ・ビジネス
kim.steinmetz@asu.edu
480-965-5464

シェイ・モーザー、W.P.キャリー・スクール・オブ・ビジネス
shay.moser@asu.edu
480-965-3963

Contact Information:

Kim Steinmetz, W. P. Carey School of Business
kim.steinmetz@asu.edu 
480-965-5464



Tags:    Japanese, United States, Wire Real Estate